INON

 
UWL-95 C24 M52
 
UWL-95 C24 M67 Type1/Type2


(オプション)
 
 
ドームレンズユニットIII A
(オプション)
 
ドームレンズユニットIII G 

UWL-95 C24の主な特徴 

 

光学設計を刷新することで、大型1型センサーを搭載したカメラのワイド端24mmから四隅のケラレなく撮影可能になりました。
あらゆる環境下で高画質な水中ワイド撮影を楽しむことができます。 

UWL-95 C24 M52
UWL-95 C24 M67

水中、陸上問わず使える水陸両用仕様
水中画角最大約95°の広角撮影が可能です。
陸上では最大約159°まで広がり、手軽にフィッシュアイ効果を得られます。
狭い場所や開けた景色をハウジングにカメラを入れたまま簡単に撮影できます。
また、専用オプションの「ドームレンズユニットⅢ」を取り付けることで水中画角を最大で約141°まで広げることができます。
 
■最短撮影距離0cm
このレンズを取り付けるだけで、対応したカメラの最短撮影距離が0cmに短縮されます。
被写体に迫る近接撮影も、遠景の水中景色もピントが外れることはありません。
撮影する被写体との距離をこのレンズは制限しません。
※カメラズーム設定が広角端時。
 
■光学設計の刷新で水中撮影をより高画質に
レンズ構成を見直すことで、逆光下などのレンズにとって悪条件の下でもフレア、ゴーストの発生を効果的に抑制します。
対応カメラのマスターレンズに最適化することで、コントラストのハッキリとしたクリアな描写を実現します。
 
■光学減反射コーティング処理(ARコート)
レンズ一枚一枚に効果的なコーティング処理を施すことで、フレア、ゴーストなど発生しやすいシーンなど、あらゆる環境下でクリアな安定した画質を提供します。
 
■ズーム全域で使用可能
レンズをハウジングに取り付けた状態でカメラの光学ズーム全域で撮影可能です。
使用可能確認済カメラ・ハウジングはこちら
 
■汎用性の高い3タイプのマウント
汎用性の高いM67 Type1、M67 Type2、M52の3種類をラインナップ。
新たにM52マウントが追加され、いままでハウジングに取り付ける際、ステップアップリングが必要だったハウジングにも直接レンズを取り付けることができるようになりました。
 
■水中画角を約141°にする広角化ドームレンズ対応
別売りの「ドームレンズユニットⅢA」「ドームレンズユニットⅢG」を取り付けることで、水中画角約95°「UWL-95 C24」のレンズの画角を約141°まで拡大させることができます。

page top

ワイドコンバージョンレンズ UWL-95 C24 M52

 ¥43,000 (税込み¥47,300)
 JANコード:4562121439696

UWL-95 C24 M52

■対応カメラシステム(2020年4月現在)
・オリンパス社「PT-059」、「PT-058」、「PT-056」

 
PT-059への取り付けイメージ
   
PT-059への取り付けイメージ
※オリンパス社「PT-059」への取り付けイメージ
 

■ワイドコンバージョンレンズ UWL-95 C24 M67 Type1

 ¥45,000 (税込み¥49,500)
 JANコード:4562121439672

UWL-95 C24 M67
Type1
Type1
※ソニー社「MPK-URX100A」への取り付けイメージ

 
 
 
■対応カメラシステム(2020年4月現在)
・ソニー社「MPK-URX100A」
対応確認機種:(RX100M3、RX100M4、RX100M5、RX100M5A)

■ワイドコンバージョンレンズ UWL-95 C24 M67 Type2

 ¥45,000 (税込み¥49,500)
 JANコード:4562121439689

UWL-95 C24 M67
Type2
Type2
 

■対応カメラシステム(2020年4月現在)
ポート先端から防水ガラスまでの深さが「6mm以下」の
カメラハウジングに対応

page top
 
 
 
 

ドームレンズユニットⅢの主な特徴

ドームレンズユニットIII装着図

1型センサーなどの大型センサーを搭載したカメラで、水中画角約141°を実現。
前モデルの「ドームレンズユニットⅡ」よりコンパクトになりました。
 
■特徴の異なるアクリルとガラスの2種類をラインナップ 
◇高透過光学アクリル素材を使用した「ドームレンズユニットⅢA」◇
透過率が高く、ガラスよりも軽量なアクリル素材を使用。
ガラスにも引けを取らないレベルでの撮影が可能です。
また、屋外使用では避けることのできない紫外線での変色や、経年使用による擦り傷への耐性もポリカーボネート素材よりも優れており安心してダイビングでの撮影を楽しめます。
コストパフォーマンスに優れているので、水中ワイド撮影を始めてみたい方にもおすすめのレンズです。
 
◇多層コート光学ガラスを使用した「ドームレンズユニットⅢG」◇
光学マルチコーティングを施すことで、日の差し込む透明度の高い海で発生しやすいフレア、ゴーストを効果的に抑制し、コントラストを保った高画質な描写を提供します。
あらゆる環境下で安定して使用することができる耐候性に優れたガラス素材はさまざまなシーンで潜るダイバーにおすすめのレンズです。
 
■光学マルチコーティングによる逆光耐性を飛躍的に向上
アクリル、ガラスともに光学マルチコーティングを施し、日の光が差し込む透明度の高い海やバックライトを使用した撮影などでフレア、ゴーストを効率的に抑制し、安定したコントラストではっきりとしたクリアな画質を提供します。

ドームレンズユニットIII

■水中画角最大約141°の超広角撮影(共通)
「UWL-95 C24」のレンズに「ドームレンズユニットⅢ」を取り付けることで、水中画角が約95°から約141°までさらに拡大できます。
大型1型センサーを採用したコンデジであっても四隅がケラレることなく、アクションカメラのようなダイナミックな広角撮影を簡単に行うことができます。
 
■広角端24mmから四隅のケラレなく撮影可能(共通)

ソニー社「DSC-RX100M5A」ワイド端24mm設定時
ケラレ例1
左:ドームレンズユニットⅡ
ケラレ例2
右:ドームレンズユニットⅢ

大型1型センサーのコンパクトデジタルカメラに最適化し、広角端24mmF1.8から四隅のケラレを発生させることなく撮影可能になりました。
一般的な1/2.3型センサーを搭載した防水カメラにも対応しており、こちらも広角端25mmからケラレなく使用できます。
いままで、少しズームをしたり、カメラ本体のズーム設定を変更しなれば四隅のケラレが写りこんでしまいましたが、このレンズにはそのような心配はありません。
 
■最短撮影距離0cm(共通)
「UWL-95 C24」と同様、このドームレンズをつけた状態でも最短撮影距離は0cm。
被写体に限界まで迫る撮影も広がった解放感のあるワイド撮影もこのレンズ一つで可能です。
※カメラズーム設定が広角端時。
 
■ズーム全域で使用可能
レンズをハウジングに取り付けた状態でカメラの光学ズーム全域で撮影可能です。
使用可能確認済カメラ・ハウジングはこちら

■修理にてアクリル、ガラスの選択が可能(共通)
「ドームレンズユニットⅢ」は2種類の素材のレンズから選択可能です。
筐体部は共通化されており、同じものを使用しています。
これにより、アクリルからガラスへ、ガラスからアクリルへ修理の際にレンズ素材の変更が可能です。
用途や費用に合わせてお選びいただけます。
 
 
※UWL-95 C24シリーズ専用の水中用ドームレンズです。
 単体での使用はできません。
 
 
 

ドームレンズユニットIII取り付け図
ドームレンズユニットIII取り付け図
setup_image
左:ソニー社 「MPK-URX100A」
「ドームレンズユニットⅢ」装着図
setup_image
右:オリンパス社「PT-059」
「ドームレンズユニットⅢ」装着図
page top

ドームレンズユニットIII A

 ¥14,000 (税込み¥15,400)
 JANコード:4562121439719

ドームレンズユニットIII
ドームレンズユニットIII刻印
※レンズ本体に製品名の記載があります。 

ドームレンズユニットIII G

 ¥27,000 (税込み¥29,700)
 JANコード:4562121439726

ドームレンズユニットIII
ドームレンズユニット刻印
※レンズ本体に製品名の記載があります。 
簡単確実システム
システムテーブル
page top