[リストへもどる]
新着記事(50件)

新着記事50件を表示しました。

投稿時間:18/12/07(Fri) 10:09
タイトル:冬季休業について

誠に勝手ではございますが、冬季休暇として以下の期間を休業とさせていただきます。


・2018年12月29日(土)〜2019年1月6日(日)


お電話でのサポート等につきましては、2019年1月7日(月)以降のご対応となりますこと、ご了承ください。



以上、どうぞ宜しくお願いいたします。


2018年12月7日

有限会社イノン







投稿時間:18/12/06(Thu) 17:51
タイトル:『SBアダプター』生産終了のお知らせ

ニコンSB-103、SB-105ストロボ用の『SBアダプター』について生産終了とさせていただきますこと、お知らせいたします。


生産終了品

・『SBアダプター』
 --\3,200-[税抜] / \3,456-[税込]
 --JANコード:456212143 106 5


「SBアダプター」【生産終了】



以降は販売店様の在庫分のみの販売となりますこと、ご了承をお願い申し上げます。

今後とも弊社製品ご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。


2018年12月6日

有限会社イノン







投稿時間:18/10/31(Wed) 17:16
タイトル:『ストロボドームフィルター ND』の発売について

「Z-330」/「D-200」ストロボに装着し、ストロボの発光量を-4EV.減少させる「ストロボドームフィルター ND」を『2018年11月4日(日)』に発売いたします。



・「ストロボドームフィルター ND」(※)
 --2018年11月4日(日)発売
 --¥1,500-[税抜] / ¥1,620-[税込]
 --JANコード:456212143 862 0


画像左:「ストロボドームフィルター ND」製品単体
画像中央:「ストロボドームフィルター ND」を「D-200」ストロボに装着した状態
画像右:「ストロボドームフィルター ND」を「Z-330」ストロボに装着した状態

(*)
「ストロボドームフィルター ND」は「Z-330」/「D-200」ストロボにのみ取り付け可能です。
他ストロボには取り付けることはできません。




製品の主な特徴

近接撮影でも白飛びしない

「ストロボドームフィルター ND」を装着することで、ストロボの発光量を-4.0EV.減少させます。
近接撮影時、カメラの絞り値を開放にした際、高ISO感度設定時などで、ストロボの発光量過多が原因となる、撮影画像の露出オーバーとなってしまう、「白飛び現象」を大幅に軽減します。


キヤノン EOS 5D Mark II + EF100mm F2.8L マクロ IS USM(F2.8、1/250、ISO200)
Z-330ストロボ×2灯(マニュアル-6発光)、ストロボを被写体から至近距離に配置。UCL-67M67クローズアップレンズ使用
画像左:「ストロボドームフィルターND」なし
画像右:「ストロボドームフィルターND」あり
撮影者:相原岳弘/はまゆうマリンサービス




キヤノン EOS 5D Mark II + EF100mm F2.8L マクロ IS USM(F2.8、1/250、ISO400)
Z-330ストロボ×2灯(マニュアル-6発光)、ストロボを被写体から至近距離に配置。
画像左:「ストロボドームフィルターND」なし
画像右:「ストロボドームフィルターND」あり
撮影者:相原岳弘/はまゆうマリンサービス




キヤノン EOS 5D Mark II + EF100mm F2.8L マクロ IS USM(F2.8、1/250、ISO400)
Z-330ストロボ×2灯(マニュアル-6発光)、ストロボを被写体から至近距離に配置。
画像左:「ストロボドームフィルターND」なし
画像右:「ストロボドームフィルターND」あり
撮影者:相原岳弘/はまゆうマリンサービス




フィルターの有無で変わらないカラーバランス

「ストロボドームフィルターND」は、透過するストロボ光のカラーバランスを徹底管理。
フィルターの有無で、ストロボの色味はほとんど変わりありません。
ストロボの発光量を-4.0EV.と大幅に減少させつつ、被写体の自然な色合いを再現することができます。


オリンパス E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro(F2.8、1/250、ISO200)
Z-330ストロボ×2灯(マニュアルフル発光)、ストロボを被写体から至近距離に配置。
画像左:「ストロボドームフィルターND」なし F22
画像右:「ストロボドームフィルターND」あり F5.6




熱量を外部へ放出する、優れた透過性能

「ストロボドームフィルター ND」の素材には、赤外線の透過率が極めて高い特殊素材を採用しています。
ストロボ発光時に生じる熱を、ストロボ内部に籠らせることなく、-4.0EV.もの発光量減衰を達成。
フィルター未装着時と変わりのない、ストロボの連続発光を可能としました。




実質、26段階マニュアル発光が可能

Z-330/D-200ストロボは、細かい-0.5EV.刻みの13段階のマニュアル発光が可能。
フィルターを装着することで、発光量下限側の調光段数が増え、実質26段階と大幅に設定段数が増加します。





製品関連ページ

●イノン公式ホームページ内関連記事

・「水中S-TTLオートストロボ『Z-330』」
 http://www.inon.co.jp/products/strobe/z330/top.html

・「水中S-TTLオートストロボ『D-200』」
 http://www.inon.co.jp/products/strobe/d200/top.html







以上、どうぞよろしくお願いいたします。


2018年10月31日

有限会社イノン







投稿時間:18/10/19(Fri) 17:59
タイトル:GoPro® 『HERO7 BLACK』への対応について

GoPro®社の新型『HERO7 BLACK』(*1)と、純正ダイブハウジング『Super Suit』(*1)の組み合わせについて、弊社製品との対応が確認できましたのでお知らせいたします。


■新型『HERO7 BLACK』においても、前機種『HERO6 BLACK』/『HERO5 BLACK』に対応する弊社製品を、そのまま使用可能です。

■カメラ本体のレンズに変更はないため、以下の弊社アタッチメントレンズを装着した際の性能(画角や被写界深度)は、『HERO6 BLACK』/『HERO5 BLACK』と同様です。(*2)

・水中セミフィッシュアイコンバージョンレンズ『UFL-G140 SD
・水中ワイドクローズアップレンズ『UCL-G165 SD

■『HERO7 BLACK』の発売にともない、純正ダイブハウジングに装着し、アタッチメントレンズやアームを取り付け可能とする『SDフロントマスク』について、製品名を変更いたします。

 「SDフロントマスク for HERO5/6/7」
 --旧「SDフロントマスク for HERO5/6」と同一製品。
  2018年10月23日(火)出荷分より名称/JANコードのみ変更。
 --\6,800-[税別] / \7,344-[税込]
 --JANコード:456212143 897 2


画像左より
・「SDフロントマスク for HERO5/6/7」
・GoPro®純正ダイブハウジング 装着例
・水中セミフィッシュアイコンバージョンレンズ「UFL-G140 SD」 装着例
・水中ワイドクローズアップレンズ「UCL-G165 SD」 装着例

(*1)
HERO7 BLACKの下位2機種、「HERO7 SILVER」/「HERO7 WHITE」は、純正ダイブハウジングに非対応です。

(*2)
HERO7 BLACKは、より強力な手ブレ補正“HyperSmooth”を搭載していますが、前機種「HERO6 BLACK」の手ブレ補正オン時と画角は同じです。(手ブレ補正によるクロップは同程度)


過去の関連ニュース記事

・GoPro® HERO5対応『SDフロントマスク』を発売します
 http://www.inon.co.jp/cgis/news/wforum.cgi?no=479&reno=no&oya=479&mode=msg_view&page=0

・GoPro®「HERO6 BLACK」への対応について
 http://www.inon.co.jp/cgis/news/wforum.cgi?no=487&reno=no&oya=487&mode=msg_view&page=0

製品関連ページ

・アクションカメラ用水中アクセサリー
 http://www.inon.co.jp/products/gopro/top.html


*『GoPro』『HERO』は、アメリカ合衆国GoPro Inc.の商標または登録商標です。

*性能、価格等、予告なしに変更する場合があります。予めご了承ください。



以上、どうぞ宜しくお願いいたします。


2018年10月19日

有限会社イノン







投稿時間:18/09/25(Tue) 16:47
タイトル:キヤノン「EF-S35mm F2.8 マクロ IS STM」レンズ対応フォーカスギアの発売について

キヤノン社のレンズ交換式カメラ用マクロレンズ『EF-S35mm F2.8 マクロ IS STM』 (*1)を、
INON「X-2」ハウジングで使用するための、フォーカスギアを『2018年9月27日(木)』に発売いたします。

・「フォーカスギアEFS35STM」
 --2018年9月27日発売
 --\11,500-[税別] / \12,420-[税込]
 --JANコード:456212143 894 1

・「パンケーキポート」 (*2)
 --出荷中
 --\20,000-[税別] / \21,600-[税込]
 --JANコード:456212143 595 7

・「Ext.リング18」 ((*3)
 --出荷中
 --\14,000-[税別] / \15,120-[税込]
 --JANコード:456212143 587 2


「フォーカスギアEFS35STM」

「フォーカスギアEFS35STM」は、キヤノン『EF-S35mm F2.8 マクロ IS STM』レンズ(*1)でフォーカス操作をする際に、レンズ側に取り付けます。オートフォーカスのみをご使用の場合は、必要ありません。
ポートは
「パンケーキポート」(*2)に「EXT.リング18」(*3)の組み合わせが対応します。


「EF-S35mm F2.8 マクロ IS STM」レンズシステムチャート

(*1)
「EF-S35mm F2.8 マクロ IS STM」レンズの詳細につきましては、キヤノン株式会社にお問い合わせください。
なお、弊社では日本仕様のカメラ/レンズに基づいて製品の適合性検証を行っています。

(*2)
ポート先端には、M67ネジマウントのクローズアップレンズを直接装着できますが、レンズの最短撮影距離が短いため、実質的に非対応となります。

(*3)
パンケーキポートと、X-2ハウジングとの中間に取り付けるエクステンションリングです。
「EF-S35mm F2.8 マクロ IS STM」レンズ使用時には必須となります。


撮影例


【外部サイトへのリンクとなります】
 --撮影機材:キヤノンEF-S35mm F2.8 マクロ IS STM、キヤノンEOS 80D/X-2 for EOS80D、S-2000ストロボ×2灯
 --撮影者: 峯水亮(https://seacam.jp/


関連情報

・「フォーカスギアEFS35STM」
 http://www.inon.co.jp/products/housing/inonport/magnet.html#fgefs35stm

・「パンケーキポート」
 http://www.inon.co.jp/products/housing/inonport/port.html#pancakeport

・「Ext.リング18」
 http://www.inon.co.jp/products/housing/inonport/ext_ring.html#extring18

・「X-2 for EOS80D」ハウジング
 http://www.inon.co.jp/products/housing/x2eos80d/top.html

・「X-2 for EOS70D」ハウジング
 http://www.inon.co.jp/products/housing/x2_eos70d/top.html


以上、どうぞよろしくお願いいたします。


2018年9月25日

有限会社イノン







投稿時間:18/09/25(Tue) 16:45
タイトル:キヤノン「EF16-35mm F4L IS USM」レンズ対応ズームギアの発売について

キヤノン社のレンズ交換式カメラ用ズームレンズ『EF16-35mm F4L IS USM』 (*1)を、
INON「X-2」ハウジングで使用するための、ズームギアを『2018年9月27日(木)』に発売いたします。

・「ズームギアEF16-35F4L」
 --2018年9月27日発売
 --\11,000-[税別] / \11,880-[税込]
 --JANコード:456212143 895 8

・「ドームポートII・プロテクターIIセット」
 --出荷中
 --\63,000-[税別] / \68,040-[税込]
 --JANコード:456212143 023 5

・「ドームポート115」
 --出荷中
 --\36,000-[税別] / \38,880-[税込]
 --JANコード:456212143 594 0

・「Ext.リングM」 (*2)
 --出荷中
 --\14,000-[税別] / \15,120-[税込]
 --JANコード:456212143 031 0

・「Ext.リング36」 (*2)
 --出荷中
 --\14,000-[税別] / \15,120-[税込]
 --JANコード:456212143 589 6


「ズームギアEF16-35F4L」

「ズームギアEF16-35F4L」は、キヤノン『EF16-35mm F4L IS USM』レンズ(*1)でズーム操作をする際に、レンズ側に取り付けます。
ポートは
「ドームポートII・プロテクターIIセット」に「EXT.リングM」(*2)と「EXT.リング36」(*2)の組み合わせ
または、
「ドームポート115」に「EXT.リングM」(*2)と「EXT.リング36」(*2)の組み合わせ
が対応します。


「EF16-35mm F4L IS USM」レンズシステムチャート

(*1)
「EF16-35mm F4L IS USM」レンズの詳細につきましては、キヤノン株式会社にお問い合わせください。
なお、弊社では日本仕様のカメラ/レンズに基づいて製品の適合性検証を行っています。

(*2)
ドームポートIIまたはドームポート115と、X-2ハウジングとの中間に取り付けるエクステンションリングです。
「EF16-35mm F4L IS USM」レンズ使用時には必須となります。


「ドームポートII」と「ドームポート115」使用時の特徴

キヤノン『EF16-35mm F4L IS USM』レンズには、「ドームポートII・プロテクターIIセット」と「ドームポート115」の2種類のポートが対応します。
それぞれのポートを組み合わせた場合の、大まかな特徴は次のようになります。

●「ドームポートII・プロテクターIIセット」+「EXT.リングM」+「EXT.リング36」使用時
・ズームワイド端時、f8から絞り込むことで描写が良くなる (*3)
・「ドームポート115」よりも最短撮影距離が4cmほど短い
・ドーム径が大きく、半水面撮影に有利

●「ドームポート115」+「EXT.リングM」+「EXT.リング36」使用時
・ズームワイド端時、f11から絞り込むことで描写が良くなる (*3)
・ドームの直径と奥行が小さいため、最短距離での撮影時にポート前の被写体にライティングしやすい
・「ドームポートII・プロテクターIIセット」よりも画角が若干広い
・「ドームポートII・プロテクターIIセット」よりも水中重量が45gほど軽くなる
・「ドームポートII・プロテクターIIセット」よりも安価

(*3)
絞り値はあくまでも目安であり、撮影条件によって異なります。



関連情報

・「ズームギアEF16-35F4L」
 http://www.inon.co.jp/products/housing/inonport/magnet.html#zgef16-35f4l

・「ドームポートII・プロテクターIIセット」
 http://www.inon.co.jp/products/housing/inonport/port.html#domeport2protector2set

・「ドームポート115」
 http://www.inon.co.jp/products/housing/inonport/port.html#domeport115

・「Ext.リングM」
 http://www.inon.co.jp/products/housing/inonport/ext_ring.html#extring_m

・「Ext.リング36」
 http://www.inon.co.jp/products/housing/inonport/ext_ring.html#extring36

・「X-2 for EOS80D」ハウジング
 http://www.inon.co.jp/products/housing/x2eos80d/top.html

・「X-2 for EOS70D」ハウジング
 http://www.inon.co.jp/products/housing/x2_eos70d/top.html

・「X-2 for EOS6D」ハウジング
 http://www.inon.co.jp/products/housing/x2_eos6d/top.html


以上、どうぞよろしくお願いいたします。


2018年9月25日

有限会社イノン







投稿時間:18/09/14(Fri) 14:57
タイトル:水中ストロボ『Z-330』、『D-200』品薄のお詫びとお知らせ

平素は、弊社製品をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

水中ストロボ「Z-330」、および「D-200」は、発売当初より弊社生産数を大幅に超えたご注文を頂いており、市場全体で品薄状態が続いております。
お待ちいただいている皆様にはご迷惑をおかけし、心よりお詫び申し上げます。

お客さまの期待にお応えすべく、一日も早くお届けできるよう最大限の努力をしてまいりますので、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。



・「Z-330」
 --出荷中
 --¥69,800-[税抜] / ¥75,384-[税込]
 --JANコード:456212143 851 4



・「D-200」
 --出荷中
 --¥56,800-[税抜] / ¥61,344-[税込]
 --JANコード:456212143 893 4



製品関連ページ

●イノン公式ホームページ内関連記事

・「水中“S-TTL”オートストロボ『Z-330』」
 http://www.inon.co.jp/products/strobe/z330/top.html

・「水中“S-TTL”オートストロボ『D-200』」
 http://www.inon.co.jp/products/strobe/d200/top.html



以上、どうぞよろしくお願いいたします。



2018年9月14日

有限会社イノン







投稿時間:18/09/05(Wed) 09:50
タイトル:『D-200』ストロボの発売について

水中照射角度110°、ガイドナンバー20。
光学設計されたドームレンズを採用し、拡散板などで光量を減衰させずに水中照射角度110°を実現。軽量・コストパフォーマンスに優れた次世代スタンダードストロボ「D-200」を、『2018年9月8日(土)』に発売いたします。


・「D-200」
 --2018年9月8日(土)発売
 --¥56,800-[税抜] / ¥61,344-[税込]
 --JANコード:456212143 893 4








「D-200」主な特徴

ドームレンズ採用。光量を減衰させずに水中照射角度110°を実現
ガイドナンバー「20」。
前面発光部に緻密に計算されたドームレンズ(※1)を採用。イノン独自の『T型ツインフラッシュ』発光管との相乗効果により、高出力発光量をロスなく水中で広げ、水中照射角度円形110°を実現しました。

一般的に用いられている乳白の拡散板は、照射角度を広げるだけでなく、光量を減衰させてしまうほか、内部に熱をこもらせる欠点がありました。
一方ドームレンズは、空気・アクリル・水の屈折率を利用して光を広げます。高出力発光量のほぼ全てを前方に放射しながら 照射角を110°まで拡大。
前機種「D-2000」ストロボと比べ、明るさと水中照射角度がともに向上しています。

D-200前面ドームレンズ


更に、D-200は大光量ストロボの問題点であった閃光時間の長さをクリア。発光開始からフルパワーまで、ごく短時間で到達します。
カメラの内蔵フラッシュのプリ発光や本発光を感知すると同時に、D-200ストロボも照射開始する方式とあいまって、1/1000の高速シャッタースピード時にも、ストロボ照射がシャッターにケラレることなく、フル発光まで出力できます。

(*1) 水中で照射角度を広げるドームレンズシステムについて、特許申請中です。




カメラレンズへの不要な直射光を遮る「ストロボライトカッター」を標準装備
発光部前面に、ストロボ照射光を一部カットすることができる「ライトカッター」を標準装備。
ストロボ照射光がカメラレンズに直射することで生じるフレア・ゴースト現象や、ポート直近にストロボを配置させたり、被写体の側面からストロボを照射する際などに発生する撮影画像への浮遊物の写りこみを、大幅に軽減します。
「ライトカッター」は、360°自在に回転可能。適度なクリック感で操作性に優れ、撮影中でも簡単・快適に位置調整できます。

「ストロボライトカッター」は着脱可能です



360°自在に回転可能




内部にこもる熱を水中へ逃がす放熱機構を搭載
発光部周辺に、熱伝導率の高い金属の放熱環を装備。発光ごとにストロボ内部にこもる熱を、効率よく水中へ放出させることができます。
耐熱性能の向上により、大光量ストロボの課題であった熱の問題を解消しました。過熱で発光が停止するという不安もなく、撮影に集中できます。




明るさ220ルーメン、シャッター連動自動消灯フォーカスライト内蔵
カメラのオートフォーカス測距時の補助光として、シャッターレリーズと合わせて消灯、自動的に再点灯する、明るさ220ルーメンの「シャッター連動自動消灯フォーカスライト」を内蔵。
ライト発光部前面にフレネルレンズを搭載し、ライトとストロボの光軸とをほぼ合致させました。ストロボの光軸合わせ用、ターゲットライトとしての使い勝手を大幅に向上させています。

画像上:D-200ストロボのフォーカスライト光の軌跡(水中)
画像下:前機種D-2000ストロボのフォーカスライト光の軌跡(水中)




昼夜問わず見やすい高照度蓄光背面操作パネル、操作性を高めた大型スイッチを採用
背面操作パネルに、白色を基調とした高照度蓄光素材を採用。昼夜問わずパネル表示の視認性が向上しました。


画像左:背面操作パネル 昼光時
画像右:背面操作パネル 発光時


また、背面操作スイッチを大型化。厚手のグローブ越しでも瞬時に操作が可能です。


大型化された「メインモードスイッチ」、「EVコントロールスイッチ」




S-TTL自動調光/13段階マニュアル発光機能搭載
信頼と実績のある、イノン独自の高精度自動調光システム「S-TTL」機能を搭載。簡単・確実に適正露出で撮影することができます。
最適化された高性能受光センサー機構により、カメラシステム側からの信号を漏らさず受光。システム側からの発光が微弱な場合や、光ケーブルが劣化しはじめた状態でさえも、ストロボが確実に発光し、発光不良のストレスから解放されます。

また、細かい1/2EV.刻み13段階のマニュアル発光機能を搭載。微妙な光量調節が必要となるプロユースにも最適です。




各種ストロボドームフィルター対応
発光部前面に備わったバヨネット機構により、各種ストロボドームフィルター(*2)を簡単・瞬時に取り付け/取り外しできます。

ストロボのドームレンズの保護、また光質を柔らかくする効果をもつ「ストロボドームフィルター SOFT」が付属するほか、別売オプションとして、発光量を-4EV.減少させる「ストロボドームフィルター ND」、ストロボの色温度をそれぞれ4600K、4900Kに変更する「ストロボドームフィルター [4600K]」、「ストロボストロボドームフィルター [4900K]」など、多数のフィルターが対応します。


・「ストロボドームフィルター SOFT」(*2)
 --付属品

・「ストロボドームフィルター ND」(*2)
 --2018年発売予定
 --¥1,500-[税抜] / ¥1,620-[税込]
 --JANコード:456212143 862 0

・「ストロボドームフィルター [4600K]」(*2)
 --出荷中
 --¥1,200-[税抜] / ¥1,296-[税込]
 --JANコード:456212143 864 4

・「ストロボドームフィルター [4900K]」(*2)
 --出荷中
 --¥1,200-[税抜] / ¥1,296-[税込]
 --JANコード:456212143 863 7



画像左:付属品「ストロボドームフィルター SOFT」
画像右:付属品「ストロボドームフィルター SOFT」装着例



画像左 :「ストロボドームフィルター ND」オプション
画像中央:「ストロボドームフィルター [4600K]」オプション
画像右 :「ストロボドームフィルター [4900K]」オプション


(*2)各種ストロボドームフィルターは「D-200」、「Z-330」ストロボのみ取り付け可能です。
  他ストロボには取り付けることはできません。




水中重量約-4g。大幅な軽量化を実現
ストロボライトカッター、「eneloop」単三形電池4本を含め、水中重量約-4g
前機種「D-2000」ストロボの水中重量約47gと比べて、水中重量が大幅に軽量化。移動時や、撮影時における照射位置変更などが、より快適に行えます。




光ケーブル対応
カメラシステムとの接続は、光ケーブルのみが対応となります。


「L型光Dケーブル」接続時





「D-200」主な仕様

 http://www.inon.co.jp/cgis/news/img/D-200_spec_201809.pdf [PDF:16.5KB]





「D-200」撮影例


画像左:「D-200」ストロボ撮影例
画像右:「D-2000」ストロボ+「外部オート非対応-0.5白拡散板」撮影例

 --撮影機材:    キヤノンEOS 70D/X-2 for EOS70D、トキナーAT-X 107 DX Fisheye
 --撮影パラメータ: マニュアル露出(F19、1/30、ISO400)、ストロボ×2(マニュアルフル発光)
 --撮影者/撮影地: 服部亮@INON/熱海ビタガ根



 --撮影機材:    キヤノンEOS 80D/X-2 for EOS80D、トキナーAT-X 107 DX Fisheye
 --撮影パラメータ: マニュアル露出(F5.0、1/250、ISO400)、D-200ストロボ×2(マニュアルフル発光)
 --撮影者/撮影地: 服部亮@INON/熱海沈船





製品関連ページ

●イノン公式ホームページ内関連記事

・「水中“S-TTL”オートストロボ『D-200』」
 http://www.inon.co.jp/products/strobe/d200/top.html





以上、どうぞよろしくお願いいたします。


2018年9月5日
有限会社イノン







投稿時間:18/08/06(Mon) 13:17
タイトル:夏季休業について

誠に勝手ではございますが、夏季休暇として以下の期間を休業とさせていただきます。


・2018年8月13日(月)〜2018年8月16日(木)


お電話でのサポート等につきましては、2018年8月17日(金)以降のご対応となりますこと、ご了承ください。



以上、どうぞ宜しくお願いいたします。


2018年8月6日

有限会社イノン







投稿時間:18/07/27(Fri) 15:42
タイトル:『メインベースII』生産終了のお知らせ

『メインベースII』について生産終了とさせていただきますこと、お知らせいたします。
以降は販売店様の在庫分のみの販売となりますこと、ご了承をお願い申し上げます。

生産終了品

・『メインベースII』
 --\7,200-[税抜] / \7,776-[税込]
 --JANコード:456212143 111 9

「メインベースII」【生産終了】


本製品の生産終了に伴い、「メインベースII」が含まれる下記セット商品も、合わせて生産終了とさせていただきます。

・『ホルダーIIセット』
 --\14,200-[税抜] / \15,336-[税込]
 --JANコード:456212143 085 3

※握り部分の『ホルダーII』単体製品は、引き続き販売中です。


・『ホルダーIIグリップセット』
 --\23,700-[税抜] / \25,596-[税込]
 --JANコード:456212143 337 3

※右手側の握り部分『ホルダーII』と、左手側『グリップバーIIIセット』単体製品は、それぞれ引き続き販売中です。


製品関連ページ
・「システムベースII」
 http://www.inon.co.jp/products/armsystem/base.html#systembase2



なお、後継商品を今秋に発売予定です。
詳細決まり次第、本ホームページ上で発表させていただきます。

今後とも弊社製品ご愛顧のほど、どうぞ宜しくお願いいたします。


2018年7月27日

有限会社イノン







投稿時間:18/07/12(Thu) 13:02
タイトル:『シューベースII』の発売について

各社防水プロテクターの『アクセサリーシュー』に取り付け、ストロボ/ライト/アクションカメラ等を、よりシンプル・コンパクトにセッティングすることが出来る新型シューベース、「シューベースII」を『2018年7月14日(土)』に発売いたします。

・「シューベースII」
 --2018年7月14日(土)発売
 --¥3,000-[税抜] / ¥3,240-[税込]
 --JANコード:456212143 870 5


「シューベースII」



製品の主な特徴

一般的な防水プロテクターに備わっている『アクセサリーシュー』や、弊社『シューベーススペーサー』等に直接取り付けることができます(※1)。

「シューベースII」取付例

(※1)
本製品を、アクセサリーシューを備えているキヤノン社製のウォータープルーフケースに取り付ける場合には、別売りの「キヤノン用アクセサリーシュースペーサー」が必要です。

「キヤノン用アクセサリーシュースペーサー」
--¥400-[税別] / ¥432-[税込]


シュー取付部は左右360°回転可能。微妙なライティングを自在に行えます。



本製品を取り付けする際に使用する「取付ダイヤル」を大型化、かつ操作しやすい形状としました。
少ない力でも、簡単・確実に取り付けることができます。

新旧比較画像
画像左:「シューベース」(旧製品)
画像右:「シューベースII」


防水プロテクター『アクセサリーシュー』との接触部に、ラバープレートを装備。
取付後のガタツキを大幅に軽減しています。

新旧比較画像
画像左:「シューベース」(旧製品)
画像右:「シューベースII」



対応製品

●シュー取付部
・防水カメラハウジング / マウントベース / ビデオベースに備わっている『アクセサリーシュー』(*2)
・「シューベーススペーサー」
・「シューベースアダプターD4」
・「シューベースアダプターX-2」

取り付け対応ハウジング等につきましては、下記リンクの取り付け対応表をご確認下さい。
「シューベース各種 ハウジング取り付け対応表」
 http://www.inon.co.jp/cgis/news/img/ShoeBase_CompatibilityChart[PDF:115KB]

●「YSアダプター」 互換アーム接続部
・「Zジョイント」
・「Zジョイント」+「ストロボライトホルダー・LF」
・「Zジョイント」+「ストロボライトホルダー・LE」
・「シングルライトホルダー・LF」
・「シングルライトホルダー・LE」

(※2)
本製品は、防水プロテクターや三脚に、ストロボ/ライト/コンパクトデジタルカメラ/アクションカメラ等を、簡素な構成でセッティングすることを想定しております。本製品の性能を超えた重量物を乗せたり過度な連結による構成でセッティングを行った場合、本製品及び防水プロテクターに過大な負荷が掛かる他、装着した製品が予期せず倒れる可能性があります。これらは思わぬケガや破損、故障の原因となりますので、十分にご注意下さい。



以上、どうぞよろしくお願いいたします。


2018年7月12日

有限会社イノン







投稿時間:18/06/29(Fri) 14:25
タイトル:『ドームポートカバーL』の発売及び『ドームポートカバー』生産終了のお知らせ

各種ドームポートに装着可能なネオプレーン製保護カバー「ドームポートカバーL」を、『2018年6月30日(土)』に発売いたします。
カバーの上下に開口部を設けることで、プロテクターへの着脱がスムーズになりました。


・ドームポートカバーL
 --2018年6月30日(土)発売
 --\4,200-[税別] / \4,536-[税込]
 --JANコード:456212143 892 7


「ドームポートカバーL」(画像左)
「ドームポートカバーL」装着例(画像右)



対応ポート

・「ドームポートII・プロテクターIIセット」
・「ドームポートII」
・「ドームポート・プロテクターIIセット for オリンパス」
・「ドームポート for オリンパス[単体]」




ご使用上の注意

陸上において、本製品が濡れた状態のままでの、対応製品への取り付けはお控えください。
レンズのコーティングやガラス自体の劣化による、シミ/ヤケの原因となります。



尚この発売に伴い、現行の「ドームポートカバー」の販売を終了とさせていただきます。
以降は、販売店様の在庫分のみの販売となりますこと、何卒ご了承ください。


「ドームポートカバー」【生産終了】




以上、どうぞ宜しくお願いいたします。


2018年6月29日

有限会社イノン







投稿時間:18/06/25(Mon) 17:09
タイトル:『Dホルダー三脚アダプター』の発売について

弊社の水中用三脚システムへ「Dホルダー」を直接取り付け可能とする、三脚システムのオプションパーツ『Dホルダー三脚アダプター』を、2018年6月28日(木)に発売いたします。


・「Dホルダー三脚アダプター」
 --2018年6月28日(木)発売
 --¥2,000-[税別] / ¥2,160-[税込]
 --JANコード: 456212143 871 2


「Dホルダー三脚アダプター」製品画像



製品の主な特徴

本製品を「Dホルダー」の下部へ装着することで、本製品の三脚ねじ穴(U1/4)を利用して、「Dホルダー」を水中用三脚システムへ取り付け出来るようになります。
「グリップベースD4」をセットしたデジカメハウジングや、「Dホルダー」単体をセットしたアクションカメラを、三脚へ取り付けるためのオプションパーツです。
三脚ねじ穴は2穴配置されているので、「水中3ウェイ雲台」付属の“雲台接続ベース”を使って、ガタつきや緩みなくカメラシステムを三脚に固定できます。



「Dホルダー」への取り付けイメージ


「グリップベースD4」に含まれる構成部品の「Dホルダー」へ装着


アクションカメラ対応製品の付属品“変換プレート”にセットされた「Dホルダー」へ装着



水中用三脚システムへの取り付けイメージ
「水中3ウェイ雲台」付属の“雲台接続ベース”を使えば、2本のねじで強固にカメラシステムを固定できるので、ガタつきは皆無です。


“雲台接続ベース”付属の2本のねじでカメラシステムを強固に固定し、「水中3ウェイ雲台」へガタつき無く装着


「グリップベースD4」+「Dホルダー」をセットしたデジカメハウジングを、本製品を介して「水中3ウェイ雲台」付属の“雲台接続ベース”でガタつき無く装着



一般の三脚へも、本製品を取り付けたカメラシステムを装着可能です。(但し、ねじは1本留めになります)

「グリップベースD4」をセットしたデジカメハウジングを、本製品を介して「水中3ウェイ雲台」へ装着


「Dホルダー」単体をセットした弊社アクションカメラ対応製品を、本製品を介して「水中3ウェイ雲台」へ装着


対応製品

・「Dホルダー」


取り付け可能な三脚類

・「水中三脚ハブ」
・「水中3ウェイ雲台」
・その他、三脚ねじ(U1/4)を有した雲台や三脚類



セット例


・「水中三脚ハブ」
・「水中3ウェイ雲台」
・「カーボン伸縮アームSSボディ」×3(ボールジョイント先端に「水中三脚ハブ」付属の“石突”を装着)
・「Dホルダー三脚アダプター」(「水中3ウェイ雲台」付属の“雲台接続ベース”へ装着)
・「グリップベースD4」+「Dホルダー」
・オリンパス社「TG-5」/「PT-058」
・「ステップアップリング52-67」
・「UWL-H100 28M67 Type2」
・「LF3100-EW」+「シングルライトホルダー・LF」
・「ダイレクトアームYS-MVセット」
・「S-2000」
・「ダイレクトアームZ-MVセット」
・「L型光Dケーブル・2穴ゴムブッシュセット」



・「水中三脚ハブ」
・「水中3ウェイ雲台」
・「スティックアームS-Tボディ」×3(ボールジョイント先端に「水中三脚ハブ」付属の“石突”を装着)
・「Dホルダー三脚アダプター」
・「Dホルダー」
・GoPro®社「HERO6 Black」/純正ダイブハウジング「Super Suit」
・「SDフロントマスク for HERO5/6」(付属の“変換プレート”を使用して「Dホルダー」へ装着)
・「UFL-G140 SD」
・「LF3100-EW」+「シングルライトホルダー・LF」
・「ダイレクトアームYS-MVセット」


製品関連ページ
・「水中三脚システム」
 http://www.inon.co.jp/products/armsystem/uwtripod.html
・「グリップベースD4」/「Dホルダー」
 http://www.inon.co.jp/products/armsystem/base.html#gripbase
・「カーボン伸縮アームボディ」
 http://www.inon.co.jp/products/armsystem/arm.html#carbontelescopicarm
・「スティックアームボディ」
 http://www.inon.co.jp/products/armsystem/arm.html#stickarm
・【ニュース発表】水中用三脚システムパーツ『水中三脚ハブ』『水中3ウェイ雲台』を発売します
 http://www.inon.co.jp/cgis/news/wforum.cgi?no=499&reno=no&oya=499&mode=msg_view&page=0


※「GoPro」「HERO」はアメリカ合衆国GoPro Inc.の商標または登録商標です。


以上、どうぞ宜しくお願いいたします。

2018年6月25日

有限会社イノン







投稿時間:18/05/30(Wed) 15:39
タイトル:水中用三脚システムパーツ『水中三脚ハブ』『水中3ウェイ雲台』を発売します

水中用の三脚システムを構築するための基幹パーツ『水中三脚ハブ』及び、専用オプションの『水中3ウェイ雲台』を、2018年5月31日(木)に発売いたします。


・「水中三脚ハブ」
 --2018年5月31日(木)発売
 --¥23,000-[税別] / ¥24,840-[税込]
 --JANコード: 456212143 868 2

・「水中3ウェイ雲台」
 --2018年5月31日(木)発売
 --¥16,000-[税別] / ¥17,280-[税込]
 --JANコード: 456212143 869 9


「水中三脚ハブ」製品画像 



「水中3ウェイ雲台」製品画像



製品の主な特徴
・「水中三脚ハブ」を基幹パーツとして、「雲台部」と「脚部」を自由に組み合わせることが可能な水中用三脚システムです。
・陸上や淡水中での使用はもちろんのこと、材質・表面処理・部品の取付方法などを見直すことで、
 塩分を含む海水中での使用にも耐えられる構造になっています。(※1)




画像左:「水中三脚ハブ」+「水中3ウェイ雲台」+「カーボン伸縮アームMボディ」×3
画像右:「水中三脚ハブ」+「シューベース 1/4-20UNC雲台ユニット」+「スティックアームXS-Tボディ」×3


(※1)
ご使用後は必ず真水で塩分をよく洗い流し、取扱説明書のメンテナンスの項に従って各部へのグリスアップを行って下さい。




『水中三脚ハブ』の特徴
・『カーボン伸縮アームSS/S/M/Lボディ』や『スティックアームXS-T/SS-T/ S-T/M-Tボディ』を、
 脚部として取り付けることが出来ます。



画像左から「カーボン伸縮アームSSボディ」、「カーボン伸縮アームSボディ」、
「カーボン伸縮アームMボディ」、「カーボン伸縮アームLボディ」装着時



画像左から「スティックアームXS-Tボディ」、「スティックアームSS-Tボディ」、「スティックアームS-Tボディ」装着時




・可変式の2ウェイ石突が付属。用途に合わせて使い分けていただけます。


画像左:ゴム石突
画像右:スパイク石突


画像左:ゴム石突使用時(全体)
画像右:ゴム石突使用時(拡大)



・水中三脚ハブには雲台取り付けネジ(U1/4)が備わっており、『水中3ウェイ雲台』や、
 シューベース各種の雲台ユニット部/ボールジョイントユニット部の取り付けが可能(※2)。
 直接カメラハウジングをのせて、簡易的な三脚としても使用出来ます。


画像左から「水中3ウェイ雲台」、「シューベース 1/4-20UNC雲台ユニット」、「シューベース M6雲台ユニット」、
「シューベースBALLボールジョイントユニット」、「水中ハウジング」装着時


(※2)
上下分割構造を採用している「シューベース 1/4-20UNC」「シューベース M6」「シューベース BALL」のみ取り付けが対応しています。
また雲台ユニット部/ボールジョイントユニット部は、保守部品として下記の通り販売しております。


・「シューベース 1/4-20UNC 雲台ユニット」
 --¥3,600-[税別] / ¥3,888-[税込]

・「シューベース M6 雲台ユニット」
 --¥3,600-[税別] / ¥3,888-[税込]

・「シューベース BALL ボールジョイントユニット」
 --¥1,600-[税別] / ¥1,728-[税込]




・開脚角度は「標準ポジション」「ミドルポジション」「ローポジション」の3段階切り替え。
 角度切り替え時の固さは、ハブ本体と脚部取り付け部を固定しているボルトの締め付けで調節可能です。


画像左より「標準ポジション」、「ミドルポジション」、「ローポジション」



・付属のエレベーター下部には、更に追加のエレベーター下部を連結可能です。
 エレベーター下部1本につき全高を145mm伸ばすことが出来ます。


画像左:付属品「エレベーター下部」装着時
画像右:付属品「エレベーター下部」を装着し、上方向へスライドさせた状態


付属品「エレベーター下部」を装着し、一番高い位置にスライドさせ、脚部の「カーボン伸縮アームLボディ」を最も伸ばした状態



・エレベーターを上下逆さまに取り付けることで、ローポジション撮影や、三脚の真下にカメラを向けた撮影が可能です。


「水中三脚ハブ」のエレベーターを上下逆さまにし、ハウジングを装着した状態



・三脚の安定性を高めるために、一般的な方法としてストーンバッグ等を取り付ける他、
 付属のストラップホールを利用してウエイト等を吊り下げたり、脚のアームボールを利用してウエイトを取り付けることも可能です。


画像左:「ウエイト1kg」をヒモで吊り下げた状態
画像右:「ウエイト1kg」を「ウエイトプレート ネジ固定型」+「ダイレクトベースIII」+「クランプIII」を用いてアーム先端に取り付けた状態


画像左:「ウエイト2kg」3個をアーム先端に装着した状態(全体)
画像右:「ウエイト2kg」3個をアーム先端に装着した状態(拡大)



水中3ウェイ雲台の特徴
・水中三脚ハブ専用の3ウェイ雲台です。大型のハンドルを備え、軽快・精密にカメラの位置調整を可能にします。





・運搬時は2本のハンドルを収納することが可能です。





・付属のハウジングアダプター「雲台接続ベース」を使って、ガタつきや緩みなくカメラハウジングを三脚に固定できます。(※3)





・「雲台接続ベース」を介することで、「グリップベースM1」や「システムベースU」を用いたカメラシステムを、
 そのまま三脚に固定することも可能です。(※4)(※5)






(※3)
ハウジングに中心間距離が 33〜80mm の三脚ネジ穴(1/4インチ)が2つある場合にのみ、雲台接続ベースの使用が可能です。

(※4)
グリップベースM1の取り付けは、ハウジングに中心間距離が@33〜40mm または A44〜80mmの三脚ネジ穴(1/4インチ)が2つある場合のみ対応します。

(※5)
システムベースU(メインベースU)の取り付けは、ハウジングに中心間距離が47〜80mmの三脚ネジ穴(1/4インチ)が2つある場合のみ対応します。



取り付けアーム毎のスペック
脚として組み合わせるアーム毎のスペック(全高/エレベーター下げ全高/地上最低高/縮長)は、下記リンクの表をご確認下さい。
「水中三脚システム 取り付け対応アーム別スペック表」
 http://www.inon.co.jp/cgis/news/img/UWTripodSystem_ArmSpecChart.pdf [PDF:516KB]



対応製品
水中三脚ハブ【脚部】
・カーボン伸縮アームSS/S/M/Lボディ
・スティックアームXS-T/SS-T/S-T/M-Tボディ

水中三脚ハブ【雲台取り付けネジ部】
・水中3WAY雲台
・Dホルダー三脚アダプター
・シューベース 1/4-20UNC 雲台ユニット
・シューベース M6 雲台ユニット
・シューベース BALL ボールジョイントユニット
・シングルライトホルダー・LE三脚用
・シングルライトホルダー・LF三脚用
・三脚アダプター
・「SDマウントケージ」「SDフロントマスク」「SDマウントベース」各種
・1/4インチ 20UNC」規格のネジ穴(深さ5mm以上)を備えたカメラハウジング等

水中3ウェイ雲台【台座部】
・水中三脚ハブ

水中3ウェイ雲台【雲台部】
・1/4インチ 20UNC」規格のネジ穴(深さ5mm以上)を備えたカメラハウジング等
・グリップベースM1
・メインベースU



製品関連ページ
・「シューベースシリーズ」
 http://www.inon.co.jp/products/armsystem/shoebase.html
・「カーボン伸縮アーム」
 http://www.inon.co.jp/products/armsystem/arm.html#carbontelescopicarm
・【ニュース発表】スティックアームボディ4種を仕様変更します
 http://www.inon.co.jp/cgis/news/wforum.cgi?no=498&reno=no&oya=498&mode=msg_view&page=0




以上、どうぞ宜しくお願いいたします。

2018年5月30日

有限会社イノン







投稿時間:18/05/21(Mon) 18:24
タイトル:スティックアームボディ4種を仕様変更します

シンプルな形状で拡張性の高い、スティックアームボディ4種を仕様変更いたします。


・「スティックアームXS-Tボディ」
 --2018年5月24日(木)発売
 --¥2,000-[税抜] / ¥2,160-[税込]
 --JANコード:456212143 872 9

・「スティックアームSS-Tボディ」
 --2018年5月24日(木)発売
 --¥2,700-[税抜] / ¥2,916-[税込]
 --JANコード:456212143 873 6

・「スティックアームS-Tボディ」
 --2018年5月24日(木)発売
 --¥3,200-[税抜] / ¥3,456-[税込]
 --JANコード:456212143 874 3

・「スティックアームM-Tボディ」
 --2018年6月上旬発売予定
 --¥3,700-[税抜] / ¥3,996-[税込]
 --JANコード:456212143 875 0


画像上より
「スティックアームXS-Tボディ」
「スティックアームSS-Tボディ」
「スティックアームS-Tボディ」
「スティックアームM-Tボディ」


■ 仕様変更の内容 ■

両端ボールジョイントの穴部を、カメラ用三脚ネジ規格「3/8-16UNC」のメスネジへ、仕様変更しました。


ボール両端に3/8-16UNCメスネジを新設


従来のライティング用アームとしてだけではなく、今月発売のイノン水中三脚システムの“三脚足”として使用できるようになります。
有効長さやオプション製品の装着は従来のままに、さらに拡張性が拡がります。


今月発売の水中三脚システムの“三脚足”として使用
ボールジョイント部を「水中三脚ハブ」へねじ込み、もう一方のボールジョイント部へ水中三脚ハブ付属の“石突”をねじ込んでいます


この仕様変更にともない、上記スティックアームボディ4種が含まれるアームセットの製品名と価格を、以下の通り改定させていただきます。
従来品の「スティックアームXSボディ」「スティックアームSSボディ」「スティックアームSボディ」スティックアームMボディ」は生産終了となります。

*****
・スティックアームXS-TセットYS-MV
 --¥11,500-[税抜] / ¥12,420-[税込]
 --JANコード:456212143 876 7

・スティックアームXS-TセットZ-MV
 --¥12,400-[税抜] / ¥13,392-[税込]
 --JANコード:456212143 880 4

・スティックアームXS-TセットD
 --¥12,400-[税抜] / ¥13,392-[税込]
 --JANコード:456212143 884 2

・スティックアームXS-TセットZ-MV(ストロボ同時購入セット)
 --¥11,400-[税抜] / ¥12,312-[税込]
 --JANコード:456212143 888 0
*****
・スティックアームSS-TセットYS-MV
 --¥12,200-[税抜] / ¥13,176-[税込]
 --JANコード:456212143 877 4

・スティックアームSS-TセットZ-MV
 --¥13,100-[税抜] / ¥14,148-[税込]
 --JANコード:456212143 881 1

・スティックアームSS-TセットD
 --¥13,100-[税抜] / ¥14,148-[税込]
 --JANコード:456212143 885 9

・スティックアームSS-TセットZ-MV(ストロボ同時購入セット)
 --¥12,100-[税抜] / ¥13,068-[税込]
 --JANコード:456212143 889 7
*****
・スティックアームS-TセットYS-MV
 --¥12,700-[税抜] / ¥13,716-[税込]
 --JANコード:456212143 878 1

・スティックアームS-TセットZ-MV
 --¥13,600-[税抜] / ¥14,688-[税込]
 --JANコード:456212143 882 8

・スティックアームS-TセットD
 --¥13,600-[税抜] / ¥14,688-[税込]
 --JANコード:456212143 886 6

・スティックアームS-TセットZ-MV(ストロボ同時購入セット)
 --¥12,600-[税抜] / ¥13,608-[税込]
 --JANコード:456212143 890 3
*****
・スティックアームM-TセットYS-MV
 --¥13,200-[税抜] / ¥14,256-[税込]
 --JANコード:456212143 879 8

・スティックアームM-TセットZ-MV
 --¥14,100-[税抜] / ¥15,228-[税込]
 --JANコード:456212143 883 5

・スティックアームM-TセットD
 --¥14,100-[税抜] / ¥15,228-[税込]
 --JANコード:456212143 887 3

・スティックアームM-TセットZ-MV(ストロボ同時購入セット)
 --¥13,100-[税抜] / ¥14,148-[税込]
 --JANコード:456212143 891 0
*****


■ 製品関連ページ ■

・「アームシステムについて」
 http://www.inon.co.jp/products/armsystem/about.html

・「アーム選びかんたんガイド」
 http://www.inon.co.jp/pdf-dl/_userdata/arm-selecton-guide.pdf

・【ニュース発表】『ZアダプターMV』『YSアダプターMV』『ダイレクトベースIII』発売について
 http://www.inon.co.jp/cgis/news/wforum.cgi?no=341&reno=no&oya=341&mode=msg_view&page=0

・【ニュース発表】『ダブルYSアダプターMV』『YSアダプターWB MV』の発売について
 http://www.inon.co.jp/cgis/news/wforum.cgi?no=342&reno=no&oya=342&mode=msg_view&page=0

・【ニュース発表】“スティックアーム”/“マルチボールアーム”オプションの発売について
 http://www.inon.co.jp/cgis/news/wforum.cgi?no=344&reno=no&oya=344&mode=msg_view&page=0



以上、どうぞ宜しくお願いいたします。


2018年5月21日

有限会社イノン







投稿時間:18/03/28(Wed) 17:45
タイトル:『ストロボドームフィルター [4900K]/[4600K]』の発売について

「Z-330」ストロボに装着し、ストロボ光の色温度を下げる「ストロボドームフィルター [4900K]」、「ストロボドームフィルター [4600K]」を、『2018年3月29日(木)』に発売いたします。


・「ストロボドームフィルター[4900K]」
 --2018年3月29日(木)発売
 --¥1,200-[税抜] / ¥1,296-[税込]
 --JANコード:456212143 863 7

・「ストロボドームフィルター [4600K]」
 --2018年3月29日(木)発売
 --¥1,200-[税抜] / ¥1,296-[税込]
 --JANコード:456212143 864 4


画像左:「ストロボドームフィルター [4900K]」製品単体
画像右:「ストロボドームフィルター [4900K]」を「Z-330」ストロボに装着した状態


画像左:「ストロボドームフィルター [4600K]」製品単体
画像右:「ストロボドームフィルター [4600K]」を「Z-330」ストロボに装着した状態


製品の主な特徴

「ストロボドームフィルター [4900K]」は、ストロボ光の色温度を5500Kから4900Kに下げます。「ストロボドームフィルター[4600K]」は色温度を4600Kに下げます。
色温度を下げることで、水中で人肌を健康的に表現したり、暖色系の生物を引き立てることができます。
また、カメラのホワイトバランスを、各種ストロボドームフィルターに合わせた4900K、4600Kで撮影(RAW現像)することで、ストロボ光があたる被写体は自然な色合いのまま、背景の海の青色を鮮やかに補正することができます。


関連情報

●イノン公式ホームページ内関連記事

・「水中S-TTLオートストロボ『Z-330』」
 http://www.inon.co.jp/products/strobe/z330/top.html

・色温度変換フィルター&拡散板 撮影テクニック
 

 (PDF版:1.18MB)
 http://www.inon.co.jp/pdf-dl/_userdata/ColorTemFilter_technic.pdf

 (iPad iBooks版:8.66MB)
 http://www.inon.co.jp/pdf-dl/_userdata/StrobeColorTempFilter.ibooks



以上、どうぞよろしくお願いいたします。


2018年3月28日

有限会社イノン







投稿時間:18/03/28(Wed) 17:37
タイトル:『アームフロートS』生産終了のお知らせ

『アームフロートS』について生産終了とさせていただきますこと、お知らせいたします。
本製品はINONロゴ削り出し形状の、アームボディに対応した製品です。

生産終了品

・『アームフロートS』
 --\2,800-[税抜] / \3,024-[税込]
 --JANコード:456212143 100 3


「アームフロートS」【生産終了】

※スティックアームとマルチボールアームに対応する『スティックアームフロートS』は、引き続き販売中です。



以降は販売店様の在庫分のみの販売となりますこと、ご了承をお願い申し上げます。

今後とも弊社製品ご愛顧のほど、どうぞよろしくお願いいたします。


2018年3月28日

有限会社イノン







投稿時間:18/03/26(Mon) 16:40
タイトル:【重要なお知らせ】水中クローズアップレンズ『UCL-90』をご使用のお客様へ

平素はイノン製品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。

昨年12月27日より発売を開始しました、水中クローズアップレンズ『UCL-90 M67』/『UCL-90 LD』の2製品について、
弊社仕様を満たしていない不具合品が混入していることが判明いたしました。


「UCL-90 M67」製品画像


「UCL-90 LD」製品画像



ご愛用のユーザー様におかれましては、
大変ご迷惑をお掛けしますことを深くお詫び申し上げます。

つきましては、不具合の概要、および弊社の対応について、下記の通りご案内いたします。

再びこのような事態を起さぬよう、誠意取り組んでゆく所存ですので、
何卒ご理解、ご協力を賜りますよう、お願い申しあげます。



● 不具合の概要

製造過程において弊社仕様を満たしていない製品が一部に混入しています。
そのまま使用を続けると、光学コーティングの剥離等が起こります。


● 対象となる「UCL-90 M67」/「UCL-90 LD」のシリアル番号

2017年12月27日から、本年3月16日までに出荷された「UCL-90 M67」/「UCL-90 LD」の2製品中、
下記シリアル番号品の一部に、不具合品が混入している可能性があります。

■UCL-90 M67
・「D610000」〜「D610038」
・「D610060」〜「D610061」

■UCL-90 LD
・「D595000」

※ 上記シリアル番号以外は、不具合は発生いたしません。

※ シリアル番号の確認方法:
  レンズ本体の側面に貼付してある、シールの英数字がシリアル番号となります。
  (製品外箱にも、シリアル番号が印刷されたシールが貼り付けられています)


● 弊社の対応について

対象となるシリアル番号のレンズにつきましては、無償にて新品交換させて頂きます。

対象品をお持ちのユーザー様におかれましては、誠に恐縮ではございますが、
下記リンク先の所定用紙をプリントアウトいただき、必要事項をご記入の上、
対象のレンズとともに、
郵送・宅配便の「送料着払い」にて、下記送り先までご送付いただきますようお願い申し上げます。

弊社到着後すみやかに、宅配便にて代替レンズを発送させて頂きます。

・「UCL-90 レンズ交換 依頼書」
 http://www.inon.co.jp/cgis/news/img/UCL-90_Defective.pdf

・送り先:
  有限会社イノン
  〒247−0061
  神奈川県鎌倉市台2−18−9
  電話番号 0467−48−2174


● 本件に関してのお問合せ

・有限会社イノン UCL-90 不具合 係
 電話番号 0467−48−2174
 受付時間 平日10:00〜18:00(土日・祝日は除きます)
 
 FAX   0467−48−2178
 E-mail  support@inon.co.jp




2018年3月26日

有限会社イノン







投稿時間:18/02/14(Thu) 14:30
タイトル:『シューベース』『シューベースセット』『S-2000はじめるパック』生産終了のお知らせ

『シューベース』、及び『シューベースセット』について生産終了とさせていただきますこと、お知らせいたします。
これにともない、S-2000ストロボとベース類を同梱した『S-2000 はじめるパック SB』、及び『S-2000 はじめるパック D4』につきましては、パックでの販売を終了させていただきます。


なお、「S-2000 はじめるパック D4」は、「S-2000」ストロボ、「グリップベースD4」、「Zジョイント」を個別にご購入いただくことで、同様のシステムを組むことができます。


生産終了品

・『シューベース』
 --\3,500-[税抜] / \3,780-[税込]
 --JANコード:456212143 356 4

・『シューベースセット』
 --\5,000-[税抜] / \5,400-[税込]
 --JANコード:456212143 355 7

・『S-2000 はじめるパック SB』
 --\43,000-[税抜] / \46,440-[税込]
 --JANコード:456212143 434 9

・『S-2000 はじめるパック D4』
 --\47,500-[税抜] / \51,300-[税込]
 --JANコード:456212143 435 6





「シューベース」【生産終了】




「シューベースセット」【生産終了】




「S-2000 はじめるパック SB」【生産終了】
(パック内容:S-2000ストロボ、シューベース、Zジョイント)




「S-2000 はじめるパック D4」【生産終了】
(パック内容:S-2000ストロボ、グリップベースD4、Zジョイント)



以降は、販売店様の在庫分のみの販売となります。


なお、弊社では「シューベース」の後継モデルを、4月発売予定で鋭意開発中です。
発売確定次第、本ホームページ上で発表させていただきます。


今後とも弊社製品ご愛顧のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

2018年2月14日

有限会社イノン







投稿時間:18/01/30(Tue) 18:37
タイトル:ソニーDSC-RX0/MPK-HSR1対応レンズを発売します

ソニーの小型デジタルスチルカメラ『DSC-RX0』用の純正防水ハウジング「MPK-HSR1」(*1)に対応する、アタッチメントレンズ2種を『2018年2月3日(土)』に発売いたします。


・ワイドコンバージョンレンズ「UWL-100 28M55」(*2)(*3)(*4)
 --2018年2月3日(土)発売
 --\32,000-[税別] / \34,560-[税込]
 --JANコード: 456212143 867 5

・水中ワイドクローズアップレンズ「UCL-G165 M55」(*5)(*6)
 --2018年2月3日(土)発売
 --\24,800-[税別] / \26,784-[税込]
 --JANコード: 456212143 775 3


「UWL-100 28M55」製品画像



「UCL-G165 M55」製品画像



画像左より:レンズ未装着時、「UWL-100 28M55」装着時、「UCL-G165 M55」装着時


(*1)
カメラ、防水ハウジングの詳細に付きましては、ソニーマーケティング株式会社にお問い合わせ下さい。
なお、弊社では日本仕様のカメラに基づいて製品の適合性検証を行っています。

(*2)
陸上使用時には画像四隅がケラレます。水中ではケラレは生じません。

(*3)
より広角な撮影が可能な、別売オプション「ドームレンズユニットII for UWL-100」は画像四隅にケラレが生じるため、対応しません。

(*4)
本レンズは、現行レンズ「UWL-100 28AD」のバヨネットマウント部を、M55スクリューマウントへ変更した商品です。
「UWL-100 28AD」をお持ちの方は、M55スクリューマウントへの交換が可能です。詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。

(*5)
本レンズは水中専用設計です(陸上では画面四隅がケラレます)。水中ではケラレは生じません。

(*6)
本レンズは、現行レンズ「UCL-G165 SD」のバヨネットマウント部を、M55スクリューマウントへ変更した商品です。
「UCL-G165 SD」をお持ちの方は、M55スクリューマウントへの交換が可能です。詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。



ワイドコンバージョンレンズ「UWL-100 28M55」の特徴

純正ハウジングMPK-HSR1へ直接取り付け可能
本レンズの取り付け規格は、MPK-HSR1前面のフィルターネジと同じM55ネジマウント。そのまま純正ハウジングにねじ込んでご使用が可能です。

コンパクトで画角100°のワイドコンバージョンレンズ
外径φ87.4x全長43.4mmのコンパクトな大きさは、MPK-HSR1の小型なサイズを犠牲にせず、手軽なワイド撮影を実現します。
また本レンズの水中最大画角は100°。レンズ非装着と比べ、圧倒的な画角を確保します。

画像左:アタッチメントレンズなし
画像右:ワイドコンバージョンレンズ「UWL-100 28M55」装着時

最短撮影距離を大幅に短縮
DSC-RX0の陸上での最短撮影距離は「50cm」ですが、水中では約1.3倍に撮影距離が(水の屈折率の影響で)伸びてしまいます。
本レンズを装着することで、水中での最短撮影距離を「118mm」(*7)まで短縮することができ、より被写体に近接したワイド撮影が可能です。

「花形フードII for UWL-100 28AD」が取り付け可能
画角外からの不要な光を遮り、逆光での撮影時などに発生しやすいフレア/ゴーストの発生を抑えるためのオプション「花形フードII for UWL-100 28AD」が取り付け可能です。




水中ワイドクローズアップレンズ「UCL-G165 M55」の特徴

純正ハウジングMPK-HSR1へ直接取り付け可能
上記ワイドコンバージョンレンズと同様に、レンズ取り付け規格はMPK-HSR1前面のフィルターネジと同じM55ネジマウント。そのまま純正ハウジングにねじ込んでご使用が可能です。

被写界深度の深い、ワイド系クローズアップレンズ
画角をわずかに拡げることで被写界深度を深くした、ワイド系のクローズアップレンズです。
本レンズを装着することで、水中での撮影距離を「96mm」(*7)まで短縮できるので、より被写体に近接したクローズアップ撮影が可能です。

このクローズアップレンズをお勧めする理由
DSC-RX0は広角な24mm単焦点レンズ(*8)で、陸上での歪みを極力排除した高画質レンズがゆえに画角の狭くなる水中では、糸巻き収差(中央がくびれた状態)が発生します。
これに通常のクローズアップレンズを装着すると、糸巻き収差がより顕著に現れ、高倍率なクローズアップレンズほど画面周辺の画質は低下します。
ワイド系のクローズアップレンズ「UCL-G165 M55」は、この歪みを緩やかに抑え、かつ通常のクローズアップレンズより近接しての撮影が可能となります。(下図参照)

*画像の歪み(糸巻き収差)を比較するため、すべて等距離で撮影しています

画像左上:レンズなし。水中での最短撮影距離は約65cm。
画像右上:「UCL-G165 M55」装着時。水中での最短撮影距離は96mm。(*7)
画像左下:「UCL-330」装着時(市販のステップアップリングを使用)。水中での最短撮影距離は202mm。(*7)
画像右下:「UCL-165M67」装着時(市販のステップアップリングを使用)。水中での最短撮影距離は135mm。(*7)

(*7)
水槽内でオートフォーカスが合焦する、被写体からレンズ先端面までの弊社実測値です。

(*8)
35mmフィルム換算値での焦点距離。



主な仕様

ワイドコンバージョンレンズ『UWL-100 28M55』(*2)(*3)(*4)
外径/全長:       φ87.4mm / 43.4mm
重量[陸上/水中]:    386g / 222g
マウント規格:      イノン M55マウント
実用耐水深:       60m
本体材質/表面処理:   耐蝕アルミ合金/硬質黒アルマイト
硝材/表面処理:     光学ガラス/減反射コーティング
レンズ構成:       4群4枚
最大入射角度(*9):    100.0°(水中使用時)

水中ワイドクローズアップレンズ『UCL-G165 M55』(*5)(*6)
外径/全長:       φ77mm / 25.5mm
重量[陸上/水中]:    217g / 135g
マウント規格:      イノン M55マウント
実用耐水深:       60m
本体材質/表面処理:   耐蝕アルミ合金/硬質黒アルマイト
硝材/表面処理:     光学ガラス/減反射コーティング
レンズ構成:       2群2枚
焦点距離(*10):      165mm(水中専用)


(*9)
実際に撮影を行う事が可能な画角(実視野)は、カメラの撮影モードにより異なります。

(*10)
本レンズ単体の焦点距離。マスターレンズとの合成焦点距離を示すものではありません。



組み合わせ構成例


・ソニー社「DSC-RX0」/ 純正防水ハウジング「MPK-HSR1」
・「UWL-100 28M55」+「花形フードII for UWL-100 28AD」
・「LF3100-EW」
・「シングルライトホルダー・LF」
・「シューベース」



・ソニー社「DSC-RX0」/ 純正防水ハウジング「MPK-HSR1」
・「UCL-G165 M55」
・「LF3100-EW」
・「グリップベースM1」
・「シングルライトホルダー・LF」
・「ダイレクトアームYS-MVセット」

*「グリップベースD4」は純正ハウジングの厚みが大きいため、取り付けできません。



・ソニー社「DSC-RX0」/ 純正防水ハウジング「MPK-HSR1」
・「UWL-100 28M55」+「花形フードII for UWL-100 28AD」
・「LF3100-EW」×2
・「グリップベースM1」+「Dホルダー」
・「シングルライトホルダー・LF」×2
・「ダイレクトアームYS-MVセット」×2

・「ZアダプターMV 1/4-20UNC」
・「クランプIII」
・「M67レンズアーム」
・「UCL-165M67」(*背面モニターの拡大鏡として使用)

*写真は純正ハウジングの上部の「シューアダプター」を取り外し、「ZアダプターMV 1/4-20UNC」を装着した写真です。
「シューアダプター」は純正ハウジング付属の六角レンチで、簡単に取り外し可能です。



各レンズにおける最短撮影距離での比較例


画像左: レンズなし。カメラ単体の水中最短撮影距離である約65cmで撮影。
画像中央:「UWL-100 28M55」装着時。本レンズの水中最短撮影距離である約12cmで撮影。
画像右: 「UCL-G165 M55」装着時。本レンズの水中最短撮影距離である約10cmで撮影。



各レンズの撮影例


--被写体:     キアンコウ
--撮影機材:    ソニーDSC-RX0/MPK-HSR1、UWL-100 28M55、LF3100-EW×2灯
--撮影パラメータ: マニュアル露出(F4、1/40、ISO100)、最短撮影距離(およそ12cm)
--撮影者/撮影地: 相原岳弘@はまゆうマリンサービス/大瀬崎湾内



--被写体:     キアンコウ
--撮影機材:    ソニーDSC-RX0/MPK-HSR1、UCL-G165 M55、LF3100-EW×2灯
--撮影パラメータ: マニュアル露出(F4、1/50、ISO100)、最短撮影距離(およそ10cm)
--撮影者/撮影地: 相原岳弘@はまゆうマリンサービス/大瀬崎湾内



--被写体:     クダゴンベ
--撮影機材:    ソニーDSC-RX0/MPK-HSR1、UCL-G165 M55、LF3100-EW×2灯
--撮影パラメータ: マニュアル露出(F4、1/100、ISO400)、最短撮影距離(およそ10cm)
--撮影者/撮影地: 相原岳弘@はまゆうマリンサービス/大瀬崎外海


*作例協力:はまゆうマリンサービス http://hamayuu.net/



製品関連ページ

・LEDライト
 http://www.inon.co.jp/products/le_light/lineup.html

・アームシステム
 http://www.inon.co.jp/products/armsystem/lineup.html





以上、どうぞ宜しくお願いいたします。


2018年1月30日

有限会社イノン







投稿時間:17/12/28(Thu) 19:02
タイトル:デジタル一眼レフカメラハウジング『X-2 for EOS80D』発売について

キヤノン社のデジタル一眼レフカメラ「EOS 80D」(*1)対応の、軽量鋳造ボディハウジング「X-2 for EOS80D」を、
『2018年1月5日(金)』より受注生産で発売いたします。(*2)


・「X-2 for EOS80D FW [ファインダーウインドウ仕様]」
 --2018年1月5日(木)発売
 --\249,500-[税別] / \269,460-[税込]
 --JANコード:456212143 855 2

・「X-2 for EOS80D PF2 [ピックアップファインダー2仕様]」(*3)
 --2018年1月5日(木)発売
 --\257,000-[税別] / \277,560-[税込]
 --JANコード:456212143 854 5

・「X-2 for EOS80D 45VF [45°ビューファインダー仕様]」
 --2018年1月5日(木)発売
 --\292,000-[税別] / \315,360-[税込]
 --JANコード:456212143 853 8

・「X-2 for EOS80D FL [ファインダーレス仕様]」(*4)
 --2018年1月5日(木)発売
 --\243,000-[税別] / \262,440-[税込]
 --JANコード:456212143 857 6

・「X-2 for EOS80D STVF [ストレートビューファインダー仕様]」
 --2018年1月5日(木)発売
 --\281,000-[税別] / \303,480-[税込]  ※在庫僅少
 --JANコード:456212143 856 9


「X-2 for EOS80D」製品画像(正面)


「X-2 for EOS80D FW [ファインダーウインドウ仕様]」製品画像(背面)


「X-2 for EOS80D PF2 [ピックアップファインダー2仕様]」製品画像(背面)


「X-2 for EOS80D 45VF [45°ビューファインダー仕様]」製品画像(背面)


「X-2 for EOS80D FL [ファインダーレス仕様]」製品画像(背面)


「X-2 for EOS80D STVF [ストレートビューファインダー仕様]」製品画像(背面)

(*1)
デジタル一眼レフカメラ「EOS 80D」の詳細につきましては、キヤノン株式会社にお問い合わせください。
なお、弊社では日本仕様のカメラ/レンズに基づいて製品の適合性検証を行っています。

(*2)
この商品はお客さまからの注文をいただいてから組み立てする、受注販売となります。
生産の都合上、納期にお時間を頂くことがございます。予めご了承ください。

(*3)
オプションファインダー中、“ピックアップファインダー2”につきましては、
「X-2 for EOS30D」以前のモデルに対応した旧製品
「ピックアップファインダーユニット for X-2」をそのまま共用することはできません。
この場合、カメラ本体側ファインダーに取り付ける「ピックアップファインダーユニット2本体(カメラモジュール側)」(¥4,700-[税別] /¥5,076-[税込])の交換で、
「ピックアップファインダーユニット2 for X-2」相当品にアップグレード可能です。
詳細は、弊社製品販売店、あるいは弊社にお問合せください。

(*4)
[ファインダーレス仕様]は、既にイノンファインダーをお持ちの方向けの仕様です。



■ 「X-2 for EOS80D」概要 ■

キヤノン「EOS 80D」は、APS-Cサイズのハイアマチュアモデルです。AF(オートフォーカス)性能が向上し、
フォーカスポイントはEOS 70Dの19点オールクロスに対して、EOS 80Dでは45点オールクロスに進化。
思い通りの構図で、正確に被写体を捉えることができます。
CMOSセンサー上の一つ一つの画素を独立した2つのフォトダイオードで構成する、「デュアルピクセルCMOS AF」
が搭載され、動画撮影時も素早いピント合わせと、ビデオカメラのような滑らかな追従性を可能とした、
動画にも強い一眼レフカメラです。

「X-2 for EOS80D」ハウジングは、『More freely. More photos.』をコンセプトに開発しました。
水中でもっと自由に撮影できるよう、ハウジングの水中重量を軽くすることを第一にデザインしています。
ハウジング内部の空間を大きくとり、浮力を増やすことで、前モデルの「X-2 for EOS70D」と比較して285g、
フロートアームMボディ(浮力135g)2本分を超える水中重量が軽減されています。
魚の群れと平行に泳ぎながら撮影する時も、マクロ撮影でシビアなピント合わせをする時も、
軽量かつ取り回しに優れた「X-2 for EOS80D」ハウジングは、撮りたい瞬間を快適に撮影できます。
ハウジングの容積が大きくなったにもかかわらず、右手で直接ハウジングを握って操作する
X-2ハウジングのスタイルはそのまま。ハウジングの奥行きは「X-2 for EOS70D」と変わりません。
ハウジングのボタンやレバーを、カメラ本体のレイアウトにできるだけ近づけることで、
陸上でカメラを操作するのと同じ感覚で、水中でも迷うことなく素早く操作できます。



■ 製品の主な特徴 ■

軽量・コンパクトな超精密鋳造アルミボディ
ハウジングのボディは、耐腐食性アルミニウム合金の超精密鋳造によって製造し、削り出し加工だけでは不可能な、薄肉でかつ複雑な形状を可能としています。
曲線を多用し、扱いやすさを追求したデザイン。
ハウジング内部に効果的に空間をつくり、水中重量を軽減。
さらに、堅牢なアルミニウム製ボディは、過酷な水中環境に耐える信頼性と耐久性、高水圧下においても変わらぬ操作性を実現。
「デザイン」「水中重量」「強度」を、高次元で融合しています。

フロントボディとリアボディは耐腐食性アルミニウム鋳造


決定的瞬間を逃がさない操作系レイアウト
鋳造の自由度の高いデザイン性を生かして、陸上でカメラを操作するのと同じ感覚で、
水中でもスムーズに操作できるよう様々な工夫がなされています。
小さな力でもハウジング本体をしっかりホールドできるよう、右手親指と中指の掛かりがよい形状。
人差し指はシャッターレバーに自然に掛かり、滑らかにシャッター操作ができます。
さらに、ファインダーを覗いたままで、絞り値とシャッタースピードの変更がストレスなくできるように、
ハウジング本体を握ったまま前後のダイヤルに指が届くようレイアウト。
水中撮影を行う上で、必要とされるキヤノンEOS 80Dの操作系を網羅しているだけでなく、
撮りたい瞬間を逃すことがないよう、操作性も追及しています(*5)。
「X-2 for EOS80D」ハウジングは、「測距エリア選択ボタン」の操作も追加。EOS 80Dの45点AFフレームを有効に活用できます。

キヤノンEOS 80DとX-2 for EOS80Dハウジング

(*5)
「マルチコントローラー」、「サブ電子ロックスイッチ」は操作できない仕様になっています。


実績と信頼の防水設計
ボタンやダイヤル・レバーは、アルミニウム合金製のハウジングのボディに直接取り付けるのではなく、
真ちゅう製の軸受けを介して取り付けています。
ボタンの摺動、ダイヤル・レバーの回転が、アルミニウム合金を摩耗させ、防水性を損なうことがありません。
万が一、軸受けなどが摩耗しても、最小限のパーツ交換でリフレッシュできます。
ボタンやダイヤル・レバーの防水には、ハウジングボディ合わせ面と同じ含油タイプのイノン黄色O-RINGを使用し、
グリス切れによる浸水を抑制します。さらに、太めのサイズを選択し、防水性を高めています。
回転するダイヤル・レバー部には、ダブルO-RINGを採用し、安定した回転と、高い防水性を維持します。

ボタンやダイヤル・レバーを取り付けるための真ちゅう製の軸受け


S-TTLオートストロボシステムに完全対応
外部ストロボとの接続には、水漏れトラブルのない光Dコネクタを標準装備。
「L型光Dケーブル」を直接差し込むだけの簡単セッティングで、「S-TTL」オートストロボ撮影が可能となります。
S-TTL自動調光システムの精度のよさを発揮させるには、内蔵フラッシュの閃光を効率よく光ケーブルに伝達することが重要です。
ハウジング内部のミラーが、カメラ内蔵フラッシュ光を的確に光Dコネクタに導き、安定したS-TTL調光精度を実現します。


海水からハウジングを守るタフ塗装と腐食抑制ユニット
ハウジングボディは、耐腐食性や耐摩耗性に優れた特殊な塗装でコーティング。
さらに、亜鉛製の腐食抑制ユニットを、フロントボディとリアボディの底面に各1個ずつ装着。
亜鉛が先に海水中に溶け出すことにより、ハウジング本体の電解腐食を抑制します。

フロントボディとリアボディの底に亜鉛製の腐食抑制ユニット


換装可能な4種類のファインダーをラインナップ
機能の異なるファインダーユニット4種類、
「ファインダーウインドウユニット」
「ピックアップファインダーユニット2」
「45°ビューファインダーユニット」
「ストレートビューファインダーユニット」
をラインナップ。
被写体や撮影シーンに合わせてレンズを選ぶように、ファインダーも交換できます。


超マクロからフィッシュアイまで対応するポートラインナップ
ポートは、「EF-S60mm F2.8 マクロ USM」「EF100mm F2.8Lマクロ IS USM」などのマクロレンズ、
フィッシュアイズームレンズ「EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM」
動画撮影強い「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」「EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM」ほか、多彩なレンズに対応。
ドームポートを含め全てのポートレンズに光学レンズ(マルチコーティング済み)を使用し、
EOS 80Dの高画質を余すことなく活かせます。
マクロレンズのフォーカス操作には、磁石の引き合う力を利用して軽いトルクでレンズ筒部を回転させる、
イノンの独自の「MRS(マグネティック・ロータリー・システム)ポート」を採用。
陸上フォーカスと同じフィールングでピント合わせが可能です。
もちろん、「水中マイクロセミ魚眼リレーレンズ UFL-MR130 EFS60」にも対応し、水中虫の目レンズによる動画撮影も可能です。

ワイド、マクロ、虫の目撮影など多彩なレンズに対応するポートラインナップ


多彩な純正アクセサリー
S-TTLストロボ、光Dケーブル、ビューファインダー、MRSポート、LEDライト、ストロボやライトを接続する豊富なアーム類など、
ハウジングと一緒に使う水中撮影機材を総合的に自社展開しています。
ダイビングと水中撮影をより快適にするための、水中カメラシステムを提供します。

ストロボ2灯とフロートアームを装着したワイド撮影セット



■ 関連情報 ■

● イノン公式ホームページ内製品情報ページ

・ハウジング・ポート ラインナップ
 http://www.inon.co.jp/products/housing/lineup.html

・「X-2 for EOS80D」システムチャート
 http://www.inon.co.jp/pdf-dl/_userdata/x250dsystemchart.pdf

・「X-2 for EOS80D」システムテーブル
 http://www.inon.co.jp/pdf-dl/_userdata/x250dsystemtable.pdf

・「イノンポート」
 http://www.inon.co.jp/products/housing/inonport/top.html

・「水中マイクロセミ魚眼リレーレンズ UFL-MR130 EFS60」
 http://www.inon.co.jp/products/housing/inonport/uflmr130_efs60.html

・【INONフォトギャラリー】
 http://www.inon.co.jp/gallery/inon/index.html




以上、どうぞ宜しくお願いいたします。


2017年12月28日

有限会社イノン







投稿時間:17/12/26(Tue) 14:38
タイトル:『シューベース 1/4-20UNC』『シューベース M6』『シューベース BALL』発売のご案内

各社デジカメの防水プロテクター等に装備された『アクセサリーシュー』に取り付けて、ストロボ/ライト/アクションカメラ等を、よりシンプル・コンパクトにセッティングすることが出来るシューベースの新型、『シューベース 1/4-20UNC』 『シューベース M6』 『シューベース BALL』 の3種を発売いたします。
それぞれ「1/4インチネジ」「M6ネジ」「アームボール」を備えたシューベースとして機能する他、分解することで三脚に取付け可能な『雲台』にもなる2Wayベースアダプターです。また、従来のシューベースに改良を加え、アクセサリーシューへの固定力が格段に向上しました。


・「シューベース 1/4-20UNC」
 --2017年12月27日(水)発売
 --¥5,600-[税別] / ¥6,048-[税込]
 --JANコード: 456212143 848 4

・「シューベース M6」
 --2017年12月27日(水)発売
 --¥5,600-[税別] / ¥6,048-[税込]
 --JANコード: 456212143 847 7

・「シューベース BALL」
 --2018年1月11日(木)発売予定 
 --¥3,500-[税別] / ¥3,780-[税込]
 --JANコード: 456212143 852 1


画像左 :「シューベース 1/4-20UNC」
画像中央:「シューベース M6」
画像右 :「シューベース BALL」



製品の主な特徴
・一般的な防水プロテクター等に備わっている『アクセサリーシュー』や、弊社『シューベーススペーサー』等に直接取付けが可能です。(※1)



「シューベース 1/4-20UNC」取付例


・「雲台部」と「シュー取付部」の、上下分割構造を採用。
 「雲台部」底面には三脚ネジ穴(1/4インチ)が備わっており、単独で三脚等に取付け可能。雲台として使用することができます。

・各種「雲台部」は、保守部品として販売致します。「シュー取付部」が共通の仕様となっているので、「雲台部」を付け替えてご使用頂くことが可能です。




画像上:左から「シューベース 1/4-20UNC」、「シューベース M6」、「シューベース BALL」の「雲台部」
画像下:「シュー取付部」




「雲台部」は単独で三脚に取り付け可能


・『シューベース 1/4-20UNC』と『シューベース M6』には、自由雲台(ボール雲台)の構造を採用。コンパクトでありながらも広い可動域(左右360°/上下180°)を確保しています。
 本体側面に「ロックレバー」を搭載。自由雲台(ボール雲台)は、この「ロックレバー」を緩めることで可動し、締め込むことで固定されます。
 操作性に優れ、装着した製品の荷重をしっかりと支えられる十分な保持力を備えています。(※2)



画像左:「シューベース 1/4-20UNC」水平方向360°回転動作イメージ
画像右:「シューベース 1/4-20UNC」上下首振り動作180°動作イメージ



「シューベース 1/4-20UNC」

・「雲台部」トップ側のオスネジを「1/4-20UNCネジ」としたシューベースです。
 一般的なデジタルカメラ、防水プロテクター底面には、この「1/4-20UNC」規格のメスネジが備わっており、本製品を直接取り付けられます。(※2)

・イノンのLE/LFシリーズライトを装着する場合は、「シングルライトホルダー三脚用」を介して取り付け可能です。



画像左から
・「シューベース 1/4-20UNC」を用い、防水プロテクターの上部にコンパクトデジタルカメラを取り付けた状態
・「シューベース 1/4-20UNC」を用い、防水プロテクターの上部に「シングルライトホルダー・LF三脚用」とLFシリーズライトを取り付けた状態
・「シューベース 1/4-20UNC」を雲台として用い、「SDマウントベース」を装着したアクションカメラを三脚に取付けた状態(※画像の三脚は2018年春頃に発売予定)




「シューベース M6」

・「雲台部」トップ側のオスネジに、「M6ネジ」を採用したシューベースです。
 M6ネジ穴を有するイノンのストロボ類や、アクションカメラ用アクセサリー(SDフロントマスク、SDマウントベース等)に直接取り付けが可能です。(※2)



画像左から
・「シューベース M6」を用いて防水プロテクター上部に「Z-330」ストロボを取り付けた状態
・「シューベース M6」を用いて「SDフロントマスク for HERO5/6」を装着した「GoPro HERO6 Black」を取り付けた状態
・「シューベースM6」を用い、防水プロテクター上部に「S-2000」ストロボを取り付けた状態




「シューベース BALL」

・「雲台部」トップ側に「アームボール」を採用したシューベースです。
 『クランプV』を介して、イノンのアームU規格のアームボールを有するアダプター類と接続可能な、汎用性の高いシューベースです。(※2)



画像左から
・「シューベース BALL」を用い、防水プロテクター上部に「LF3100-EW」を取りつけた状態
・「シューベース BALL」を用い、防水プロテクター上部に「LF3100-EW」を2灯取りつけた状態
・「シューベース BALL」を用い、防水プロテクター上部に「S-2000」を取りつけた状態
・「シューベース BALL」を雲台として用い、「SDフロントマスク for HERO5/6」を装着した「GoPro HERO6 Black」を取り付けた状態(画像の三脚システムは2018年発売予定)




対応製品

全種【シュー取付部】
・防水カメラハウジング / マウントベース / ビデオベースに備わっている『アクセサリーシュー』(*2)
・「シューベーススペーサー」
・「シューベースアダプターD4」
・「シューベースアダプターX-2」

取り付け対応ハウジング等につきましては、下記リンクの取り付け対応表をご確認下さい。
「シューベース各種 ハウジング取り付け対応表」
 http://www.inon.co.jp/cgis/news/img/ShoeBase_CompatibilityChart.pdf [PDF:110KB]


シューベース 1/4-20UNC【1/4インチカメラネジ部】
・「シングルライトホルダー・LE三脚用
・「シングルライトホルダー・LF三脚用
・「SDマウントケージ for HERO3/3+/4 」「SDフロントマスク STD 」「SDフロントマスク for HERO5/6」「SDマウントベース for TG-Tracker」「SDマウントベース UWH1」
・「1/4インチ 20UNC」規格のネジ穴(深さ5mm以上)を備えたアクションカメラ/コンパクトデジタルカメラ類


シューベース M6【M6ネジ部】
・イノンストロボシリーズ「Z-330」「S-2000」「Z-240」「D-2000」「D-2000S」「D-2000W/Wn」「D-180」「D-180S」「Z-220」「Z-220S」「Z-220F」
・「SDマウントケージ for HERO3/3+/4 」「SDフロントマスク STD 」「SDフロントマスク for HERO5/6」「SDマウントベース for TG-Tracker」「SDマウントベース UWH1」(※3)


シューベース BALL【アームボール部】
・「クランプV」
・「クランプ」



(※1)本製品を、アクセサリーシューを備えているキヤノン社製のウォータープルーフケースに取り付ける場合には、別売りの「キヤノン用アクセサリーシュースペーサー」が必要です。


「キヤノン用アクセサリーシュースペーサー」
--¥400-[税別] / ¥432-[税込]


(※2)本製品は、防水プロテクターや三脚に、ストロボ/ライト/コンパクトデジタルカメラ/アクションカメラ等を、簡素な構成でセッティングすることを想定しております。本製品の性能を超えた重量物を乗せたり過度な連結による構成でセッティングを行った場合、本製品及び防水プロテクターに過大な負荷が掛かる他、装着した製品が予期せず倒れる可能性があります。これらは思わぬケガや破損、故障の原因となりますので、十分にご注意下さい。

(※3)「SDマウントケージ for HERO3/3+/4」に取り付けする場合は、『ゴムスペーサー』が必要です。『ゴムスペーサー』は弊社より無償でご提供致しますので、本製品をご購入いただく販売店を経由、あるいは弊社に直接ご依頼下さい。




以上、どうぞ宜しくお願いいたします。


2017年12月26日

有限会社イノン







投稿時間:17/12/25(Mon) 14:14
タイトル:高倍率クローズアップレンズ『UCL-90 M67』/『UCL-90 LD』発売のご案内

水中専用設計(*1)とすることで高画質化を実現し、高屈折ガラスの採用で極限までコンパクト化した、撮影のしやすい(長いワーキングディスタンスが確保できる)、
フルサイズ用マクロレンズからコンデジまで幅広いカメラに対応可能な、+11ディオプターの水中専用設計クローズアップレンズ、
ねじ込み式のM67マウント『UCL-90 M67』と、ロック付きバヨネットマウントの『UCL-90 LD』を、『2017年12月27日(水)』に発売いたします。

(*1)
本レンズは水中専用に光学設計された水中仕様のレンズです。陸上では本レンズを使用しても像は拡大されず、画面周辺の歪み、ケラレ等が発生します。



・水中クローズアップレンズ「UCL-90 M67」
 --2017年12月27日(水)発売
 --\34,800-[税別] / \37,584-[税込]
 --JANコード: 456212143 858 3

・水中クローズアップレンズ「UCL-90 LD」
 --2017年12月27日(水)発売
 --\34,800-[税別] / \37,584-[税込]
 --JANコード: 456212143 859 0



「UCL-90 M67」製品画像


「UCL-90 LD」製品画像



またオプション部品は、発売済みクローズアップレンズ『UCL-67 M67』/『UCL-67 LD』のものが、そのまま使用できます。
本レンズの発売に合わせ、商品名/JANコードのみを変更いたします。

・「レンズアダプターリング for UCL-67/90」
 --「レンズアダプターリング for UCL-67」と同一製品。
  2017年12月26日(火)出荷分より名称/JANコードのみ変更。
 --\2,500-[税別] / \2,700-[税込]
 --JANコード: 456212143 860 6

・「フリップ用M67ネジ環セット for UCL-67/90」
 --「フリップ用M67ネジ環セット for UCL-67」と同一製品。
  2017年12月26日(火)出荷分より名称/JANコードのみ変更。
 --\3,500-[税別] / \3,780-[税込]
 --JANコード: 456212143 861 3



左画像:「レンズアダプターリング for UCL-67/90」製品
右画像:クローズアップレンズ「UCL-165M67」増設例


左画像:「フリップ用M67ネジ環セット for UCL-67/90」製品
右画像:「フリップ用M67ネジ環セット for UCL-67/90」取り付け例


●より高倍率な+15ディオプターのクローズアップレンズ『UCL-67 M67』/『UCL-67 LD』については、下記ページをご参考ください。

UCL-67 M67:http://www.inon.co.jp/products/lens/ucl67m67/top.html
UCL-67 LD: http://www.inon.co.jp/products/lens/ucl67ld/top.html




製品の主な特徴

高倍率な+11ディオプター相当のクローズアップレンズ
フルサイズ用100mmクラスのマクロレンズ使用時の最大撮影倍率は、発売済みの『UCL-67 M67/UCL-67 LD』(+15ディオプター)と『UCL-165M67/UCL-165LD』(+6ディオプター)の、およそ中間をターゲットとした2.23倍[面積比4.98倍]。(*2)
水中焦点距離90mm、+11ディオプター相当の高倍率クローズアップレンズです。

撮りやすさを追求した、長いワーキングディスタンス
フルサイズ用100mmクラスのマクロレンズ使用時、最短撮影距離でのワーキングディスタンスは、本レンズ先端のレンズ面より69mm(*2)
高倍率であるにもかかわらず、長いワーキングディスタンスを確保しました。

フォーカス全域で高画質
水中専用に光学設計(*1)。フォーカス全域において諸収差を補正し、撮影距離にかかわらず高コントラストでキレの良い描写を実現しています。

高屈折ガラス採用でコンパクト化を実現
高屈折ガラスを採用することで、コンパクトながら大口径なフルサイズ用100mmクラスのマクロレンズからコンデジ(*3)まで、幅広く対応します。
コンパクトなレンズボディは、ライティングの自由度をより拡げ、多彩な表現力に貢献します。

アクロマートレンズを採用
レンズ構成は2群3枚。内部に色収差補正レンズ(アクロマートレンズ)を採用し、色収差を補正しています。
またレンズ全面に減反射コーティングを施して、光学系全体においてフレア/ゴーストを低減しています。

M67マウントのクローズアップレンズを重ね付け可能
オプションの「レンズアダプターリング for UCL-67/90」をレンズ前にねじ込むことで、イノンM67クローズアップレンズ(「UCL-165M67」/「UCL-330」)を増設可能。さらなる高倍率撮影にも対応します。(*4)

各社のM67用フリップに対応
マウント部を、オプションの「フリップ用M67ネジ環セット for UCL-67/90」へ交換することで、Nauticam社等のフリップへ、奥に挿し込んだ(ポートの防水ガラスに近づけた)状態で、本レンズを取付可能です。
(*SAGA社等、フリップ内径がφ57mm以下の小径なフリップには取付出来ません。この場合は「フリップ用M67ネジ環セット for UCL-67/90」を使用せず、本製品をそのままご使用ください)
(*お客様ご自身で、精密ドライバーを使ってマウント部の小ねじを緩めて外すことにより、交換が可能です)



『UCL-90 M67』(*1)
外径/全長:       φ70mm/36.4mm
重量[陸上/水中]:    322g/214g
マウント規格:      イノン M67マウント
実用耐水深:       60m
本体材質/表面処理:   耐蝕アルミ合金/硬質黒アルマイト
硝材/表面処理:     光学ガラス/減反射コーティング
レンズ構成:       2群3枚
焦点距離[水中](*5):   90mm

『UCL-67 LD』(*1)
外径/全長:       φ75.2mm/36.4mm
重量[陸上/水中]:    311g/202g
マウント規格:      イノン 28LDマウント
実用耐水深:       60m
本体材質/表面処理:   耐蝕アルミ合金/硬質黒アルマイト、ポリカーボネイト等
硝材/表面処理:     光学ガラス/減反射コーティング
レンズ構成:       2群3枚
焦点距離[水中](*5):   90mm

『レンズアダプターリング for UCL-67/90』
外径/全長:       φ71.2mm/15.6mm
重量[陸上]:       20g
増設側マウント規格:   イノン M67マウント
本体材質/表面処理:   耐蝕アルミ合金/硬質黒アルマイト

『フリップ用M67ネジ環セット for UCL-67/90』
外径/全長:       φ69mm/7.0mm
重量[陸上]:       18g
マウント規格:      M67スクリューマウント
本体材質/表面処理:   耐蝕アルミ合金/硬質黒アルマイト


(*2)
AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED装着時。

(*3)
焦点距離が35mmフィルム換算で、60〜100mm近辺のズーム域で使用可能です。これよりワイド側のズーム域ではケラレが生じ、ズームテレ側では画質が低下します。

(*4)
より高倍率なイノン M67クローズアップレンズ「UCL-67 M67」/「UCL-100M67」(生産終了)、または本レンズ「UCL-90 M67」は、画質が低下するため、推奨いたしません。

(*5)
本レンズ単体の水中焦点距離。マスターレンズとの合成焦点距離を示すものではありません。




主な対応レンズ

・フルサイズ用60mm〜100mmクラスのマクロレンズ(*6)
・APS-C用40〜60mmクラスのマクロレンズ(*6)
・マイクロフォーサーズ用45mm〜60mmクラスのマクロレンズ(*6)、標準ズームレンズ(*3)
・光学ズーム倍率が、5倍程度までのコンパクトデジタルカメラ(*3)

(*6)
カメラのレンズとポートの防水ガラスの距離や、本レンズとポートの取付距離が極端に離れているハウジングシステムでは、ケラレが生じる場合があります。




『UCL-90 M67』/『UCL-90 LD』組み合わせ構成例



「UCL-90 M67」装着例
オリンパス社「E-M1 MarkII」/「PT-EP14」の防水レンズポート「PPO-EP03」に、前面へ直接装着



「UCL-90 LD」装着例
キヤノン社「PowerShot G7 X Mark II」/「WP-DC55」に、イノン「LDレンズアダプターベースDC54/55」を介して装着



「UCL-90 M67」装着例
ソニー社「DSC-RX100M5」/「MPK-URX100A」に、前面へ直接装着




『UCL-90 M67』撮影例


 --被写体:     アオサハギ
 --撮影機材:    キヤノンEOS 6D/X-2 for EOS6D、EF100mm F2.8 マクロ USM、S-2000ストロボ×2灯
 --撮影パラメータ: ・ クローズアップレンズなし(画像左)
             マニュアル露出(F11、1/60、ISO1600)、最短撮影距離、S-2000(マニュアル発光)
           ・ UCL-90 M67クローズアップレンズ装着例(画像右)
             マニュアル露出(F11、1/60、ISO1600)、最短撮影距離、S-2000(マニュアル発光)
 --撮影者/撮影地: 服部亮@INON/大瀬崎湾内



 --被写体:     ハオコゼ
 --撮影機材:    キヤノンEOS 6D/X-2 for EOS6D、EF100mm F2.8L マクロ IS USM、S-2000ストロボ×2灯
 --撮影パラメータ: ・ クローズアップレンズなし(画像左)
             マニュアル露出(F9、1/200、ISO400)、最短撮影距離、S-2000(S-TTLオート発光)
           ・ UCL-90 M67クローズアップレンズ装着例(画像右)
             絞り優先(F9、1/200、ISO400)、最短撮影距離、S-2000(S-TTLオート発光)
 --撮影者/撮影地: 服部亮@INON/川奈ビーチ



 --被写体:     ウミウシカクレエビ
 --撮影機材:    キヤノンEOS 6D/X-2 for EOS6D、EF100mm F2.8 マクロ USM、S-2000ストロボ×2灯
 --撮影パラメータ: ・ マニュアル露出(F16、1/200、ISO200)、最短撮影距離、S-2000(S-TTLオート発光)
 --撮影者/撮影地: 服部亮@INON/大瀬崎先端




製品関連ページ

・「M67シリーズアタッチメントレンズ『クローズアップレンズ UCL-330』」
 http://www.inon.co.jp/products/lens/ucl330/top.html

・「M67シリーズアタッチメントレンズ『クローズアップレンズ UCL-165M67』」
 http://www.inon.co.jp/products/lens/ucl165m67/top.html

・レンズオプション
 http://www.inon.co.jp/products/lens/option.html




以上、どうぞ宜しくお願いいたします。


2017年12月25日

有限会社イノン







投稿時間:17/12/22(Fri) 17:57
タイトル:冬季休業について

誠に勝手ではございますが、冬季休暇として以下の期間を休業とさせていただきます。


・2017年12月29日(金)〜2018年1月4日(木)


お電話でのサポート等につきましては、2018年1月5日(金)以降のご対応となりますこと、ご了承ください。



以上、どうぞ宜しくお願いいたします。


2017年12月22日

有限会社イノン







投稿時間:17/12/15(Fri) 18:25
タイトル:『Z-330』ストロボの発売について

ガイドナンバー33、水中照射角度110°
光学設計されたドームレンズを採用し、拡散板などで光量を減衰させることなく、大光量と水中照射角度110°を両立させた次世代大光量ストロボ「Z-330」を、『2017年12月24日(日)』に発売いたします。


・「Z-330」
 --2017年12月24日(日)発売
 --¥69,800-[税抜] / ¥75,384-[税込]
 --JANコード:456212143 851 4




正面 / 右側面 / 背面





「Z-330」主な特徴

ガイドナンバー33の大光量、水中照射角度110°
軽量コンパクトなボディに、ガイドナンバー33の大光量回路を搭載。
前面発光部に緻密に計算されたドームレンズ(※1)を採用し、イノン独自の『T型ツインフラッシュ』発光管との相乗効果により、高出力発光量をロスなく水中で広げ、水中照射角度円形110°を実現しました。

一般的に用いられている乳白の拡散板は、照射角度を広げるだけでなく、光量を減衰させてしまうほか、内部に熱をこもらせる欠点がありました。
一方ドームレンズは、空気・アクリル・水の屈折率を利用して光を広げます。高出力発光量のほぼ全てを前方に放射しながら 照射角を110°まで広げています。

Z-330前面ドームレンズ


更に、Z-330は大光量ストロボの問題点であった閃光時間の長さをクリア。発光開始からフルパワーまで、ごく短時間で到達します。
カメラの内蔵フラッシュのプリ発光や本発光を感知すると同時に、Z-330ストロボも照射開始する方式とあいまって、1/1000の高速シャッタースピード時にも、ストロボ照射がシャッターにケラレることなく、フル発光まで出力できます。

(*1) 水中で照射角度を広げるドームレンズシステムについて、特許申請中です。




カメラレンズへの不要な直射光を遮る「ストロボライトカッター」を標準装備
発光部前面に、ストロボ照射光を一部カットすることができる「ストロボライトカッター」を標準装備。
ストロボ照射光がカメラレンズに直射することで生じるフレア・ゴースト現象や、ポート直近にストロボを配置させた際などに発生する撮影画像への浮遊物の写りこみを、大幅に軽減します。
「ストロボライトカッター」は、360°自在に回転可能。適度なクリック感で操作性に優れ、撮影中でも簡単・快適に位置調整できます。

「ストロボライトカッター」は着脱可能です



360°自在に回転可能




内部にこもる熱を水中へ逃がす放熱機構を搭載
発光部周辺に、熱伝導率の高い金属の放熱環を装備。内部回路ユニットと直接接続することで、発光ごとにストロボ内部にこもる熱を、効率よく水中へ放出させることができます。
耐熱性能の向上により、大光量ストロボの課題であった熱の問題を解消しました。過熱で発光が停止するという不安もなく、撮影に集中できます。




明るさ220ルーメン、シャッター連動自動消灯フォーカスライト内蔵
カメラのオートフォーカス測距時の補助光として、シャッターレリーズと合わせて消灯、自動的に再点灯する、明るさ220ルーメンの「シャッター連動自動消灯フォーカスライト」を内蔵。
ライト発光部前面にフレネルレンズを搭載し、ライトとストロボの光軸とをほぼ合致させました。ストロボの光軸合わせ用、ターゲットライトとしての使い勝手を大幅に向上させています。

画像左:Z-330ストロボのフォーカスライト光の軌跡(水中)
画像右:Z-240ストロボのフォーカスライト光の軌跡(水中)




昼夜問わず見やすい高照度蓄光背面操作パネル、操作性を高めた大型スイッチを採用
背面操作パネルに、白色を基調とした高照度蓄光素材を採用。昼夜問わずパネル表示の視認性が向上しました。


画像左:背面操作パネル 昼光時
画像右:背面操作パネル 発光時


また、背面操作スイッチを大型化。厚手のグローブ越しでも瞬時に操作が可能です。


大型化された「メインモードスイッチ」、「EVコントロールスイッチ」




S-TTL自動調光/13段階マニュアル発光機能搭載
イノン独自の高精度自動調光システム「S-TTL」機能が更に進化。調光精度が向上し、今まで以上に適正露出で撮影することができるようになりました。
更に、最適化された高性能受光センサー機構により、カメラシステム側からの信号を漏らさず受光可能。
システム側からの発光が微弱な場合や、光ケーブルが劣化しはじめた状態でさえも、ストロボが確実に発光し、発光不良のストレスから解放されます。

また、細かい1/2EV.刻み13段階のマニュアル発光機能を搭載。微妙な光量調節が必要となるプロユースにも最適です。




各種ストロボドームフィルター対応
発光部前面に備わったバヨネット機構により、各種ストロボドームフィルター(*2)を簡単・瞬時に取り付け/取り外しできます。

ストロボのドームレンズの保護、また光質を柔らかくする効果をもつ「ストロボドームフィルター SOFT」が付属するほか、別売オプションとして、発光量を-4EV.減少させる「ストロボドームフィルター ND」、ストロボの色温度をそれぞれ4600K、4900Kに変更する「ストロボドームフィルター [4600K]」、「ストロボストロボドームフィルター [4900K]」など、多数のフィルターが対応します。


・「ストロボドームフィルター SOFT」(*2)
 --付属品

・「ストロボドームフィルター ND」(*2)
 --2018年発売予定
 --¥1,500-[税抜] / ¥1,620-[税込]
 --JANコード:456212143 862 0

・「ストロボドームフィルター [4600K]」(*2)
 --2018年発売予定
 --¥1,200-[税抜] / ¥1,296-[税込]
 --JANコード:456212143 864 4

・「ストロボドームフィルター [4900K]」(*2)
 --2018年発売予定
 --¥1,200-[税抜] / ¥1,296-[税込]
 --JANコード:456212143 863 7



画像左:付属品「ストロボドームフィルター SOFT」
画像右:付属品「ストロボドームフィルター SOFT」装着例



画像左 :「ストロボドームフィルター ND」オプション
画像中央:「ストロボドームフィルター [4600K]」オプション
画像右 :「ストロボドームフィルター [4900K]」オプション


(*2)各種ストロボドームフィルターは「Z-330」ストロボのみ取り付け可能です。
  他ストロボには取り付けることはできません。




光ケーブル/電気ケーブルの両接続に対応
ニコノス5ピンシンクロコネクターを搭載。カメラシステムの種類により、光ケーブル接続、電気ケーブル接続いずれか、シンクロ方法を選択できます。


画像左:光ケーブル接続
画像右:電気ケーブル接続




「Z-330」主な仕様

 http://www.inon.co.jp/cgis/news/img/Z-330_spec_201712.pdf [PDF:78KB]





以上、どうぞよろしくお願いいたします。


2017年12月15日
有限会社イノン







投稿時間:17/10/13(Fri) 14:36
タイトル:GoPro®「HERO6 BLACK」への対応について

GoPro®社の『HERO6 BLACK』と、純正ダイブハウジング「Super Suit」の組み合わせにつき、弊社製品との対応が確認できましたのでお知らせいたします。


新型『HERO6 BLACK』においても、前機種『HERO5 BLACK』に対応する弊社製品を、そのまま使用可能です。


GoPro®純正ダイブハウジングに装着し、アタッチメントレンズやアームを取り付け可能とする「SDフロントマスク」について、製品名を変更させて頂きます。

 「SDフロントマスク for HERO5/6」
 --旧「SDフロントマスク for HERO5」と同一製品。
  2017年10月16日(月)出荷分より名称/JANコードのみ変更。
 --\6,800-[税別] / \7,344-[税込]
 --JANコード:456212143 850 7

 
 「SDフロントマスク for HERO5/6」 装着例(画像左)


カメラのレンズ仕様に変更はないため、2種のアタッチメントレンズ装着時の性能(画角や被写界深度)は、『HERO5 BLACK』と同様です。

 
 水中セミフィッシュアイコンバージョンレンズ「UFL-G140 SD」 装着例(画像左)
 水中ワイドクローズアップレンズ「UCL-G165 SD」 装着例(画像右)


詳細につきましては、以下ページをご参照ください。

 http://www.inon.co.jp/cgis/news/wforum.cgi?no=479&reno=no&oya=479&mode=msg_view&page=0 (ニュース記事)
 http://www.inon.co.jp/products/gopro/top.html
 


以上、どうぞ宜しくお願いいたします。


2017年10月13日

有限会社イノン







投稿時間:17/10/10(Tue) 16:49
タイトル:『D-2000』生産終了のお知らせ

ご好評いただいております、高機能“S-TTL”オートストロボ『D-2000』について
生産終了とさせていただきますこと、お知らせいたします。


・『D-2000 Type4』
 --\49,800-[税抜] / \53,784-[税込]
 --JANコード:456212143 211 6



「D-2000 Type4」



以降は、販売店様の在庫分のみの販売となります。


今後とも弊社製品ご愛顧のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

2017年10月10日

有限会社イノン







投稿時間:17/09/14(Thu) 14:12
タイトル:LEDライト『LF3100-EW』の発売について

最大光量3100ルーメン、光量12段階光量調節機能を搭載、光学設計されたドームレンズにより水中照射角度100°を実現。入手性や使い勝手のよい単三形電池6本を電源に採用したLEDライト「LF3100-EW」を、『2017年9月16日(土)』に発売致します。


・「LF3100-EW」
 --2017年9月16日(土)発売
 --¥36,800-[税抜] / ¥39,744-[税込]
 --JANコード:456212143 844 6


「LF3100-EW」(付属の「ライトカッター・LF-EW」を装着済)



「LF3100-EW」主な特徴


大光量3100ルーメン、色温度約5000K、水中照射角度100°
  電源は単三形電池6本を採用

入手しやすく、使い勝手の良い単三形乾電池を電源としながら、大光量「3100ルーメン」(*1)を実現。
色温度「約5000K」のLED光により、対象を自然な色に照らし出します(*2)。

ライト前面に、光学設計されたドームレンズを採用することで、光量の損失を抑えつつ、水中照射角度100°の超ワイドビームを実現。また、照射範囲境界に明確な光量差がなく、かつムラの少ないソフトな光質のため、動画撮影などの用途に最適です。

“eneloop pro”充電池(品番:BK-3HCD)使用時の実用点灯時間(*3)は、『Fullモード』の最大光量で【約45分】、『Lowモード』最小光量では【約3,185分(53時間05分)】に達します。


「LF3100-EW」前面のドームレンズ

(*1)
『Fullモード』 “eneloop pro”充電池(品番:BK-3HCD)使用時の最大値。

(*2)
本製品は水中専用LEDライトです。陸上で使用することはできません。
(短時間のテスト点灯[点灯合計時間1分以内]をのぞく)

(*3)
“eneloop pro”充電池(品番:BK-3HCD)を使用して、約25℃の水中で連続点灯させ、
明るさが発光開始直後の半分になるまでの時間(実測値)。


光量12段階光量調節機能を搭載

バッテリーボックスの「スイッチ」の回転量により『Fullモード』/『Lowモード』の2段階(*4)、ライトヘッドに備わる赤色の「セレクターリングLF」により6段階(*5)、合わせて計12段階の光量調節が可能です。

操作箇所の「スイッチ」、「セレクターリングLF」は、軽いトルクで素早い操作が可能な機械式を採用。ストレスなく、かつ直感的に光量の調節を行えます。

画像左:「スイッチ」(黄色矢印箇所) 電源ON/OFF、及び2段階光量切り替えが可能
画像右:「セレクターリングLF」(赤色のリング) 6段階光量切り替えが可能

(*4)
『Lowモード』は、『Fullモード』の約-1.5EV.の光量になります。

(*5)
「セレクターリングLF」における1クリックの光量差は、『Fullモード』で約1.0EV.、『Lowモード』で約0.9EV.となります。


「ライトカッター・LF-EW」、「ドーム赤フィルター・LF-EW」、2種類が付属

ライトヘッド前面に装着し、360°自在に回転する遮光板「ライトカッター・LF-EW」が付属します。カメラレンズ付近への直射光を遮ることで、撮影画像へのフレアやゴーストの発生を大幅に低減させることができます。

「ライトカッター・LF-EW」装着。360°回転可能


画像左:「ライトカッター・LF-EW」未装着時
画像右:「ライトカッター・LF-EW」装着時
「ライトカッター・LF-EW」未装着時は、ハウジングのレンズポート部へライト光が照射されていますが、「ライトカッター・LF-EW」装着時は遮光できています。


また、ライト光を、水中生物へのストレスを和らげる赤色に変換する「ドーム赤フィルター・LF-EW」が付属します。

「ドーム赤フィルター・LF-EW」装着時


豊富なオプションに対応

カメラシステムへ組み込む際に必要となる“ライトホルダー”は、「シングルライトホルダー・LF」「ストロボライトホルダー・LF」(*6)の2種類が対応。
また、三脚のオスネジに多く採用されている1/4-20UNC規格のネジへの取り付けを可能とする「シングルライトホルダー・LF 三脚用」や、本製品を収納し各種ベルト/ホース類に固定可能な「ライトケース・LF 6AA」などを用意。さまざまな用途への対応が可能です。

・「シングルライトホルダー・LF」
--¥2,000-[税抜] / ¥2,160-[税込]
--JANコード:456212143 770 8

・「ストロボライトホルダー・LF」(*6)
--¥2,500-[税抜] / ¥2,700-[税込]
--JANコード:456212143 771 5

・「シングルライトホルダー・LF 三脚用」
--¥1,000-[税抜] / ¥1,080-[税込]
--JANコード:456212143 819 4

・「ライトケース・LF 6AA」
--¥3,800-[税抜] / ¥4,104-[税込]
--JANコード:456212143 763 0


画像左より、
・「シングルライトホルダー・LF」装着時
・「ストロボライトホルダー・LF」と「Zジョイント」を用いて、「S-2000」ストロボと接続した状態
・「シングルライトホルダー・LF 三脚用」装着時
・「ライトケース・LF 6AA」に本製品を収納した状態

(*6)
ジョイントアダプター「Zジョイント」を使用する場合、LEDライトは1灯のみ取り付け可能です。2灯取り付けることはできません。


ライトヘッド部分を交換可能

単三形電池【6本】を使用する“LFシリーズ”LEDライト(*7)同士では、用途に応じて、それぞれのライトヘッド部分を交換することが可能です(*8)。

(*7)
2017年9月現在、交換可能機種は「LF1400-S」「LF2700-W」となります。

(*8)
単三形電池【3本】を使用する“LFシリーズ”LEDライトとの互換性はありません。
ライトヘッドを交換して、使用することは出来ませんのでご留意ください。



「LF3100-EW」主な仕様

http://www.inon.co.jp/cgis/news/img/LF3100-EW_spec_201709.pdf [PDF:116KB]



以上、どうぞ宜しくお願いいたします。


2017年9月14日

有限会社イノン







投稿時間:17/09/08(Fri) 11:40
タイトル:LEDライト『LF1300-EWf』の発売について

外部からのフラッシュ閃光に反応して消灯する「シャッター連動自動消灯機能」を搭載。光学設計されたドームレンズを採用したことで、大光量1300ルーメン、水中照射角度100°を実現した、撮影補助用フォーカスライトに最適なコンパクトLEDライト「LF1300-EWf」を、『2017年9月10日(日)』に発売いたします。


・「LF1300-EWf」
 --2017年9月10日(日)発売
 --¥30,800-[税抜] / ¥33,264-[税込]
 --JANコード:456212143 843 9


「LF1300-EWf」(付属の「ライトカッター・LF-EW」を装着済)



「LF1300-EWf」主な特徴


「シャッター連動自動消灯機能」搭載

ライト照射面に、高精度反射光測定センサーを内蔵。
外部からのフラッシュ閃光に同調して消灯し、自動的に再点灯する「シャッター連動自動消灯機能」を搭載しています。
カメラのシャッターレリーズ時にライトが消灯することで、撮影画像へのLED光の映り込みや、ライト光が浮遊物に反射して、撮影画像にゴミのように映りこんでしまう現象を防ぎます。

「シャッター連動自動消灯機能」のON/OFFは、ライトヘッド部に備わる赤色の「セレクターリングLF」をまわすだけの簡単操作で切り替えが可能。
「シャッター連動自動消灯機能」が役立つ静止画撮影時にはON、連続点灯が必要な動画撮影時にはOFFと、簡単・瞬時に切り替えができます。

本機能における、ライトの消灯時間はわずか0.2秒。
高速で再点灯することにより、ライトが消灯している間に被写体を見失ってしまうことがなく、快適な連続撮影が可能です。


サンプル動画 「シャッター連動自動消灯機能」動作


「ドーム赤フィルター・LF-EW」、「ライトカッター・LF-EW」、2種類が付属

ライト光を、水中生物へのストレスを和らげる赤色に変換する「ドーム赤フィルター・LF-EW」(*1)が付属します。
「シャッター連動自動消灯機能」と組み合わせることで、水中生物の生態行動を妨げずに、かつ、赤色の映りこみのない画像の撮影が可能です。

「ドーム赤フィルター・LF-EW」装着時

(*1)
「ドーム赤フィルター・LF-EW」は水中使用専用品となります。陸上で使用することはできません。


また、自由に回転する遮光板「ライトカッター・LF-EW」も付属。
カメラレンズ付近への直射光を遮ることで、撮影画像へのフレアやゴーストの発生を大幅に低減させることができます。

「ライトカッター・LF-EW」装着時
「ライトカッター・LF-EW」は360°自由に回転させられます。


画像左:「ライトカッター・LF-EW」未装着時
画像右:「ライトカッター・LF-EW」装着時
「ライトカッター・LF-EW」未装着時は、ハウジングのレンズポート部へライト光が照射されていますが、「ライトカッター・LF-EW」装着時は遮光できています。


大光量1300ルーメン、色温度約5000K、水中照射角度100°
  光量2段階切り替え、電源は単三形電池3本を採用

入手しやすく、使い勝手の良い単三形乾電池を電源としながら、大光量「1300ルーメン」(*2)を実現。
色温度「約5000K」のLED光により、対象を自然な色に照らし出します。

シンプルな構造で頑丈、かつ操作性にすぐれたスイッチで【Full/Low 2段階の光量切り替え】に対応。
長時間点灯の「Lowモード」(350ルーメン)と、大光量「Fullモード」(1300ルーメン)とを選択できます(*3)。

ライト前面に、光学設計されたドームレンズを採用することで、光量の損失を抑えつつ、水中照射角度100°の超ワイドビームを実現。
照射範囲境界に明確な光量差がなく、かつムラの少ないソフトな光質は、一般撮影用途のみならず、フォーカスライトとしても最適です。

“eneloop pro”充電池(品番:BK-3HCD)使用時の実用点灯時間(*4)は、Fullモードで【約45分】、Lowモードは【約220分(3時間40分)】に達します。


「LF1300-EWf」前面のドームレンズ

(*2)
Fullモード、“eneloop pro”充電池(品番:BK-3HCD)使用時の最大値。

(*3)
「Lowモード」のみ、陸上での連続点灯に対応します。
(短時間でのテスト点灯を行う場合を除き)陸上で「Fullモード」とすることはできません。

(*4)
“eneloop pro”充電池(品番:BK-3HCC)を使用して、約25℃の水中で連続点灯させ、
明るさが発光開始直後の半分になるまでの時間(実測値)。


豊富なオプションに対応

カメラシステムへ組み込む際に必要となる“ライトホルダー”は、「シングルライトホルダー・LF」「ストロボライトホルダー・LF」の2種類が対応。
また、三脚のオスネジに多く採用されている1/4-20UNC規格のネジへの取り付けを可能とする「シングルライトホルダー・LF 三脚用」や、本製品を収納し各種ベルト/ホース類に固定可能な「ライトケース・LF 3AA」などを用意。さまざまな用途への対応が可能です。

・「シングルライトホルダー・LF」
 --¥2,000-[税抜] / ¥2,160-[税込]
 --JANコード:456212143 770 8

・「ストロボライトホルダー・LF」(*5)
 --¥2,500-[税抜] / ¥2,700-[税込]
 --JANコード:456212143 771 5

・「シングルライトホルダー・LF 三脚用」
 --¥1,000-[税抜] / ¥1,080-[税込]
 --JANコード:456212143 819 4

・「ライトケース・LF 3AA」
 --¥3,800-[税抜] / ¥4,104-[税込]
 --JANコード:456212143 762 3


画像左より、
・「シングルライトホルダー・LF」装着時
・「ストロボライトホルダー・LF」と「Zジョイント」を用いて、「S-2000」ストロボと接続した状態
・「シングルライトホルダー・LF 三脚用」装着時
・「ライトケース・LF 3AA」に本製品を収納した状態

(*5)
ジョイントアダプター「Zジョイント」を使用する場合、LEDライトは1灯のみ取り付け可能です。2灯取り付けることはできません。


ライトヘッド部分を交換可能

単三形電池【3本】を使用する“LFシリーズ”LEDライト(*6)同士では、用途に応じて、それぞれのライトヘッド部分を交換することが可能です(*7)。

(*6)
2017年9月現在、交換可能機種は「LF1100-W」「LF1000-S」「LF800-N」となります。

(*7)
単三形電池【6本】を使用する“LFシリーズ”LEDライトとの互換性はありません。
ライトヘッドを交換して、使用することは出来ませんのでご留意ください。



「LF1300-EWf」主な仕様

http://www.inon.co.jp/cgis/news/img/LF1300-EWf_spec_201709.pdf [PDF:114KB]



以上、どうぞ宜しくお願いいたします。


2017年9月8日

有限会社イノン







投稿時間:17/08/18(Fri) 16:32
タイトル:「ドームポートカバーS」の発売及び「ドームレンズユニットカバー」生産終了のお知らせ

各種ドームレンズ/ポートに装着可能なネオプレーン製保護カバー「ドームポートカバーS』を、『2017年8月21日(月)』に発売いたします。
カバーの上下に開口部を設けることで、プロテクターへの着脱がスムーズになりました。


・『ドームポートカバーS』
 --2017年8月21日(月)発売
 --\3,000-[税別] / \3,240-[税込]
 --JANコード:456212143 849 1


「ドームポートカバーS」(画像左)
「ドームポートカバーS」装着例(画像右)



対応レンズ/ポート

・「ドームレンズユニットII for UWL-H100」
・「ドームレンズユニットII for UWL-100」
・「ドームポートEP01 for Olympus」
・「ドームポートEP02 for Olympus」
・「ドームポート115」
・「フロントポートドーム115」



ご使用上の注意

陸上において、本製品が濡れた状態のままでの、対応製品への取り付けはお控えください。
レンズのコーティングやガラス自体の劣化による、シミ/ヤケの原因となります。



尚この発売に伴い、現行の「ドームレンズユニットカバー」の販売を終了とさせていただきます。
以降は、販売店様の在庫分のみの販売となりますこと、何卒ご了承ください。


「ドームレンズユニットカバー」【生産終了】




以上、どうぞ宜しくお願いいたします。


2017年8月18日

有限会社イノン







投稿時間:17/08/08(Tue) 14:30
タイトル:「水中可変赤フィルター M67」発売のご案内

水中で青被りを抑えた映像表現を可能とし、水面下から、水深に応じて効果を無段階に調整可能な「水中可変赤フィルター M67」を、8月9日(水)に発売いたします。


・「水中可変赤フィルター M67」(*1)
 --2017年8月9日(水)発売
 --\18,000-[税別] / \19,440-[税込]
 --JANコード: 456212143 842 2


「水中可変赤フィルター M67」製品画像



製品の主な特徴
 
・ 2枚の偏光フィルターの効果により、緑色や青色の波長を低減させ、水中で青被りを抑えた映像表現を可能としています(*2)。

・ 前面の偏光フィルターを回転させることで、低減効果がほぼない状態から、緑色や青色の波長をほとんどカットする状態まで、広範囲かつ無段階に選択可能。自然光が潤沢でフィルター効果が必要ない水面下から、自然光内の橙色や黄色の波長が乏しく強いフィルター効果が必要になる水深まで、効果的に作用します(*2)。

・ 2枚のフィルター間にバヨネット機構を採用することで、簡単・迅速な分離ができます。水中使用時における、フィルター間の気泡の除去や、ご使用後の内部清掃などを、ストレスなく実施することが可能です。

・ 製品の取り付け部は、汎用性の高い『M67マウント』を採用しています(*3)。



「水中可変赤フィルター M67」低減最大(画像左)
「水中可変赤フィルター M67」低減中(画像中央)
「水中可変赤フィルター M67」低減最小(画像右)



サンプル動画 「水中可変赤フィルター M67」のフィルター効果調整



「水中可変赤フィルター M67」を真横から見た状態
フィルター合体時(画像左)
フィルター分離時(画像右)


『水中可変赤フィルター M67』
外径/全長:     φ83.6mm × 20mm
重量[陸上/水中]:  約77.6g/約40g
本体材質/表面処理: 偏光ガラス/耐触アルミ合金/ポリカーボネート


(*1)
本製品「水中可変赤フィルター M67」は特許出願中です。

(*2)
本製品を用いて、緑色や青色の波長を大きく低減させて撮影する場合、ストロボやライトなどの外部光源を併用すると、照射範囲が赤色に表現されます。外部光源主体の撮影をされる場合、本製品の低減効果を最小にセットするか、あるいは本製品を外して下さい。

(*3)
取り付けるカメラ/ハウジングの組み合わせによっては、撮影画像にケラレが発生する可能性があります。その場合、ケラレがないところまでズームしてご使用下さい。



『水中可変赤フィルター M67』組み合わせ構成例


・オリンパス社「TG-5」 + オリンパス社「PT-058」
・「水中可変赤フィルター M67」
・「ステップアップリング52-67」


・ソニー社「DSC-RX100M5」 + ソニー社「MPK-URX100A」
・「水中可変赤フィルター M67」
・「LF1300-EWf」(*近日発売予定)
・「シングルライトホルダー・LF」
・「シューベース」



「水中可変赤フィルター M67」撮影比較例


--被写体     :アカネハナゴイの群れ
--撮影機材    :ソニーRX100M5/MPK-URX100A
--撮影パラメータ :プログラムオート、オートホワイトバランス
          ・フィルターなし(画像左)
           F4.0、1/125、ISO125、水深2.5m
          ・「水中可変赤フィルター M67」あり(画像右)
           F3.5、1/80、ISO125、水深2.5m
--撮影者     :矢野維幾@ダイブサービスYANO



--被写体     :デバスズメダイの群れ
--撮影機材    :ソニーRX100M5/MPK-URX100A
--撮影パラメータ :プログラムオート、オートホワイトバランス
          ・フィルターなし(画像左)
           F4.0、1/320、ISO125、水深6m
          ・「水中可変赤フィルター M67」あり(画像右)
           F2.8、1/60、ISO125、水深6m
--撮影者     :矢野維幾@ダイブサービスYANO



サンプル動画




以上、どうぞ宜しくお願いいたします。


2017年8月8日

有限会社イノン







投稿時間:17/08/08(Tue) 14:28
タイトル:夏季休業について

誠に勝手ではございますが、夏季休暇として以下の期間を休業とさせていただきます。


・2017年8月14日(月)〜2017年8月16日(水)


お電話でのサポート等につきましては、2017年8月17日(木)以降のご対応となりますこと、ご了承ください。



以上、どうぞ宜しくお願いいたします。


2017年8月8日

有限会社イノン







投稿時間:17/07/31(Mon) 14:35
タイトル:「カラーフィルターセット for HERO5」の発売について

GoPro®社のウェアラブルカメラ『HERO5 BLACK』用のオプション純正ダイブハウジング「ダイブハウジング for HERO5 BLACK(商品名:Super Suit)」に対応する色補正フィルター、「カラーフィルターセット for HERO5」を『2017年8月3日(木)』に発売いたします。


・「カラーフィルターセット for HERO5」
 --2017年8月3日(木)発売
 --\1,500-[税別] / \1,620-[税込]
 --JANコード:456212143 846 0

 
「カラーフィルターセット for HERO5」
画像左:緑色補正用
画像中央: 水深15m以浅用
画像右:水深15m以深用

 
「カラーフィルターセット for HERO5」 『HERO5 BLACK』「ダイブハウジング for HERO5 BLACK」セット例
画像左:緑色補正用 装着例
画像中央:水深15m以浅用 装着例
画像右:水深15m以深用 装着例



製品の主な特徴
 
「カラーフィルターセット for HERO5」は、GoPro®社のウェアラブルカメラ『HERO5 BLACK』と純正オプション「ダイブハウジング for HERO5 BLACK」の組み合わせにおいて、ハウジング内部のレンズポート部にセットすることで、水中撮影時の青カブリ現象を押さえ、適切な色再現での撮影を可能とする製品です。
「水深15m以浅用」、「水深15m以深用」、比較的緑色の海の色を補正する「緑色補正用」の3種類をセットとし、撮影状況に応じて使い分けすることができます。

フィルターをハウジング内部レンズポート部にセットする構造を採用することで、イノンGoPro®アクセサリー「SDフロントマスク for HERO5」を妨げなく運用可能。革新的なコンバージョンレンズ群、水中セミフィッシュアイレンズ「UFL-G140 SD」、水中ワイドクローズアップレンズ「UCL-G165 SD」を、自在に組み合わせることができます。

 
カラーフィルターをハウジング内部レンズポート部にセットする

 
画像左:カラーフィルター「緑色補正用」、「SDフロントマスク for HERO5」、「UFL-G140 SD」装着例
画像右:カラーフィルター「緑色補正用」、「SDフロントマスク for HERO5」、「UCL-G165 SD」装着例



対応機種

『HERO5 BLACK』+ 別売りの「ダイブハウジング for HERO5 BLACK(商品名:Super Suit)」



撮影例

水深15m以浅用

画像左:カラーフィルターなし
画像右:カラーフィルター水深15m以浅用
 --撮影機材    『HERO5 BLACK』
 --撮影パラメータ ホワイトバランス:オート
 --撮影者/撮影地 服部亮@INON/大瀬崎 門下 水深10m




*『GoPro』『HERO』『Protune』はアメリカ合衆国GoPro Inc.の商標または登録商標です。

以上、どうぞ宜しくお願いいたします。


2017年7月31日

有限会社イノン







投稿時間:17/07/11(Tue) 18:46
タイトル:GoPro® HERO5対応『SDフロントマスク』を発売します

GoPro®の最新カメラ『HERO5 BLACK』用のオプション純正ダイブハウジング(商品名:Super Suit)に装着し、
アタッチメントレンズや接続パーツを取付可能とする「SDフロントマスク」を、『2017年7月15日(土)』に発売いたします。


・「SDフロントマスク for HERO5」
 --2017年7月15日(土)発売
 --\6,800-[税別] / \7,344-[税込]
 --JANコード:456212143 845 3

 
 「SDフロントマスク for HERO5」、変換プレート(付属品)、GoPro®規格オスアダプター(付属品)



 
 「SDフロントマスク for HERO5」、ダイブハウジング / HERO5 BLACK 装着例(画像左)
 「SDフロントマスク for HERO5」、(画像右)


 
 「SDフロントマスク for HERO5」、ダイブハウジング / HERO5 BLACK 装着例(背面)



『SDフロントマスク for HERO5』の特徴
 
・『HERO5』の純正アクセサリー「ダイブハウジング for HERO5 BALCK」用に専用設計。

・ハウジング前面に嵌め込み、蝶ねじで固定するだけの簡単取付。

・アタッチメントレンズ取り付け部規格には、バヨネット方式のイノンSDマウントを装備。
 さらに着脱ロック機能を追加し、対応するSDマウントレンズの簡便/迅速な着脱と、確実な固定を両立。
 もちろん、アタッチメントレンズを取り外した状態でのご使用も可能です(*1)。

・底部には、弊社「ダイレクトベースIII」「Zジョイント」「ZアダプターMV」が取り付け可能。

・GoPro®規格のオスアダプターが付属しており、底部に取り付け出来るので、すでにお持ちのパーツ類を無駄なく使用出来ます。

・付属の「変換プレート」を使って、本製品底部の左手側に、弊社「Dホルダー」を取り付け可能。

・付属の「変換プレート」には、カメラ三脚ネジ穴(1/4インチ)があるので、一脚や三脚へ固定しての撮影も可能です。


  『SDフロントマスク for HERO5』主な仕様
  -寸法(突起部を含む):    67.9mm(幅)×82.3mm(高さ)×39.0mm(奥行)
  -重量:           40g(陸上) / 約15g(水中)
  -本体材質 / 表面処理:    PC、POM等



取付可能なアタッチメントレンズ

・水中セミフィッシュアイコンバージョンレンズ「UFL-G140 SD」(*2)(*4)
 --出荷中
 --\39,000-[税別] / \42,120-[税込]
 --JANコード:456212143 773 9

・水中ワイドクローズアップレンズ「UCL-G165 SD」(*3)(*4)
 --出荷中
 --\23,000-[税別] / \24,840-[税込]
 --JANコード:456212143 772 2


 
 「SDフロントマスク for HERO5」「UFL-G140 SD」装着例 (画像左)
 「SDフロントマスク for HERO5」「UCL-G165 SD」装着例 (画像右)


(*1)
陸上にてご使用の場合には、アタッチメントレンズを使用しない状態であっても、主に広角モードで
得られる画像がケラレます(水中使用時のケラレはありません)。
陸上では、視野(FOV)設定を「広角(WIDE)」以外に設定するか、ハウジジングからフロントマスクを
取り外してご使用下さい。

(*2)
本レンズは水中専用設計のレンズです。陸上での使用は想定されていませんのでご留意下さい。
(陸上では遠方の被写体にピントが合わず、また見かけ上の画角も狭くなります)

(*3)
本レンズは水中専用設計のレンズです。陸上での使用は想定されていませんのでご留意下さい。
(陸上ではカメラの視野設定(FOV)が「広角(WIDE)」モード時、ケラレが生じます)

(*4)
本レンズは、カメラの“SuperView™モード”には対応していません。
SuperView™モードは、カメラ内部で撮影後にフレームを横に引き伸ばし、パースペクティブ効果(遠近感)を強調するモードのため、
この状態でアタッチメントレンズを装着すると収差がより助長されます。
本レンズを装着の際は、SuperView™モードは使用しないで下さい。


  
  前面 / 背面 / 底部


  
  「ダイレクトベースIII」/「 Zジョイント」/「ZアダプターMV」/「オスアダプター(付属品)」/「変換プレート(付属品)」装着例



組み合わせ構成例



・ GoPro®「HERO5 BLACK」、純正ダイブハウジング
・「SDフロントマスク for HERO5」
・「UFL-G140 SD」
・「ダイレクトベースIII」
・「クランプIII」
・「カーボン伸縮アームSボディ」



・ GoPro®「HERO5 BLACK」、純正ダイブハウジング
・「SDフロントマスク for HERO5」 + 変換プレート(本製品に付属)
・「UCL-G165 SD」
・「Dホルダー」



・ GoPro®「HERO5 BLACK」、純正ダイブハウジング
・「SDフロントマスク for HERO5」 + 変換プレート(本製品に付属)
・「UFL-G140 SD」
・「グリップベースD4」
・「Dホルダー」



・ GoPro®「HERO5 BLACK」、純正ダイブハウジング
・「SDフロントマスク for HERO5」 + 変換プレート(本製品に付属)
・「UFL-G140 SD」
・「Dホルダー」
・「ダイレクトベースYS RT」
・「シングルライトホルダー・LF」
・「LF3100-EW」(*近日発売予定)



・ GoPro®「HERO5 BLACK」、純正ダイブハウジング
・「SDフロントマスク for HERO5」
・「UFL-G140 SD」
・「Zジョイント」
・「ダイレクトベースYS RT」
・「ウエイトプレート ネジ固定型」
・ 市販ウエイト



・ GoPro®社「HERO5 BLACK」、純正ダイブハウジング
・「SDフロントマスク for HERO5」
・「UFL-G140 SD」
・「Zジョイント」
・「シューベース」
・オリンパス「PT-EP14」、60mmマクロセット



・ GoPro®「HERO5 BLACK」、純正ダイブハウジング
・「SDフロントマスク for HERO5」
・「UFL-G140 SD」
・「フロートアームSボディ」×2
・「スティックアームMボディ」×2
・「クランプIII」×4
・「M6ジョイント」×2
・「ダイレクトベースYS RT」×2
・「シングルライトホルダー・LF」
・「LF3100-EW」(*近日発売予定)



製品関連ページ

●イノン公式ホームページ内関連記事

・「水中セミフィッシュアイコンバージョンレンズ 『UFL-G140 SD』」
 http://www.inon.co.jp/products/gopro/uflg140sd.html

・「水中ワイドクローズアップレンズ『UCL-G165 SD』」
 http://www.inon.co.jp/products/gopro/uclg165sd.html

・アームシステム
 http://www.inon.co.jp/products/armsystem/lineup.html

・LEDライト
 http://www.inon.co.jp/products/le_light/lineup.html


*『GoPro』『HERO』『SuperView』はアメリカ合衆国GoPro Inc.の商標または登録商標です。

*性能、価格等、予告なしに変更する場合があります。予めご了承ください。



以上、どうぞ宜しくお願いいたします。


2017年7月11日

有限会社イノン







投稿時間:17/07/11(Tue) 18:45
タイトル:『LF1100-W』生産終了のお知らせ

ご好評いただいております、水中LEDハンドライト『LF1100-W』について
販売終了とさせていただきますこと、お知らせいたします。


・『LF1100-W』
 --\26,800-[税抜] / \28,944-[税込]
 --JANコード:456212143 765 4



「LF1100-W」



以降は、販売店様の在庫分のみの販売となりますこと、何卒ご了承ください。

なお、弊社では「LF1100-W」の後継機として、シャッター連動自動消灯機能を搭載した、
超ワイドビームの『LF1300-EWf』を鋭意開発中です。
詳細確定次第、本ホームページ上で発表させていただきます。


今後とも弊社製品ご愛顧のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

2017年7月11日

有限会社イノン







投稿時間:17/06/30(Fri) 13:37
タイトル:オリンパスTG-5/PT-058への対応について

オリンパスのデジカメ『TG-5』(*1) 用防水プロテクター「PT-058」(*1)の組み合わせにつき、弊社製品との対応状況が確認出来ましたのでお知らせいたします。


『TG-5』/「PT-058」(*1)での外部ストロボ/LEDライトへの対応について

弊社光接続ケーブルの「L型光Dケーブル・2穴ゴムブッシュセット」類を使って、イノン「D-2000」/「S-2000」を接続すれば、高精度の“S-TTLオート”が問題なく動作します(*2)(*3)

・「S-2000」
 --\38,000-[税別] / \41,040-[税込]
 --JANコード:456212143 417 2

・「D-2000 Type4」
 --¥49,800-[税別] / \53,784-[税込]
 --JANコード:456212143 211 6


「S-2000」(画像左)
「D-2000」(画像右)


対応光接続ケーブル

・「L型光Dケーブル・2穴ゴムブッシュセット」
 --\6,360-[税別] / \6,868-[税込]
 --JANコード:456212143 561 2

・「L型光DケーブルL・2穴ゴムブッシュセット」
 --\6,660-[税別] / \7,192-[税込]
 --JANコード:456212143 562 9

・「L型光DケーブルSS・2穴ゴムブッシュセット」
 --\5,360-[税別] / \5,788-[税込]
 --JANコード:456212143 563 6

・「L型光DケーブルLL・2穴ゴムブッシュセット」
 --\7,160-[税別] / \7,732-[税込]
 --JANコード:456212143 564 3

・「L型ゴムブッシュ」
 --\700-[税別] / \756-[税込]
 --JANコード:456212143 784 5


「L型光Dケーブル・2穴ゴムブッシュセット」装着例


また、イノンの各種LEDライトの取り付けも可能。動画撮影などの撮影をお楽しみいただけます。

・「LF800-N」
 --¥27,800-[税抜] / ¥30,024-[税込]
 --JANコード:456212143 779 1

・「LF1100-W」
 --\26,800-[税抜] / \28,944-[税込]
 --JANコード:456212143 765 4

・「LF1400-S」
 --¥28,800-[税抜] / ¥31,104-[税込]
 --JANコード:456212143 766 1

・「LF1000-S」
 --\26,800-[税抜] / \28,944-[税込]
 --JANコード:456212143 764 7

・「LE700-W Type2」
 --\16,800-[税抜] / \18,144-[税込]
 --JANコード:456212143 712 8

・「LE700-S Type2」
 --\16,800-[税抜] / \18,144-[税込]
 --JANコード:456212143 711 1

・「LE350 Type2」
 --\12,800-[税抜] / \13,824-[税込]
 --JANコード:456212143 742 5


画像左から
「LF800-N」
「LF1100-W」
「LF1400-S」
「LF1000-S」
「LE700-W」
「LE700-S」
「LE350」


(*1)
カメラ/防水プロテクターの詳細に付きましては、オリンパス株式会社にお問い合わせください。
なお、弊社では日本仕様のカメラ/防水プロテクターに基づいて製品の適合性検証を行っています。

(*2)
「D-2000」/「S-2000」ストロボの【S-TTLオート】は、『TG-5』のカメラ内蔵フラッシュ設定が“強制発光(自動調光)”設定時にのみ対応可能です。
なお、弊社ストロボはオリンパス社の“ワイヤレスRCフラッシュシステム”には対応しておりません。

(*3)
防水プロテクター「PT-058」には、“水中光ファイバーケーブル”を取り付けるための部品「光ケーブルアダプター PFCA-03」が付属します。
弊社「L型光Dケーブル・2穴ゴムブッシュセット」類は、「光ケーブルアダプター PFCA-03」に直接接続できます。



『TG-5』/「PT-058」(*1)でのレンズシステムへの対応について

防水プロテクター「PT-058」に、「ステップアップリング52-67」を装着することで、各種コンバージョンレンズを直接装着できます。(*4)

・「ステップアップリング 52-67」
 --\1,500-[税別] / \1,620-[税込]
 --JANコード:456212143 782 1


「PT-058」に「ステップアップリング52-67」を取り付ける

広い範囲が撮影できるようになる“ワイドコンバージョンレンズ”は「UWL-H100 28M67 Type2」(*5)(*6)が対応。
更に、専用オプション「ドームレンズユニットII for UWL-H100」(*5)を追加装着することで、超広角の『セミフィッシュアイ撮影』ができます。

・ワイドコンバージョンレンズ「UWL-H100 28M67 Type2」(*5)(*6)
 --\38,000-[税別] / \41,040-[税込]
 --JANコード:456212143 633 6

・「ドームレンズユニットII for UWL-H100」(*5)
 --\32,600-[税別] / \35,208-[税込]
 --JANコード:456212143 620 6

更に、小さな魚の目線で水中世界を表現できる“水中マイクロ魚眼レンズ”「UFL-M150 ZM80」(*7)が対応します。
本レンズを使用することでしか得られない、独特の撮影表現が楽しめます。

・水中マイクロ魚眼レンズ「UFL-M150 ZM80」(*7)
 --\23,000-[税別] / \24,840-[税込]
 --JANコード:456212143 621 3


「UWL-H100 28M67 Type2」装着例(画像左)
「ドームレンズユニットII for UWL-H100」装着例(画像中央)
「UFL-M150 ZM80」装着例(画像右)


(*4)
クローズアップレンズは対応外となります。『TG-5』には先進のマクロシステム「顕微鏡モード」が搭載されており、ズームテレ端時に、クローズアップレンズを使用せずとも被写体に接近して拡大撮影ができるためです。

(*5)
カメラ設定ライブコントロール内、「アクセサリー」項のコンバージョンレンズ設定を「PTWC-01」に設定した際などの、カメラの焦点距離(ズーム位置)を28mm(35mmフィルム換算)に指定した場合のみ使用可能です。
「UWL-H100 28M67 Type2」、あるいは「UWL-H100 28M67 Type2」+「ドームレンズユニットII for UWL-H100」は、カメラの焦点距離(ズーム位置)を28mm(35mmフィルム換算)に指定した際に、最良の画質を得られるように設計されています。

(*6)
陸上使用時には、ズームワイド端で得られる画像四隅がケラれます。撮影後、ケラレをクロップするか、テレ側に少しズームしてご使用下さい。

(*7)
取り付けには、別途「M27-M67マウント変換リング for UFL-M150 ZM80」が必要です。



『TG-5』/「PT-058」(*1)でのアームシステムへの対応について

・「グリップベースD4」
 --\8,000-[税抜] / \8,640-[税込]
 --JANコード:456212143 430 1

・「グリップベースM1」
 --\12,000-[税別] / \12,960-[税込]
 --JANコード : 456212143 605 3

・「Dホルダー」
 --\4,000-[税別] / \4,320-[税込]
 --JANコード:456212143 431 8

・「シューベース」
 --\3,500-[税別] / \3,780-[税込]
 --JANコード:456212143 356 4


「グリップベースD4」装着例(画像左)
「グリップベースM1」装着例(画像右)

“SPS(スライドプレートシステム)”を搭載し、80機種を超える防水プロテクターへ直接装着が可能な「グリップベースD4」や、マイクロフォーサーズシステム規格などのデジタル一眼カメラ用、中型プロテクターに対応する「グリップベースM1」が対応可能。
ストロボやライトの取り付けは、イノンの豊富なアームシステム製品が対応。「Dホルダー」を増設して、ストロボを左右に取り付けた多灯システムを構築することも簡単です。

コンパクトなライトアームの「シューベース」は、防水プロテクター上部のアクセサリー取り付け部に直接取り付けできます。



『TG-5』/「PT-058」組合せ構成例


・オリンパス社「TG-5」 + オリンパス社「PT-058」
・「LF1100-W」
・「シングルライトホルダー・LF」
・「シューベース」



・オリンパス社「TG-5」 + オリンパス社「PT-058」
・「ステップアップリング52-67」
・「UWL-H100 28M67 Type2」
・「S-2000」(S-2000付属の“-0.5白拡散板 for S-2000”相当品を装着済)
・「L型光Dケーブル・2穴ゴムブッシュセット」
・「グリップベースD4」
・「ダイレクトベースIII」
・「クランプIII」×2
・「カーボン伸縮アームSSボディ」
・「ZアダプターMV」



・オリンパス社「TG-5」 + オリンパス社「PT-058」
・「ステップアップリング52-67」
・「UWL-H100 28M67 Type2」
・「ドームレンズユニットII for UWL-H100」
・「S-2000」(S-2000付属の“-0.5白拡散板 for S-2000”相当品を装着済) ×2
・「L型光Dケーブル・2穴ゴムブッシュセット」×2
・「グリップベースM1」
・「Dホルダー」
・「ZアダプターII」 ×2
・「クランプIII」 ×4
・「カーボン伸縮アームSSボディ」 ×2
・「メガフロートチューブS」 ×2
・「ZアダプターMV」 ×2



製品関連ページ

●イノン公式ブログ『プロジェクトイノン〜本物への挑戦〜』関連記事
 【外部サイトへのリンクとなります】

・光接続S-TTL自動調光システム
  〜S-TTLを活用するためのハウジング選び〜
 http://inon.blog94.fc2.com/blog-entry-6.html

・簡単、確実、S-TTLオートストロボ
  〜デジタル完全対応、新開発TTLシステム〜
 http://inon.blog94.fc2.com/blog-entry-5.html

●イノン公式ホームページ内関連記事

・「水中“S-TTL”オートストロボ『S-2000』
 http://www.inon.co.jp/products/strobe/s2000/top.html
・「水中“S-TTL”オートストロボ『D-2000』」
 http://www.inon.co.jp/products/strobe/d2000/top.html

・「防水LEDハンドライト『LF800-N』」
・「防水LEDハンドライト『LF1100-W』」
・「水中LEDハンドライト『LF1400-S』」
・「防水LEDハンドライト『LE1000-S』」
・「水中LEDハンドライト『LE700-W』」
・「水中LEDハンドライト『LE700-S』」
・「防水LEDハンドライト『LE350』」
 http://www.inon.co.jp/products/le_light/lineup.html

・「28M67マウントシリーズワイドコンバージョンレンズ『UWL-H100 28M67 Type1』/『UWL-H100 28M67 Type2』」
 http://www.inon.co.jp/products/lens/uwlh10028m67/top.html
・ UWL-H100専用広角化オプション「ドームレンズユニット II for UWL-H100」
 http://www.inon.co.jp/products/lens/domelensunit2_uwlh100/top.html

・「水中マイクロ魚眼レンズ『UFL-M150 ZM80』」
 http://www.inon.co.jp/products/lens/uflm150zm80/top.html

・「グリップベースD4」
 http://www.inon.co.jp/products/armsystem/base.html#gripbase
・「グリップベースM1」
 http://www.inon.co.jp/products/armsystem/base.html#gripbaseM1
・「シューベース」
 http://www.inon.co.jp/products/armsystem/base.html#shoebase




以上、どうぞ宜しくお願いいたします。


2017年6月30日

有限会社イノン







投稿時間:17/05/12(Fri) 14:10
タイトル:『Z-240』生産終了のお知らせ

ご好評いただいております、ハイエンドストロボ『Z-240』について
販売終了とさせていただきますこと、お知らせいたします。


・『Z-240 Type4』
 --\60,800-[税抜] / \65,664-[税込]
 --JANコード:456212143 251 2



「Z-240 Type4」



以降は、販売店様の在庫分のみの販売となります。

なお、弊社では「Z-240」の後継ストロボを、ご期待に沿えるべく鋭意開発中です。
発売確定次第、本ホームページ上で発表させていただきます。


今後とも弊社製品ご愛顧のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

2017年5月12日

有限会社イノン







投稿時間:17/04/21(Fri) 14:50
タイトル:『LF2700-W』生産終了のお知らせ

水中LEDハンドライト『LF2700-W』について、『2017年4月末』をもちまして販売終了とさせていただきますこと、お知らせいたします。


・「LF2700-W」
 --2017年4月29日(土)以降出荷終了
 --¥32,800-[税抜] / ¥35,424-[税込]
 --JANコード:456212143 783 8



「LF2700-W」


以降は、各販売店様の店頭在庫分のみの販売とさせていただきますこと、何卒ご了承ください。

なお、弊社では、「LF2700-W」の後継機種として、大光量3100ルーメン、12段階調光機能搭載、超ワイドビームの「LF3100-EW」を鋭意開発中です。詳細確定次第、本ホームページ上にて発表いたします。どうぞご期待ください。


以上、今後とも弊社製品をどうぞよろしくお願いいたします。


2017年4月21日

有限会社イノン







投稿時間:17/03/24(Fri) 17:50
タイトル:オリンパスE-M1 Mark II/PT-EP14への対応について

オリンパスのデジタル一眼カメラ『E-M1 Mark II』(*1) 用防水プロテクター「PT-EP14」(*1) との組み合わせにつき、弊社製品との対応状況が確認できましたのでお知らせいたします。

(*1)
カメラ/防水プロテクターの詳細に付きましては、オリンパス株式会社にお問い合わせください。
なお、弊社では日本仕様のカメラ/防水プロテクターに基づいて製品の適合性検証を行っています。



『E-M1 Mark II』/「PT-EP14」(*1) レンズ対応について


『M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ』への対応について

防水プロテクター「PT-EP14」用防水レンズポート「PPO-EP01」に、マクロレンズアダプター「PMLA-EP01」を装着することで、イノン『M67マウントシリーズ』各種レンズが対応いたします。(*1)


「PPO-EP01」ポート等構成図(画像左)
「PPO-EP01」ポート等を取り付けした状態(画像右)

・水中クローズアップレンズ「UCL-67 M67」
 --出荷中
 --\39,800-[税別] / \42,984-[税込]
 --JANコード: 456212143 837 8

・クローズアップレンズ「UCL-165M67」(*2)
 --出荷中
 --\13,000-[税別] / \14,040-[税込]
 --JANコード:456212143 162 1

・クローズアップレンズ「UCL-330」(*2)
 --出荷中
 --\13,000-[税別] / \14,040-[税込]
 --JANコード:456212143 156 0

・水中マイクロ魚眼レンズ「UFL-M150 ZM80」(*3)(*4)
 --出荷中
 --\23,000-[税別] / \24,840-[税込]
 --JANコード:456212143 621 3


左から
「UCL-67 M67」装着例
「UCL-165M67」装着例
「UCL-330」装着例
「UFL-M150 ZM80」装着例

(*1)
カメラに組み合わせるレンズの仕様上、ワイドコンバージョンレンズには対応しておりません。

(*2)
陸上および水中使用時において、ズームワイド端からズーム中間域の間で画像の四隅がケラレます。
ケラレがなくなるまでテレ側にズームしてご使用ください。

(*3)
「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ」と組み合わせた場合にのみ対応可能。
それ以外のレンズでは対応いたしません。

(*4)
取り付けには、別途「M27-M67マウント変換リング for UFL-M150 ZM80」が必要です。


『M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro』への対応について

防水プロテクター「PT-EP14」用防水レンズポート「PPO-EP03」の前面に備わっている67mmネジ径のレンズリングに直接、あるいは、防水レンズポート「PPO-EP01」に、マクロレンズアダプター「PMLA-EP01」を装着することで、イノン『M67マウントシリーズ』各種レンズが対応いたします。


「PPO-EP03」ポート構成図(画像左)
「PPO-EP03」ポートを取り付けした状態(画像右)

・水中クローズアップレンズ「UCL-67 M67」
 --出荷中
 --\39,800-[税別] / \42,984-[税込]
 --JANコード: 456212143 837 8

・クローズアップレンズ「UCL-165M67」
 --出荷中
 --\13,000-[税別] / \14,040-[税込]
 --JANコード:456212143 162 1

・クローズアップレンズ「UCL-330」
 --出荷中
 --\13,000-[税別] / \14,040-[税込]
 --JANコード:456212143 156 0


左から
「UCL-67 M67」装着例
「UCL-165M67」装着例
「UCL-330」装着例


『M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO』への対応について

防水プロテクター「PT-EP14」に、防水レンズポート「ドームポートEP02 for オリンパス」(*5)(*6)を装着することで、「M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO」が対応可能となります。


ポート構成図(画像左)
ポートを取り付けした状態(画像右)

・「ドームポートEP02 for オリンパス」(*5)(*6)
 --出荷中
 --\64,000-[税別] / \69,120-[税込]
 --JANコード:456212143 827 9

(*5)
ハウジング内部からのフラッシュの写りこみを抑制するため、オリンパス社製遮光リング「POSR-EP10」を、別途『M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO』に装着してください。

(*6)
『M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO』レンズをマニュアルフォーカスにて使用する際には、オリンパス社製フォーカスギア「PPZR-EP05」が別途必要となります。


フォーサーズ規格レンズ『ZUIKO DIGITAL ED 8mm F3.5 Fisheye』への対応について

デジタル一眼カメラ『E-M1 Mark II』にフォーサーズアダプター「MMF-3」を取り付け、防水プロテクター「PT-EP14」に防水ポートアダプター「PAD-EP08」と防水延長リング「PER-E01」を装着。弊社「ドームポート for オリンパス」を組み合わせることで対応可能となります。


ポート等構成図(画像左)
ポート等を取り付けした状態(画像右)

・「ドームポート for オリンパス[単体]」
 --出荷中
 --\58,000-[税別] / \62,640-[税込]
 --JANコード: 456212143 829 3

・「ドームポート・プロテクターUセット for オリンパス」 (*7)
 --出荷中
 --\69,000-[税別] / \74,520-[税込]
 --JANコード: 456212143 828 6

・「プロテクターU」
 --出荷中
 --\12,000-[税別] / \12,960-[税込]
 --JANコード: 456212143 025 9

・「遮光スポンジD80」 (*8)
 --出荷中
 --\1,200-[税別] / \1,296-[税込]
 --JANコード: 456212143 666 4

(*7)
ドームポートのレンズ面を、岩などの意図せぬ接触より保護する「プロテクターU」(\12,000-[税別] / \12,960-[税込])とのセットです。
逆光時などの撮影時にフレア/ゴーストを抑制する“遮光フード”の機能も併せ持っており、常に装着してのご使用をお勧めいたします。

(*8)
『E-M1 Mark II』/「PT-EP14」において「ZUIKO DIGITAL ED 8mm F3.5 Fisheye」を使用する際に必要となる遮光スポンジです。「ドームポート for オリンパス」/「ドームポート・プロテクターUセット for オリンパス」の特定部位に貼り付けて、カメラ側フラッシュを遮光し、フラッシュ光の写りこみを抑制します。


フォーサーズ規格『ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro』への対応について

デジタル一眼カメラ『E-M1 Mark II』にフォーサーズアダプター「MMF-3」を取り付け、防水プロテクター「PT-EP14」に防水ポートアダプター「PAD-EP08」と防水延長リング「PER-E01」を装着。弊社「MRS50ポート for オリンパス」を組み合わせることで対応可能となります(*9)。

「MRS50ポート for オリンパス」は、磁石の引き合う力を利用し、陸上同様にレンズ筒部を回転させてのピント合わせが可能となる、イノン独自の"MRSシステム(*13)"を採用。原理的にギヤを使っていないので、軽いトルクで極めてスムーズなピント合わせが可能です。


ポート等構成図(画像左)
ポート等を取り付けした状態(画像右)

・「MRS50ポート(操作リングなし) for オリンパス」(*9)(*10)
 --出荷中
 --\27,000-[税別] / \29,160-[税込]
 --JANコード: 456212143 831 6

・「MRS50ポート for オリンパス」(*9)(*11)
 --出荷中
 --\39,000-[税別] / \42,120-[税込]
 --JANコード: 456212143 830 9

・「磁石リング50セット for オリンパス」 (*12)
 --出荷中
 --\17,000-[税別] / \18,360-[税込]
 --JANコード: 456212143 832 3

(*9)
「テレコンバーター EC-14」を使用する場合、防水延長リング「PER-E01」が1つ追加で必要となります。

(*10)
“オートフォーカス”のみをご使用の方向けに、レンズのフォーカスリングを操作する部分を省いた製品です。
別途『MRS操作磁石リング(60/100UU/オリンパス50)』(\12,000-[税抜] / \12,600-[税込])を追加する事で、「MRSオリンパス50ポート」相当にアップグレードも可能です。

(*11)
実際にマニュアルフォーカスを行うためには、50mmマクロレンズ側に装着する『磁石リング・オリンパス50セット』(\17,000-[税抜] / \18,360-[税込])が別途必要となります。

(*12)
本製品をレンズに取り付けたまま、カメラを防水プロテクターに装填することはできません。本製品を取り付けていない、カメラ+レンズの状態で防水プロテクターに装填し、次に本製品を防水プロテクター前面より取り付け、最後にポート類を防水プロテクターに取り付けます。

(*13)
日本(3714742)、及び米国(5,822,622)にて特許取得済み。


「MRS50ポート for オリンパス」の前面に備わっている67mmネジ径のレンズリングに直接、イノン『M67マウントシリーズ』各種レンズが取り付け可能です。

・水中クローズアップレンズ「UCL-67 M67」
 --出荷中
 --\39,800-[税別] / \42,984-[税込]
 --JANコード: 456212143 837 8

・クローズアップレンズ「UCL-165M67」
 --出荷中
 --\13,000-[税別] / \14,040-[税込]
 --JANコード:456212143 162 1

・クローズアップレンズ「UCL-330」
 --出荷中
 --\13,000-[税別] / \14,040-[税込]
 --JANコード:456212143 156 0


左から
「UCL-67 M67」装着例
「UCL-165M67」装着例
「UCL-330」装着例



『E-M1 Mark II』/「PT-EP14」(*1) での外部ストロボへの対応について

弊社光接続ケーブルの「L型光Dケーブル・2穴ゴムブッシュセット」類を使って、イノン「Z-240」/「D-2000」/「S-2000」を接続すれば、高精度の“S-TTLオート”が問題なく動作します(*14)(*15)(*16)。

・「S-2000」(*14)(*15)
 --出荷中
 --\38,000-[税別] / \41,040-[税込]
 --JANコード:456212143 417 2

・「D-2000 Type4」(*14)(*15)
 --出荷中
 --¥49,800-[税別] / \53,784-[税込]
 --JANコード:456212143 211 6

・「Z-240 Type4」(*14)(*15)
 --出荷中
 --¥60,800-[税別] / \65,664-[税込]
 --JANコード:456212143 251 2


「S-2000」(画像左)
「D-2000」(画像中央)
「Z-240」(画像右)

対応光接続ケーブル

・「L型光Dケーブル・2穴ゴムブッシュセット」
 --出荷中
 --\6,360-[税別] / \6,868-[税込]
 --JANコード:456212143 561 2

・「L型光DケーブルL・2穴ゴムブッシュセット」
 --出荷中
 --\6,660-[税別] / \7,192-[税込]
 --JANコード:456212143 562 9

・「L型光DケーブルSS・2穴ゴムブッシュセット」
 --出荷中
 --\5,360-[税別] / \5,788-[税込]
 --JANコード:456212143 563 6

・「L型光DケーブルLL・2穴ゴムブッシュセット」
 --出荷中
 --\7,160-[税別] / \7,732-[税込]
 --JANコード:456212143 564 3

・「L型ゴムブッシュ」
 --¥700-[税別] / ¥756-[税込]
 --JANコード:456212143 784 5


「光ファイバー用・2穴ゴムブッシュ」に光ケーブル類をセットした状態

(*14)
「S-2000」/「Z-240」/「D-2000」ストロボの【S-TTLオート】は、『E-M1 Mark II』のカメラ側フラッシュ設定が“強制発光(自動調光)”設定時にのみ対応可能です。
なお、弊社ストロボはオリンパス社の“ワイヤレスRCフラッシュシステム”には対応しておりません。

(*15)
「S-2000」/「Z-240」/「D-2000」を【マニュアル発光】及び【外部オート】にて使用する場合、「S-2000」/「Z-240」/「D-2000」各ストロボのアドバンスドキャンセル回路をOFFにし、且つ、カメラ側フラッシュを“マニュアル発光”に設定して下さい。
カメラ側フラッシュが“強制発光(自動調光)”に設定されている場合、「S-2000」/「Z-240」/「D-2000」の【マニュアル発光】では-1.5EV.を超える発光量で、【外部オート】(D-2000/Z-240)では実際の発光量が-1.5EV.を超えるような状況で、それぞれ使用することができません。

(*16)
防水プロテクター「PT-EP14」には、オリンパス純正の“水中光ファイバーケーブル”を取り付けるための差込口、“光ファイバーケーブル差込口”があります。
弊社「L型光Dケーブル・2穴ゴムブッシュセット」類は、“光ファイバーケーブル差込口”に直接接続できます。


また、充実したラインナップを誇るイノンLEDライト群、「LF2700-W」/「LF800-N」/「LF1100-W」/「LF1400-S」/「LF1000-S」/「LE700-W」/「LE700-S」/「LE350」を組み合わせることで、水中4K動画撮影などの、より多彩な映像表現が可能となります。

・「LF2700-W」
 --¥32,800-[税抜] / ¥35,424-[税込]
 --JANコード:456212143 783 8

・「LF800-N」
 --¥27,800-[税抜] / ¥30,024-[税込]
 --JANコード:456212143 779 1

・「LF1100-W」
 --¥26,800-[税抜] / ¥28,944-[税込]
 --JANコード:456212143 765 4

・「LF1400-S」
 --¥28,800-[税抜] / ¥31,104-[税込]
 --JANコード:456212143 766 1

・「LF1000-S」
 --¥26,800-[税抜] / ¥28,944-[税込]
 --JANコード:456212143 764 7

・「LE700-W」
 --¥16,800-[税抜] / ¥18,144-[税込]
 --JANコード:456212143 712 8

・「LE700-S」
 --¥16,800-[税抜] / ¥18,144-[税込]
 --JANコード:456212143 711 1

・「LE350」
 --¥12,800-[税抜] / ¥13,824-[税込]
 --JANコード:456212143 742 5


画像左から
「LF2700-W」
「LF800-N」
「LF1100-W」
「LF1400-S」
「LF1000-S」
「LE700-W」
「LE700-S」
「LE350」



『E-M1 Mark II』/「PT-EP14」(*1) でのアームシステムへの対応について

・「グリップベースM1」
 --出荷中
 --\12,000-[税別] / \12,960-[税込]
 --JANコード : 456212143 605 3

・「Dホルダー」
 --出荷中
 --\4,000-[税別] / \4,320-[税込]
 --JANコード:456212143 431 8

・「シューベース」
 --出荷中
 --\3,500-[税別] / \3,780-[税込]
 --JANコード:456212143 356 4

・「グリップベースD4」(*17)
 --出荷中
 --\8,000-[税別] / \8,640-[税込]
 --JANコード:456212143 430 1


グリップベースM1 装着例(画像左)
グリップベースM1、Dホルダー装着例(画像右)

「グリップベースM1」は、アーム機能を兼ね備えたベースです。
アンダーウォーターハウジングへは2本のカメラ固定ネジで確実に固定。
ベースの底面に備わった脚が、アンダーウォーターハウジングを置いた際の安定性を高めています。
ストロボやライトの取り付けは、「グリップベースD4」同様に、イノンの豊富なアームシステム製品が対応。
「Dホルダー」を増設して、ストロボを左右に取り付けた多灯システムを構築することも簡単です。

コンパクトなライトアームの「シューベース」は、防水プロテクター上部のアクセサリー取り付け部に直接取り付けできます。

(*17)
「グリップベースD4」のホルダー部は、左手側のみにセットしてください。
右手側にセットした場合、ホルダー部と防水プロテクターの間がとても狭くなりますので、防水プロテクターを直接握ることができません。



『E-M1 Mark II』/「PT-EP14」組合せ構成例


・オリンパス社「E-M1 Mark II」+オリンパス社「M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro」
・オリンパス社「PT-EP14」+オリンパス社防水レンズポート「PPO-EP03」
・「UCL-67 M67」
・「S-2000」(付属の“-0.5白拡散板 for S-2000”相当品を装着済)
・「L型光Dケーブル・2穴ゴムブッシュセット」
・「グリップベースM1」
・「ZアダプターII」
・「カーボン伸縮アームSSボディ」
・「クランプIII」×2
・「ZアダプターMV」



・オリンパス社「E-M1 Mark II」+オリンパス社「M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO」
・オリンパス社「PT-EP14」
・「ドームポートEP02 for オリンパス」
・「Z-240ストロボ」×2
・「外部オート非対応-0.5[4600K]拡散板2」×2
・「LF1100-W」(付属の“ワイドフィルター・LF-W”を装着済)
・「シングルライトホルダー・LF」
・「シューベース」
・「L型光DケーブルL・2穴ゴムブッシュセット」
・「L型光DケーブルL」
・「グリップベースM1」
・「Dホルダー」
・「ZアダプターII」×2
・「カーボン伸縮アームSボディ」×2
・「フロートチューブS」×2
・「クランプIII」×4
・「ZアダプターMV」×2



『E-M1 Mark II』/「PT-EP14」撮影例


 --被写体      :トウカイナガダルマガレイ
 --撮影機材     :オリンパス E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
            / PT-EP14 + PPO-EP03、Z-240ストロボ×2灯
 --撮影パラメータ  :マニュアル(F10.0、1/250、ISO200)、Z-240(マニュアル発光)
 --撮影者/撮影地  :服部亮@INON/大瀬崎湾内



 --被写体      :ダンゴウオ
 --撮影機材     :オリンパス E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
            / PT-EP14 + PPO-EP03、UCL-67 M67、Z-240ストロボ×2灯
 --撮影パラメータ  :マニュアル(F16.0、1/15、ISO1600)、Z-240(マニュアル発光)
 --撮影者/撮影地  :服部亮@INON/宮川湾カサゴ根



 --被写体      :シズミイソコケギンポ
 --撮影機材     :オリンパス E-M1 Mark II +M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
            / PT-EP14 + PPO-EP03、UCL-67 M67、Z-240ストロボ×2灯
 --撮影パラメータ  :マニュアル(F5.0、1/80、ISO800)、Z-240(S-TTL発光)
 --撮影者/撮影地  :服部亮@INON/宮川湾カサゴ根



 --被写体/撮影距離 :オオモンカエルアンコウ
 --撮影機材     :オリンパス E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO
            / PT-EP14 + ドームポートEP02 for オリンパス、Z-240ストロボ×2灯
 --撮影パラメータ  :マニュアル(F18.0、1/60、ISO800)、Z-240(マニュアル発光)
 --撮影者/撮影地  :服部亮@INON/大瀬崎湾内



 --被写体/撮影距離 :ウスアカイソギンチャク
 --撮影機材     :オリンパス E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO
            / PT-EP14 + ドームポートEP02 for オリンパス、Z-240ストロボ×2灯
 --撮影パラメータ  :マニュアル(F13.0、1/250、ISO1600)、Z-240(マニュアル発光)
 --撮影者/撮影地  :服部亮@INON/宮川湾トビ根



 --被写体/撮影距離 :オオモンカエルアンコウ
 --撮影機材     :オリンパス E-M1 Mark II +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
            / PT-EP14 + PPO-EP01、PMLA-EP01、UFL-M150 ZM80、
            M27-M67マウント変換リング for UFL-M150 ZM80、Z-240ストロボ×2灯
 --撮影パラメータ  :ズームテレ端(50mm)、マニュアル(F22、1/100、ISO100)、Z-240(マニュアル発光)
 --撮影者/撮影地  :服部亮@INON/大瀬崎湾内



 --被写体      :スルガリュウグウウミウシ
 --撮影機材     :オリンパス E-M1 Mark II +M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
            / PT-EP14 + PPO-EP03、UCL-67 M67、S-2000ストロボ×2灯
 --撮影パラメータ  :・クローズアップレンズなし(画像左)
             マニュアル(F18.0、1/250、ISO800)、最短撮影距離、S-2000(S-TTL発光)
            ・UCL-67 M67クローズアップレンズ装着例(画像右)
             マニュアル(F18.0、1/250、ISO800)、最短撮影距離、S-2000(S-TTL発光)
 --撮影者/撮影地  :服部亮@INON/大瀬崎湾内



 --被写体      :コケギンポ
 --撮影機材     :オリンパス E-M1 Mark II + MMF-3 + ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro
            / PT-EP14 + PER-E01 + MRS50ポート for オリンパス
            + 磁石リング50セット for オリンパス、UCL-67 M67、S-2000ストロボ×2灯
 --撮影パラメータ  :・クローズアップレンズなし(画像左)
             マニュアル(F14.0、1/25、ISO800)、最短撮影距離、S-2000(S-TTL発光)
            ・UCL-67 M67クローズアップレンズ装着例(画像右)
             マニュアル(F14.0、1/25、ISO800)、最短撮影距離、S-2000(S-TTL発光)
 --撮影者/撮影地  :服部亮@INON/熱海横磯ビーチ



製品関連ページ

●イノン公式ブログ『プロジェクトイノン〜本物への挑戦〜』関連記事
 【外部サイトへのリンクとなります】

・光接続S-TTL自動調光システム
  〜S-TTLを活用するためのハウジング選び〜
 http://inon.blog94.fc2.com/blog-entry-6.html

・簡単、確実、S-TTLオートストロボ
  〜デジタル完全対応、新開発TTLシステム〜
 http://inon.blog94.fc2.com/blog-entry-5.html

●イノン公式ホームページ内関連記事

・「水中“S-TTL”オートストロボ『S-2000』
 http://www.inon.co.jp/products/strobe/s2000/top.html
・「水中“S-TTL”オートストロボ『D-2000』」
 http://www.inon.co.jp/products/strobe/d2000/top.html
・「水中“S-TTL”オートストロボ『Z-240』」
 http://www.inon.co.jp/products/strobe/z240/top.html


・「水中LEDハンドライト『LF2700-W』」
・「防水LEDハンドライト『LF800-N』」
・「防水LEDハンドライト『LF1100-W』」
・「水中LEDハンドライト『LF1400-S』」
・「防水LEDハンドライト『LF1000-S』」
・「水中LEDハンドライト『LE700-W』」
・「水中LEDハンドライト『LE700-S』」
・「防水LEDハンドライト『LE350』」
 http://www.inon.co.jp/products/le_light/lineup.html


・OLYMPUS E-SYSTEM 対応製品
 http://www.inon.co.jp/products/housing/e_system/top.html


・M67マウントシリーズ「クローズアップレンズ『 UCL-67 M67』」
 http://www.inon.co.jp/products/lens/ucl67m67/top.html
・M67マウントシリーズ「クローズアップレンズ『 UCL-165M67』」
 http://www.inon.co.jp/products/lens/ucl165m67/top.html
・M67マウントシリーズ「クローズアップレンズ『 UCL-330』」
 http://www.inon.co.jp/products/lens/ucl330/top.html

・「水中マイクロ魚眼レンズ『UFL-M150 ZM80』」
 http://www.inon.co.jp/products/lens/uflm150zm80/top.html


・「カーボン伸縮アームボディ」
 http://www.inon.co.jp/products/armsystem/arm.html#carbontelescopicarm
・「グリップベースM1」
 http://www.inon.co.jp/products/armsystem/base.html#gripbaseM1
・「シューベース」
 http://www.inon.co.jp/products/armsystem/base.html#shoebase



以上、どうぞ宜しくお願いいたします。


2017年3月24日

有限会社イノン







投稿時間:17/02/27(Mon) 12:00
タイトル:ソニーFDR-X3000R/HDR-AS300R対応、モニターハウジングの発売について

ソニー社のアクションカム『FDR-X3000R』(*1)/『HDR-AS300R』(*1)に付属のライブビューリモコン『RM-LVR3』(*1)を
SDマウントベース UWH1」(*2)に固定することで、水中で液晶モニターを使用することが可能になる(*3)、RM-LVR3専用のモニターハウジングを
『2017年3月1日(水)』に発売いたします。


・「モニターハウジング for LVR3」(*2)(*3)
 --2017年3月1日(水)発売
 --\23,000-[税別] / \24,840-[税込]
 --JANコード:456212143 841 5


「モニターハウジング for LVR3」正面(画像左)
「モニターハウジング for LVR3」付属の遮光フード装着時(画像中央)
「モニターハウジング for LVR3」背面(画像右)



「モニターハウジング for LVR3」、「SDマウントベース UWH1」、MPK-UWH1 / FDR-X3000R(HDR-AS300R) 装着例


(*1)
カメラ、ライブビューリモコンの詳細に付きましては、ソニーマーケティング株式会社にお問い合わせ下さい。
なお、弊社では日本仕様のカメラに基づいて製品の適合性検証を行っています。

(*2)
本製品は『SDマウントベース UWH1』に固定することで、水中使用が可能になるハウジングです。
『SDマウントベース UWH1』に固定しない状態では、カメラとライブビューリモコン間の距離が離れて通信が途絶えるため、
使用できません。

(*3)
電源ボタンのみ操作可能です。撮影スタート/ストップやカメラの設定変更は、カメラ側のボタンで行ってください。


以下のニュースバックナンバーも、合わせてご参考ください。

・ソニーFDR-X3000、HDR-AS300/MPK-UWH1対応製品の発売について(2016.10.21)
 http://www.inon.co.jp/cgis/news/wforum.cgi?no=468&reno=no&oya=468&mode




対応製品

・ソニー『FDR-X3000R』/『MPK-UWH1』+イノン「SDマウントベース UWH1」
・ソニー『HDR-AS300R』/『MPK-UWH1』+イノン「SDマウントベース UWH1」

 (*本製品はライブビューリモコンキットにのみ対応しています)




『モニターハウジング for LVR3』の主な特徴
 
・電源オン/オフのみ操作可能なシリンダー(円筒)形状のシンプルな60m防水ハウジング。

SDマウントベースUWH1に本製品を固定することで、水中で液晶モニターの使用が可能になります。

・液晶モニター用の遮光フードが付属しているので、明るい海中でも確実にモニター視認ができます。
 遮光フードが不要な場合は、取り外しが可能です。

・遮光フードのツバは360°回転するので、状況に合わせて遮光位置を変えることができます。

・フタ部にある取付マウントは、汎用性の高いねじ込み式のM52マウント。本製品付属の遮光フードの他、
 別売オプションの「ステップアップリング52-67」を介して、クローズアップレンズ「UCL-165M67」/「UCL-330」を装着すれば、
 液晶モニターを拡大して視認することができます。(*4)

  『モニターハウジング for LVR3』主な仕様

  -外径/全長(突起部を含まず):     φ80.2mm×36.1mm[付属の遮光フード装着時はφ80.2mm×71.8mm]
  -重量(ライブビューリモコンを含む): 207g(陸上) / 約65g(水中)[付属の遮光フード装着時は237g(陸上) / 約80g(水中)]
  -実用耐水深:            60m                    
  -本体材質 / 表面処理:        耐蝕アルミ合金 / 硬質黒アルマイト、PC 等
  -モニターガラス:           光学ガラス / 減反射コーティング

(*4)
「ステップアップリング52-67」を介して「UCL-165M67」を装着することで約15%程度、「UCL-330」では約8%程度、モニター像が拡大されます。
「UCL-165M67」より高倍率なクローズアップレンズではモニター画面四隅にケラレが生じます。




セッティング方法

<ライブビューリモコンのセット>

 本製品に挿し込んで、フタを締めるだけの簡単セッティング。



<SDマウントベース UWH1への取り付け>

 付属のキャップねじ2本で固定します。




組み合わせ構成例



・ ソニー社「FDR-X3000R(HDR-AS300R)」 + ソニー社「MPK-UWH1」
・「SDマウントベース UWH1」(付属の“変換プレート”を装着済)
・「UFL-G140 SD」
・「Dホルダー」(*右手側/左手側のいずれかに取り付け可能)
・「モニターハウジング for LVR3」




・ ソニー社「FDR-X3000R(HDR-AS300R)」 + ソニー社「MPK-UWH1」
・「SDマウントベース UWH1」(付属の“変換プレート”を装着済)
・「UFL-G140 SD」
・「Dホルダー」
・「ダイレクトベースYS RT」
・「シングルライトホルダー・LF」
・「LF2700-W」
・「モニターハウジング for LVR3」




・ ソニー社「FDR-X3000R(HDR-AS300R)」 + ソニー社「MPK-UWH1」
・「SDマウントベース UWH1」(付属の“変換プレート”を装着済)
・「UFL-G140 SD」
・「Dホルダー」
・「ダイレクトベースYS RT」
・「シングルライトホルダー・LF」
・「LF2700-W」
・「モニターハウジング for LVR3」(付属の遮光フードを装着)




・ ソニー社「FDR-X3000R(HDR-AS300R)」 + ソニー社「MPK-UWH1」
・「SDマウントベース UWH1」(付属の“変換プレート”を装着済)
・「UFL-G140 SD」
・「Dホルダー」
・「ダイレクトベースYS RT」
・「シングルライトホルダー・LF」
・「LF2700-W」
・「モニターハウジング for LVR3」
・「ステップアップリング52-67」
・「UCL-165M67」または「UCL-330」




製品関連ページ

●イノン公式ホームページ内関連記事

・「SDマウントベース UWH1」
 http://www.inon.co.jp/products/gopro/sony/uwh1.html

・「水中セミフィッシュアイコンバージョンレンズ 『UFL-G140 SD』」
 http://www.inon.co.jp/products/gopro/uflg140sd.html

・「水中ワイドクローズアップレンズ『UCL-G165 SD』」
 http://www.inon.co.jp/products/gopro/uclg165sd.html

・「Dホルダー」
 http://www.inon.co.jp/products/armsystem/base.html#dholder




*『ソニー』『アクションカム』は、「ソニー株式会社」「ソニーマーケティング株式会社」の商標または登録商標です。

*性能、価格等、予告なしに変更する場合があります。予めご了承ください。



以上、どうぞ宜しくお願いいたします。


2017年2月27日

有限会社イノン







投稿時間:17/02/02(Thu) 11:20
タイトル:超高倍率クローズアップレンズ「UCL-67 M67」/「UCL-67 LD」発売のご案内

焦点距離60mm〜100mmのフルサイズ用マクロレンズに最適化し、超高倍率でありながら
今までにない高画質と、ライティングしやすい長いワーキングディスタンスを実現した
水中専用設計のクローズアップレンズ2種、
ねじ込み式の『M67マウント』を採用した「UCL-67 M67」と、
バヨネット方式に着脱ロック機構をプラスした『28LDマウント』に対応する「UCL-67 LD」、
レンズ増設用のオプション製品等を発売いたします。


・水中クローズアップレンズ「UCL-67 M67」
 --2017年2月4日(土)発売
 --\39,800-[税別] / \42,984-[税込]
 --JANコード: 456212143 837 8

・水中クローズアップレンズ「UCL-67 LD」
 --2017年2月4日(土)発売
 --\39,800-[税別] / \42,984-[税込]
 --JANコード: 456212143 838 5

・「レンズアダプターリング for UCL-67」
 --2017年2月4日(土)発売
 --\2,500-[税別] / \2,700-[税込]
 --JANコード: 456212143 839 2

・「フリップ用M67ネジ環セット for UCL-67」
 --2017年3月発売
 --\3,500-[税別] / \3,780-[税込]
 --JANコード: 456212143 840 8




「UCL-67 M67」製品画像




「UCL-67 LD」製品画像




左画像:「レンズアダプターリング for UCL-67」製品
右画像:クローズアップレンズ「UCL-330」増設例




左画像:「フリップ用M67ネジ環セット for UCL-67」製品
右画像:「フリップ用M67ネジ環セット for UCL-67」取り付け例



製品の主な特徴

・レンズ構成は3群4枚。高屈折ガラスを使用することで、カメラレンズが大口径なフルサイズ用マクロレンズに対応し、
 超高倍率/高画質でありながらも、小型化を実現。もちろん、コンパクト/マイクロフォーサーズのデジタルカメラにも対応します。(*1)

・フルサイズ用100mmクラスのマクロレンズ使用時、最短距離での最大撮影倍率は2.76倍[面積比7.65倍]。(*2)
 水中焦点距離67mm、+15ディオプター相当の超高倍率クローズアップレンズです。

・水中専用設計とすることで、倍率に対して、従来の水中クローズアップレンズの概念を超えた高画質を追求しました。
 フォーカス全域において各収差を良好に補正しています。

・倍率に対して従来にはない、長いワーキングディスタンスを実現しています。フルサイズ用100mmクラスのマクロレンズ使用時、
 最短撮影距離でのワーキングディスタンスは、本レンズの被写体側レンズ面より52mm(ハウジングポート面より83.4mm)。(*2)
 コンパクトな外径と相まって、最短撮影距離でもライティングしやすいワーキングディスタンスを確保しています。

・レンズには色収差の低減に効果的なアクロマートレンズを採用し、レンズ全面に減反射コーティングを施して、光学系全体においてフレア/ゴーストを低減しています。

・本レンズの外周にあるネジ部へ、別売オプション「レンズアダプターリング for UCL-67」をねじ込む事で、イノンM67クローズアップレンズ(「UCL-165M67」/「UCL-330」)が
 増設可能。更なる高倍率撮影にも対応します。(*3)

・「UCL-67 M67」は取り付け部に、汎用性の高いねじ込み式の『M67マウント』を採用。

・「UCL-67 LD」は、取り付け部をバヨネット方式に着脱ロック機構をプラスした『28LDマウント』を採用。
 「28LDマウントベース」「LDレンズアダプターベース」への簡単、確実な取り付けを実現しています。

・マウント部を、別売オプション「フリップ用M67ネジ環セット for UCL-67」へ交換する事で、Nauticam社等のフリップへ、奥に挿し込んだ(ポートの防水ガラスに近づけた)状態で、レンズ本体を取付可能です。
 (*SAGA社等の、フリップ内径がφ57mm以下の小径なフリップには取付出来ません)
 (*お客様ご自身で、精密ドライバーを使ってマウント部の小ねじを緩め、マウントを取り外すことで交換が可能です)


『UCL-67 M67』(*4)
外径/全長:       φ70mm/37mm
重量[陸上/水中]:    340g/227g
マウント規格:      イノン M67マウント
実用耐水深:       60m
本体材質/表面処理:   耐蝕アルミ合金/硬質黒アルマイト
硝材/表面処理:     光学ガラス/減反射コーティング
レンズ構成:       3群4枚
焦点距離[水中](*5):   67mm

『UCL-67 LD』(*4)
外径/全長:       φ75.2mm/37mm
重量[陸上/水中]:    326g/217g
マウント規格:      イノン 28LDマウント
実用耐水深:       60m
本体材質/表面処理:   耐蝕アルミ合金/硬質黒アルマイト、ポリカーボネイト等
硝材/表面処理:     光学ガラス/減反射コーティング
レンズ構成:       3群4枚
焦点距離[水中](*5):   67mm

『レンズアダプターリング for UCL-67』
外径/全長:       φ71.2mm/15.6mm
重量[陸上]:       20g
増設側マウント規格:   イノン M67マウント
本体材質/表面処理:   耐蝕アルミ合金/硬質黒アルマイト

『フリップ用M67ネジ環セット for UCL-67』
外径/全長:       φ69mm/7.0mm
重量[陸上]:       18g
マウント規格:      M67スクリューマウント
本体材質/表面処理:   耐蝕アルミ合金/硬質黒アルマイト


(*1)
焦点距離が35mmフィルム換算で、60〜100mm近辺のズーム域で使用可能です。これよりワイド側のズーム域ではケラレが生じ、
逆にズームテレ側では、画質が大きく低下します。

(*2)
AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED装着時。

(*3)
より高倍率なイノン M67クローズアップレンズ「UCL-100M67」、または本レンズ「UCL-67 M67」は、画質低下が
顕著なため、増設に対応していません。

(*4)
本製品は水中専用設計です。陸上では倍率低下や画面周辺の歪み、ケラレ等が発生します。

(*5)
本レンズ単体の水中焦点距離。マスターレンズとの合成焦点距離を示すものではありません。



主な対応レンズ

・フルサイズ用60mm〜100mmクラスのマクロレンズ(*6)
・APS-C用40〜60mmクラスのマクロレンズ(*6)
・マイクロフォーサーズ用45mm〜60mmクラスのマクロレンズ(*6)、標準ズームレンズ(*1)
・光学ズーム倍率が、5倍程度までのコンパクトデジタルカメラ(*1)

(*6)
カメラのレンズとポートの防水ガラスの距離や、本レンズとポートの取付距離が極端に離れているハウジングシステムでは、
ケラレが生じる場合があります。




『UCL-67 M67』/『UCL-67 LD』組み合わせ構成例



「UCL-67 M67」装着例
イノン「X-2 for EOS6D」の、100mmマクロポート前面に直接装着




「UCL-67 LD」装着例
キヤノン社「PowerShot G7 X Mark II」/「WP-DC55」に、イノン「LDレンズアダプターベースDC54/55」を介して装着




「UCL-67 LD」装着例
富士フイルム社「XQ2」/「WP-XQ1」に、イノン「28LDマウントベース・XQ1」を介して装着



『UCL-67 M67』撮影例


 --被写体:     コケギンポ
 --撮影機材:    オリンパスE-M1 MarkII/PT-EP14、MRS50ポート、ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro、
           MRS50ポート for オリンパス、S-2000ストロボ×2灯
 --撮影パラメータ: ・ クローズアップレンズなし(画像左)
             マニュアル露出(F14、1/25、ISO800)、最短撮影距離、S-2000(S-TTLオート発光)
           ・ UCL-67 M67クローズアップレンズ装着例(画像右)
             マニュアル露出(F13、1/50、ISO800)、最短撮影距離、S-2000(S-TTLオート発光)
 --撮影者/撮影地: 服部亮@INON/熱海横磯ビーチ



 --被写体:     サンゴガニ
 --撮影機材:    ソニーDSC-RX100M5/MPK-URX100A、S-2000ストロボ×2灯
 --撮影パラメータ: ・ クローズアップレンズなし(画像左)
             絞り優先(F11、1/30、ISO320)、最短撮影距離、S-2000(S-TTLオート発光)
           ・ UCL-67 M67クローズアップレンズ装着例(画像右)
             絞り優先(F11、1/30、ISO320)、最短撮影距離、S-2000(S-TTLオート発光)
 --撮影者/撮影地: 服部亮@INON/串本マリンパーク前ビーチ



 --被写体:     ツノザヤウミウシ
 --撮影機材:    ニコンAF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED、他社製ハウジング、他社製ポート、
           S-2000ストロボ×2灯
 --撮影パラメータ: ・ クローズアップレンズなし(画像左)
             マニュアル露出(F32、1/250、ISO160)、最短撮影距離、S-2000(マニュアル発光)
           ・ UCL-67 M67クローズアップレンズ装着例(画像右)
             マニュアル露出(F32、1/250、ISO160)、最短撮影距離、S-2000(マニュアル発光)
 --撮影者/撮影地: 服部亮@INON/大瀬崎湾内



 --被写体:     アジアコショウダイ幼魚
 --撮影機材:    ニコンAF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED、他社製ハウジング、他社製ポート、
           S-2000ストロボ×2灯
 --撮影パラメータ: ・ クローズアップレンズなし(画像左)
             マニュアル露出(F18、1/250、ISO200)、最短撮影距離、S-2000(マニュアル発光)
           ・ UCL-67 M67クローズアップレンズ装着例(画像右)
             マニュアル露出(F36、1/250、ISO200)、最短撮影距離、S-2000(マニュアル発光)
 --撮影者/撮影地: 服部亮@INON/大瀬崎湾内



製品関連ページ

・「M67シリーズアタッチメントレンズ『クローズアップレンズ UCL-330』」
 http://www.inon.co.jp/products/lens/ucl330/top.html

・「M67シリーズアタッチメントレンズ『クローズアップレンズ UCL-165M67』」
 http://www.inon.co.jp/products/lens/ucl165m67/top.html

・レンズオプション
 http://www.inon.co.jp/products/lens/option.html




以上、どうぞ宜しくお願いいたします。


2017年2月2日

有限会社イノン







投稿時間:16/12/19(Mon) 15:10
タイトル:ソニーDSC-RX100シリーズ/MPK-URX100Aへの対応について

ソニー社のデジタルカメラ『DSC-RX100』(*1)、『DSC-RX100M2』(*1)、『DSC-RX100M3』(*1)、『DSC-RX100M4』(*1)、『DSC-RX100M5』(*1) と、純正アンダーウォーターハウジング「MPK-URX100A」(*1)の組み合わせにつき、弊社製品との対応状況が確認出来ましたのでお知らせいたします。


(*1)
カメラの詳細に付きましては、ソニーマーケティング株式会社にお問い合わせ下さい。
なお、弊社では日本仕様のカメラに基づいて製品の適合性検証を行っています。



レンズシステムへの対応について

アンダーウォーターハウジング「MPK-URX100A」のレンズ前面に備わっている67mmネジ径のレンズリングに、各種コンバージョンレンズを直接装着できます。
より広い範囲が撮影できるようになる“ワイドコンバージョンレンズ”は「UWL-H100 28M67 Type2」(*2)(*3)が対応。
更に、専用オプション「ドームレンズユニットII for UWL-H100」(*2)を追加装着することで、超広角の『セミフィッシュアイ撮影』ができます。

・ワイドコンバージョンレンズ「UWL-H100 28M67 Type2」(*2)(*3)
 --¥38,000-[税別] / ¥41,040-[税込]
 --JANコード:456212143 633 6

・「ドームレンズユニットII for UWL-H100」(*2)
 --¥32,600-[税別] / ¥35,208-[税込]
 --JANコード:456212143 620 6


「UWL-H100 28M67 Type2」装着例(画像左)
「ドームレンズユニットII for UWL-H100」装着例(画像右)


また、被写体により近づく事ができる“クローズアップレンズ”は、低倍率の『UCL-330』(*4)(*5)、高倍率の『UCL-165M67』(*4)(*5)が対応。
また、生産終了品の超高倍率・高画質の『UCL-100M67』(*4)(*5)も使用可能です。
さらに、小さな魚の目線で水中世界を表現できる“水中マイクロ魚眼レンズ”「UFL-M150 ZM80」(*5)(*6)(*7)が対応します。

・クローズアップレンズ「UCL-330」(*4)(*5)
 --出荷中
 --¥13,000-[税別] / ¥14,040-[税込]
 --JANコード:456212143 156 0

・クローズアップレンズ「UCL-165M67」(*4)(*5)
 --出荷中
 --¥13,000-[税別] / ¥14,040-[税込]
 --JANコード:456212143 162 1

・クローズアップレンズ「UCL-100M67」【生産終了品】(*4)(*5)

・「水中マイクロ魚眼レンズ『UFL-M150 ZM80』」(*5)(*6)(*7)
 --¥23,000-[税別] / ¥24,840-[税込]
 --JANコード:456212143 621 3



「UCL-330」装着例(画像左)
「UCL-165M67」装着例(画像中央)
「UFL-M150 ZM80」装着例(画像右)


(*2)
陸上および水中使用時、ズームワイド端で画面四隅がケラレます。撮影後にケラレをクロップするか、ケラレがなくなるまでテレ側にズームしてご使用ください。

(*3)
「UWL-H100 28M67 Type1」は対応不可となります。無理な装着を試みると、ワイドコンバージョンレンズ筒体がアンダーウォーターハウジングのレンズに干渉し、レンズが破損するおそれがあります。

(*4)
陸上および水中使用時、ズームワイド端からズーム中間域では、画像の四隅がケラレます。
ケラレがなくなるまでテレ側にズームしてご使用ください。

(*5)
本レンズを1個取り付けた場合、カメラシステムの水中重量がプラス浮力(浮いてしまう)になります。
安全のため、他のアクセサリーを構成に加えるなどで、適切な水中重量に調節を行って下さい。

(*6)
取り付けには、別途「M27-M67マウント変換リング for UFL-M150 ZM80」が必要です。

(*7)
『DSC-RX100M3』、『DSC-RX100M4』、『DSC-RX100M5』と組み合わせた際、カメラのズーム設定が「光学ズームのみ」の場合、ズーム位置をテレ側最望遠にしても画面四隅が大きくケラレます。
ケラレのない画像を撮影するには、カメラのズーム設定を「入:全画素超解像ズーム」にして、ケラレがなくなるまでテレ側にズームしてください。



外部ストロボ/LEDライトへの対応について

弊社光接続ケーブルの「L型光Dケーブル」類を使って、イノン「Z-240」/「D-2000」/「S-2000」を接続すれば、高精度の“S-TTLオート”が問題なく動作します。

・「S-2000」(*8)
 --¥38,000-[税別] / ¥41,040-[税込]
 --JANコード:456212143 417 2

・「D-2000 Type4」(*8)
 --¥49,800-[税別] / ¥53,784-[税込]
 --JANコード:456212143 211 6

・「Z-240 Type4」(*8)
 --¥60,800-[税別] / ¥65,664-[税込]
 --JANコード:456212143 251 2


「S-2000」(画像左)
「D-2000」(画像中央)
「Z-240」(画像右)


対応光接続ケーブル

・「L型光Dケーブル・2穴ゴムブッシュセット」
 --¥6,360-[税別] / ¥6,868-[税込]
 --JANコード:456212143 561 2

・「L型光DケーブルL・2穴ゴムブッシュセット」
 --¥6,660-[税別] / ¥7,192-[税込]
 --JANコード:456212143 562 9

・「L型光DケーブルSS・2穴ゴムブッシュセット」
 --¥5,360-[税別] / ¥5,788-[税込]
 --JANコード:456212143 563 6

・「L型光DケーブルLL・2穴ゴムブッシュセット」
 --¥7,160-[税別] / ¥7,732-[税込]
 --JANコード:456212143 564 3

・「L型ゴムブッシュ」
 --¥700-[税別] / ¥756-[税込]
 --JANコード:456212143 784 5


L型光Dケーブル・2穴ゴムブッシュセット装着例 『DSC-RX100』『DSC-RX100M2』(画像左)
L型光Dケーブル・2穴ゴムブッシュセット装着例 『DSC-RX100M3』『DSC-RX100M4』『DSC-RX100M5』(画像右)


また、充実したラインナップを誇るイノンLEDライト群、「LF2700-W」/「LF800-N」/「LF1100-W」/「LF1400-S」/「LF1000-S」/「LE700-W」/「LE700-S」/「LE350」を組み合わせることで、RX100シリーズの水中4K動画撮影など、より多彩な映像表現が可能となります。

・「LF2700-W」
 --¥32,800-[税抜] / ¥35,424-[税込]
 --JANコード:456212143 783 8

・「LF800-N」(*8)
 --¥27,800-[税抜] / ¥30,024-[税込]
 --JANコード:456212143 779 1

・「LF1100-W」(*8)
 --¥26,800-[税抜] / ¥28,944-[税込]
 --JANコード:456212143 765 4

・「LF1400-S」
 --¥28,800-[税抜] / ¥31,104-[税込]
 --JANコード:456212143 766 1

・「LF1000-S」(*8)
 --¥26,800-[税抜] / ¥28,944-[税込]
 --JANコード:456212143 764 7

・「LE700-W」(*8)
 --¥16,800-[税抜] / ¥18,144-[税込]
 --JANコード:456212143 712 8

・「LE700-S」(*8)
 --¥16,800-[税抜] / ¥18,144-[税込]
 --JANコード:456212143 711 1

・「LE350」(*8)
 --¥12,800-[税抜] / ¥13,824-[税込]
 --JANコード:456212143 742 5


画像左から
「LF2700-W」
「LF800-N」
「LF1100-W」
「LF1400-S」
「LF1000-S」
「LE700-W」
「LE700-S」
「LE350」


(*8)
アンダーウォーターハウジング上部のアクセサリーシューに、「シューベース」を介して、ストロボ/LEDライトを1灯だけ取り付けた場合、カメラシステムの水中重量がプラス浮力(浮いてしまう)になる場合があります。
安全のため、他のアクセサリーを構成に加えるなどで、適切な水中重量に調節を行って下さい。



アームシステムへの対応について

・「グリップベースM1」
 --出荷中
 --¥12,000-[税別] / ¥12,960-[税込]
 --JANコード : 456212143 605 3

・「Dホルダー」
 --出荷中
 --¥4,000-[税別] / ¥4,320-[税込]
 --JANコード:456212143 431 8

・「シューベース」
 --出荷中
 --¥3,500-[税別] / ¥3,780-[税込]
 --JANコード:456212143 356 4

・「グリップベースD4」(*9)
 --出荷中
 --¥8,000-[税別] / ¥8,640-[税込]
 --JANコード:456212143 430 1

「グリップベースM1」は、アーム機能を兼ね備えたベースです。
アンダーウォーターハウジングへは2本のカメラ固定ネジで確実に固定。
ベースの底面に備わった脚が、アンダーウォーターハウジングを置いた際の安定性を高めています。
ストロボやライトの取り付けは、「グリップベースD4」同様に、イノンの豊富なアームシステム製品が対応。
「Dホルダー」を増設して、ストロボを左右に取り付けた多灯システムを構築することも簡単です。

コンパクトなライトアームの「シューベース」は、アンダーウォーターハウジング上部のアクセサリー取り付け部に直接取り付けできます。


(*9)
「グリップベースD4」のホルダー部は、左手側のみにセットしてください。
右手側にセットした場合、ホルダー部とアンダーウォーターハウジングの間が狭くなり、アンダーウォーターハウジングのバックル開閉作業ができなくなります。



組み合わせ構成例


・ソニー社「DSC-RX100M5」 + ソニー社「MPK-URX100A」
・「UCL-330」
・「LF1100-W」
・「シングルライトホルダー・LF」
・「シューベース」



・ソニー社「DSC-RX100M5」 + ソニー社「MPK-URX100A」
・「UWL-H100 28M67 Type2」
・「S-2000」(S-2000付属の“-0.5白拡散板 for S-2000”相当品を装着済)
・「L型光Dケーブル・2穴ゴムブッシュセット」
・「グリップベースM1」
・「ダイレクトベースV」
・「カーボン伸縮アームSSボディ」
・「クランプV」×2
・「ZアダプターMV」



撮影例


 --被写体     :サンゴの群生
 --撮影機材    :ソニーDSC-RX100M5/MPK-URX100A、
           UWL-H100 28M67 Type2、ドームレンズユニットII for UWL-H100
 --撮影パラメータ :絞り優先(F9、1/50、ISO400)、ズームワイド側11.0mm(35mm換算30mm)
 --撮影者/撮影地 :服部亮@INON/串本マリンパーク前ビーチ



 --被写体     :オオモンカエルアンコウ
 --撮影機材    :ソニーDSC-RX100M5/MPK-URX100A、S-2000ストロボ×2灯、
           UWL-H100 28M67 Type2、ドームレンズユニットII for UWL-H100
 --撮影パラメータ :絞り優先(F10、1/80、ISO400)、S-2000(マニュアル発光)、
           ズームワイド側10.5mm(35mm換算29mm)
 --撮影者/撮影地 :服部亮@INON/大瀬崎湾内



 --被写体     :イロカエルアンコウ
 --撮影機材    :ソニーDSC-RX100M5/MPK-URX100A、S-2000ストロボ×2灯、UFL-M150 ZM80
 --撮影パラメータ :絞り優先(F11、1/80、ISO320)、S-2000(S-TTL発光)、
           ズームテレ端25.7mm(35mm換算70mm)、全画素超解像ズーム×1.2
 --撮影者/撮影地 :服部亮@INON/須江内浦ビーチ



 --被写体     :オニヒトデ
 --撮影機材    :ソニーDSC-RX100M5/MPK-URX100A、S-2000ストロボ×2灯、UFL-M150 ZM80
 --撮影パラメータ :絞り優先(F11、1/1250、ISO320)、S-2000(S-TTL発光)、
           ズームテレ端25.7mm(35mm換算70mm)、全画素超解像ズーム×1.2
 --撮影者/撮影地 :服部亮@INON/串本マリンバーク前ビーチ



製品関連ページ

●イノン公式ブログ『プロジェクトイノン〜本物への挑戦〜』関連記事
 【外部サイトへのリンクとなります】

・光接続S-TTL自動調光システム
  〜S-TTLを活用するためのハウジング選び〜
 http://inon.blog94.fc2.com/blog-entry-6.html

・簡単、確実、S-TTLオートストロボ
  〜デジタル完全対応、新開発TTLシステム〜
 http://inon.blog94.fc2.com/blog-entry-5.html

●イノン公式ホームページ内関連記事

・「28M67マウントシリーズワイドコンバージョンレンズ
  『UWL-H100 28M67 Type1』/『UWL-H100 28M67 Type2』」
 http://www.inon.co.jp/products/lens/uwlh10028m67/top.html
・「UWL-H100専用広角化オプション『ドームレンズユニット II for UWL-H100』」
 http://www.inon.co.jp/products/lens/domelensunit2_uwlh100/top.html

・「M67シリーズアタッチメントレンズ『クローズアップレンズ UCL-330』」
 http://www.inon.co.jp/products/lens/ucl330/top.html
・「M67シリーズアタッチメントレンズ『クローズアップレンズ UCL-165M67』」
 http://www.inon.co.jp/products/lens/ucl165m67/top.html

・「水中マイクロ魚眼レンズ『UFL-M150 ZM80』」
 http://www.inon.co.jp/products/lens/uflm150zm80/top.html


・「水中“S-TTL”オートストロボ『S-2000』」
 http://www.inon.co.jp/products/strobe/s2000/top.html
・「水中“S-TTL”オートストロボ『D-2000』」
 http://www.inon.co.jp/products/strobe/d2000/top.html
・「水中“S-TTL”オートストロボ『Z-240』」
 http://www.inon.co.jp/products/strobe/z240/top.html


・「水中LEDハンドライト『LF2700-W』」
・「防水LEDハンドライト『LF800-N』」
・「防水LEDハンドライト『LF1100-W』」
・「水中LEDハンドライト『LF1400-S』」
・「防水LEDハンドライト『LF1000-S』」
・「水中LEDハンドライト『LE700-W』」
・「水中LEDハンドライト『LE700-S』」
・「防水LEDハンドライト『LE350』」
 http://www.inon.co.jp/products/le_light/lineup.html

・「カーボン伸縮アームボディ」
 http://www.inon.co.jp/products/armsystem/arm.html#carbontelescopicarm

・「グリップベースM1」
 http://www.inon.co.jp/products/armsystem/base.html#gripbaseM1
・「グリップベースD4」
 http://www.inon.co.jp/products/armsystem/base.html#gripbase

・「シューベース」
 http://www.inon.co.jp/products/armsystem/base.html#shoebase



以上、どうぞ宜しくお願いいたします。


2016年12月19日

有限会社イノン







投稿時間:16/12/08(Thu) 15:50
タイトル:冬季休業について

誠に勝手ではございますが、冬季休暇として以下の期間を休業とさせていただきます。


・2016年12月29日(木)〜2017年1月4日(水)


お電話でのサポート等につきましては、2017年1月5日(木)以降のご対応となりますこと、ご了承ください。



以上、どうぞ宜しくお願いいたします。


2016年12月8日

有限会社イノン







投稿時間:16/11/15(Tue) 17:22
タイトル:ソニーMPK-UWH1対応製品のカメラ機種追加について

先日10月27日に発売を開始した、ソニー社アクションカムの純正アンダーウォーターハウジング
『MPK-UWH1』に対応する「SDマウントベース UWH1」について、ユーザー様のご依頼により、
下位カメラを手配の上、追加検証を行いましたのでお知らせします。(対応カメラが増えました)

■検証前
 「SDマウントベース UWH1」対応カメラ/ハウジング  → ソニー社『FDR-X3000』/『MPK-UWH1』

■検証後
 「SDマウントベース UWH1」対応カメラ/ハウジング  → ソニー社『FDR-X3000』/『MPK-UWH1』
                                 『HDR-AS300』/『MPK-UWH1』

*60m防水の純正アンダーウォーターハウジング『MPK-UWH1』は、両カメラの付属品です。
*後日「SDマウントベース UWH1」に装着可能な、ライブビューリモコン『RM-LVR3』用の
 防水ハウジング(電源操作のみ可)を発売予定です。発売日/価格は未定です。



これに伴い、下記ページの対応機種に『HDR-AS300』を追加させて頂きました。
詳細は、下記リンクページをご参照ください。

・【ニュース発表】ソニーFDR-X3000、HDR-AS300/MPK-UWH1対応製品の発売について
  http://www.inon.co.jp/cgis/news/wforum.cgi?no=468&reno=no&oya=468&mode=msg_view&page=0

・【製品ページ】SDマウントベース UWH1
  http://www.inon.co.jp/products/gopro/sony/uwh1.html



*『ソニー』『アクションカム』は、「ソニー株式会社」「ソニーマーケティング株式会社」の商標または登録商標です。


以上、どうぞ宜しくお願いいたします。


2016年11月15日

有限会社イノン







投稿時間:16/10/21(Fri) 16:10
タイトル:ソニーFDR-X3000、HDR-AS300/MPK-UWH1対応製品の発売について

ソニー社のアクションカム4Kモデル『FDR-X3000』(*1)と、フルHDモデル『HDR-AS300』(*1)に付属の、
純正アンダーウォーターハウジング『MPK-UWH1』(*1)に対応するオプション製品を
『2016年10月27日(木)』に発売いたします。


・「SDマウントベース UWH1」(*2)(*3)
 --2016年10月27日(木)発売
 --\8,800-[税別] / \9,504-[税込]
 --JANコード:456212143 836 1


「SDマウントベース UWH1」、変換プレート(付属品)



「SDマウントベース UWH1」、MPK-UWH1 / FDR-X3000(HDR-AS300) 装着例 (画像左)
「SDマウントベース UWH1」(画像右)


(*1)
カメラの詳細に付きましては、ソニーマーケティング株式会社にお問い合わせ下さい。
なお、弊社では日本仕様のカメラに基づいて製品の適合性検証を行っています。

(*2)
純正ハウジング「MPK-UWH1」は、下位機種『HDR-AS50』の収納にも対応していますが、
カメラレンズがFDR-X3000、HDR-AS300より上側にあると思われるため、アタッチメントレンズは対応しません。

(*3)
陸上では、アタッチメントレンズを使用しない状態でも、画角設定が広角モードの時、
画面四隅がケラれます。水中では、ケラレは生じません。



『SDマウントベース UWH1』の特徴
 
・ハウジング前面に嵌め込み、底部カメラネジで固定するだけの簡単取付設計。

・レンズマウント部は、バヨネット方式のイノンSDマウントを装備。
 対応するSDマウントレンズを、水中でもワンタッチで着脱可能。

・底部には、弊社「ダイレクトベースIII」「Zジョイント」「ZアダプターMV」が取り付け可能。

・付属の「変換プレート」を使って、本製品底部の右手側/左手側のいずれかに弊社「Dホルダー」を1個、取り付け可能。

・付属の「変換プレート」には、カメラ三脚ネジ穴(1/4インチ)があるので、一脚や三脚へ固定しての撮影も可能です。

・別売オプションの「オスアダプター」(税別\800)を底部に取り付けることにより、GoPro規格のマウント等が使用可能になります。

  『SDマウントベース UWH1』主な仕様
  -寸法(突起部を含む):    65.4mm(幅)×88.0mm(高さ)×83.6mm(奥行)
  -重量:           70g(陸上) / 約40g(水中)
  -本体材質 / 表面処理:    耐蝕アルミ合金 / 硬質黒アルマイト、POM 等



取付可能なアタッチメントレンズ、および撮影範囲

・水中セミフィッシュアイコンバージョンレンズ「UFL-G140 SD」(*4)(*5)(*6)
 --出荷中
 --\39,000-[税別] / \42,120-[税込]
 --JANコード:456212143 773 9
 --撮影範囲:レンズ前4cm〜∞

・水中ワイドクローズアップレンズ「UCL-G165 SD」(*4)(*5)(*7)
 --出荷中
 --\23,000-[税別] / \24,840-[税込]
 --JANコード:456212143 772 2
 --撮影範囲:レンズ前5cm〜35cm


 
 「SDマウントベース UWH1」「UFL-G140 SD」装着例 (画像左)
 「SDマウントベース UWH1」「UCL-G165 SD」装着例 (画像右)


(*4)
本レンズで動画を撮影の際は、手ブレ補正を“アクディブ”に設定して撮影して下さい。
“スタンダード”または“OFF”では僅かにケラレが生じます。
静止画を撮影の際は、手ブレ補正を“ON”に設定して撮影して下さい。

(*5)
手ブレ補正が上記設定になっていても、激しくカメラ本体を揺らした場合はケラレが生じます。

(*6)
本レンズは水中専用設計のレンズです。陸上での使用は想定されていませんのでご留意下さい。
(陸上では遠方の被写体にピントが合わず、また見かけ上の画角も狭くなり、ケラレが生じます)

(*7)
本レンズは水中専用設計のレンズです。陸上での使用は想定されていませんのでご留意下さい。
(陸上ではケラレが生じます)




  
  前面 / 底部



  
  「ダイレクトベースIII」/「 Zジョイント」/「ZアダプターMV」/「変換プレート(付属品)」/「オスアダプター(別売オプション)」装着例




組み合わせ構成例



・ ソニー社「FDR-X3000(HDR-AS300)」 + ソニー社「MPK-UWH1」
・「SDマウントベース UWH1」 + 変換プレート(本製品に付属)
・「UFL-G140 SD」
・「Dホルダー」(*右手側/左手側のいずれかに取り付け可能)




・ ソニー社「FDR-X3000(HDR-AS300)」 + ソニー社「MPK-UWH1」
・「SDマウントベース UWH1」 + 変換プレート(本製品に付属)
・「UFL-G140 SD」
・「Dホルダー」
・「ダイレクトベースYS RT」
・「シングルライトホルダー・LF」
・「LF2700-W」(付属の“ワイドフィルター・LF-W”を装着)




・ ソニー社「FDR-X3000(HDR-AS300)」 + ソニー社「MPK-UWH1」
・「SDマウントベース UWH1」 + 変換プレート(本製品に付属)
・「UFL-G140 SD」
・「Dホルダー」
・「スティックアームSSセットYS-MV」
・「シングルライトホルダー・LF」
・「LF2700-W」(付属の“ワイドフィルター・LF-W”を装着)
・「M5ジョイント」
・「ADレンズホルダー フロートアーム用」
・「UCL-G165 SD」




・ ソニー社「FDR-X3000(HDR-AS300)」 + ソニー社「MPK-UWH1」
・「SDマウントベース UWH1」
・「UFL-G140 SD」
・「ダイレクトベースIII」
・「クランプIII」
・「カーボン伸縮アームSボディ」




・ ソニー社「FDR-X3000(HDR-AS300)」 + ソニー社「MPK-UWH1」
・「SDマウントベース UWH1」 + 変換プレート(本製品に付属)
・「UFL-G140 SD」
・ 市販三脚




・ ソニー社「FDR-X3000(HDR-AS300)」 + ソニー社「MPK-UWH1」
・「SDマウントベース UWH1」
・「UFL-G140 SD」
・「ダイレクトベースIII」×2
・「クランプIII」
・「M6プレートダイレクトベースIII」
・「X-2 for EOS6D」、100mmマクロセット




撮影例

*FDR-X3000(HDR-AS300)単体の最短撮影距離より近づいて撮影しているため、左画像ではピンボケが生じていますが、
 本レンズを装着することで、レンズ前4cmからピントが合い、画角(写る範囲)が大幅に広がります。


画像左:アタッチメントレンズなし
画像右:水中セミフィッシュアイコンバージョンレンズ「UFL-G140 SD」装着時
 --被写体/撮影距離 オオモンカエルアンコウ/10cm
 --撮影機材     ソニーFDR-X3000 / MPK-UWH1、LF2700-W×1灯
 --撮影パラメータ  1080p(30fps)の動画より静止画切り出し、画角:ワイド、シーンセレクト:ノーマル、手ブレ補正:アクティブ
 --撮影者/撮影地  服部亮@INON/大瀬崎湾内




製品関連ページ

●イノン公式ホームページ内関連記事

・「水中セミフィッシュアイコンバージョンレンズ 『UFL-G140 SD』」
 http://www.inon.co.jp/products/gopro/uflg140sd.html

・「水中ワイドクローズアップレンズ『UCL-G165 SD』」
 http://www.inon.co.jp/products/gopro/uclg165sd.html

・「Dホルダー」
 http://www.inon.co.jp/products/armsystem/base.html#dholder




*『ソニー』『アクションカム』は、「ソニー株式会社」「ソニーマーケティング株式会社」の商標または登録商標です。

*『GoPro』はアメリカ合衆国GoPro Inc.の商標または登録商標です。

*性能、価格等、予告なしに変更する場合があります。予めご了承ください。



以上、どうぞ宜しくお願いいたします。


2016年10月21日

有限会社イノン







投稿時間:16/10/20(Thu) 15:31
タイトル:オリンパスTG-Tracker対応製品の発売について

オリンパス社のフィールドログカメラ『STYLUS TG-Tracker』(*1)に対応する
オプション製品を『2016年10月21日(金)』に発売いたします。


・「SDマウントベース for TG-Tracker」(*2)(*3)(*4)
 --2016年10月21日(金)発売
 --\8,800-[税別] / \9,504-[税込]
 --JANコード:456212143 835 4


「SDマウントベース for TG-Tracker」、変換プレート(付属品)、オスアダプター(付属品)



「SDマウントベース for TG-Tracker」 / TG-Tracker 装着例 (画像左)
「SDマウントベース for TG-Tracker」(画像右)


(*1)
カメラの詳細に付きましては、オリンパス株式会社にお問い合わせ下さい。
なお、弊社では日本仕様のカメラに基づいて製品の適合性検証を行っています。

(*2)
本製品は、TG-Tracker付属の『水中用プロテクター(UP-T01)』をカメラに装着し、カメラの画角設定を“水中ワイド”にした状態で
撮影することを想定しています。陸上撮影用の『レンズプロテクター(LP-T01)』には対応していません。

(*3)
陸上では、アタッチメントレンズを使用しない状態でも、撮影モード/画角設定にかかわらず、
画面四隅が大きくケラれます。水中では、ケラレは生じません。

(*4)
本製品の形状上、TG-Tracker内蔵のヘッドライト前面を覆うのでヘッドライトは使用できません。
カメラ設定でビデオライトをOFFにしてご使用ください。




『SDマウントベース for TG-Tracker』の特徴
 
・カメラ前面に嵌め込み、底部カメラネジで固定するだけの簡単取付設計。

・レンズマウント部は、バヨネット方式のイノンSDマウントを装備。
 対応するSDマウントレンズを、水中でもワンタッチで着脱可能。

・底部には、弊社「ダイレクトベースIII」「Zジョイント」「ZアダプターMV」が取り付け可能。

・付属のオスアダプターを底部に装着することにより、TG-Tracker付属の“ステディグリップ(SG-T01)”や、GoPro規格のマウント等が取り付け可能です。

・付属の「変換プレート」を使って、本製品底部の右手側/左手側/後方の、3方向いずれかに弊社「Dホルダー」を1個、取り付け可能。

・付属の「変換プレート」には、カメラ三脚ネジ穴(1/4インチ)があるので、一脚や三脚へ固定しての撮影も可能です。

  『SDマウントベース for TG-Tracker』主な仕様
  -寸法(突起部を含む):    65.4mm(幅)×65.4mm(高さ)×94.7mm(奥行)
  -重量:           78g(陸上) / 約45g(水中)
  -本体材質 / 表面処理:    耐蝕アルミ合金 / 硬質黒アルマイト、POM 等



取付可能なアタッチメントレンズ、および推奨撮影距離

・水中セミフィッシュアイコンバージョンレンズ「UFL-G140 SD」
 --出荷中
 --\39,000-[税別] / \42,120-[税込]
 --JANコード:456212143 773 9
 --推奨撮影距離:レンズ前1cm〜80cm以内。(*5)(*6)(*7)

・水中ワイドクローズアップレンズ「UCL-G165 SD」
 --出荷中
 --\23,000-[税別] / \24,840-[税込]
 --JANコード:456212143 772 2
 --推奨撮影距離:レンズ前2cm〜15cm以内。(*5)(*6)(*8)


 
 「SDマウントベース for TG-Tracker」「UFL-G140 SD」装着例 (画像左)
 「SDマウントベース for TG-Tracker」「UCL-G165 SD」装着例 (画像右)


(*5)
本レンズとカメラとの組み合わせの関係上、推奨撮影距離の範囲内で撮影することをお勧めします。

(*6)
本レンズで動画を撮影の際は、手ぶれ補正を“ON”に設定して撮影して下さい。OFFの状態では画角が広がるため、
ケラレが生じます。静止画を撮影の際は、画面四隅が大きくケラれます。レンズを取り外して撮影して下さい。

(*7)
本レンズは水中専用設計のレンズです。陸上での使用は想定されていませんのでご留意下さい。
(陸上では遠方の被写体にピントが合わず、また見かけ上の画角も狭くなり、ケラレが生じます)

(*8)
本レンズは水中専用設計のレンズです。陸上での使用は想定されていませんのでご留意下さい。
(陸上ではケラレが生じます)




  
  前面 / 底部



  
  「ダイレクトベースIII」/「 Zジョイント」/「ZアダプターMV」/「オスアダプター(付属品)」/「変換プレート(付属品)」装着例




組み合わせ構成例



・ オリンパス社「TG-Tracker」
・「SDマウントベース for TG-Tracker」 + オスアダプター(本製品に付属)
・ TG-Tracker付属“ステディグリップ(SG-T01)”
・「UFL-G140 SD」




・ オリンパス社「TG-Tracker」
・「SDマウントベース for TG-Tracker」 + 変換プレート(本製品に付属)
・「UFL-G140 SD」(*画像左) / 「UCL-G165 SD」(*画像右)
・「Dホルダー」(*右手側/左手側/後方の、3方向いずれかに1個、取り付け可能)




・ オリンパス社「TG-Tracker」
・「SDマウントベース for TG-Tracker」 + 変換プレート(本製品に付属)
・「UFL-G140 SD」
・「Dホルダー」
・「スティックアームSSセットYS-MV」
・「シングルライトホルダー・LF」
・「LF2700-W」(付属の“ワイドフィルター・LF-W”を装着)
・「M5ジョイント」
・「ADレンズホルダー フロートアーム用」
・「UCL-G165 SD」



・ オリンパス社「TG-Tracker」
・「SDマウントベース for TG-Tracker」
・「UFL-G140 SD」
・「ダイレクトベースIII」
・「クランプIII」
・「カーボン伸縮アームSボディ」




・ オリンパス社「TG-Tracker」
・「SDマウントベース for TG-Tracker」 + 変換プレート(本製品に付属)
・「UFL-G140 SD」
・ 市販三脚




・ オリンパス社「TG-2」 + オリンパス社「PT-053」
・ オリンパス社「TG-Tracker」
・「SDマウントベース for TG-Tracker」
・「UFL-G140 SD」
・「Zジョイント」
・「シューベース」



・ オリンパス社「TG-Tracker」
・「SDマウントベース for TG-Tracker」
・「UFL-G140 SD」
・「ダイレクトベースIII」×2
・「クランプIII」
・「M6プレートダイレクトベースIII」
・「X-2 for EOS6D」、100mmマクロセット




アタッチメントレンズあり/なしの比較作例

■UFL-G140 SD、未装着/装着

*TG-Tracker単体の最短撮影距離20cmより近づいて撮影しているため、左画像ではピンボケが生じていますが、
 本レンズを装着することで、レンズ前1cmからピントが合い、画角(写る範囲)が大幅に広がります。
 (本レンズ装着時の推奨撮影距離はレンズ前1cm〜80cmの範囲内です)


画像左:アタッチメントレンズなし
画像右:水中セミフィッシュアイコンバージョンレンズ「UFL-G140 SD」装着時
 --被写体/撮影距離 オオモンカエルアンコウ/10cm
 --撮影機材     『TG-Tracker』、LF2700-W×1灯
 --撮影パラメータ  1080p(30fps)の動画より静止画切り出し、画角:水中ワイド、ホワイトバランス:晴天、手ぶれ補正:ON
 --撮影者/撮影地  服部亮@INON/大瀬崎湾内


■UCL-G165 SD、未装着/装着

*TG-Tracker単体の最短撮影距離20cmより近づいて撮影しているため、左画像ではピンボケが生じていますが、
 本レンズを装着することで、レンズ前2cmからピントが合い、画角(写る範囲)が僅かに拡大します。
 (本レンズ装着時の推奨撮影距離はレンズ前2cm〜15cmの範囲内です)


画像左:アタッチメントレンズなし
画像右:水中ワイドクローズアップレンズ「UCL-G165 SD」装着時
 --被写体/撮影距離 ウミトサカ/7cm
 --撮影機材     『TG-Tracker』、LF2700-W×2灯
 --撮影パラメータ  1080p(30fps)の動画より静止画切り出し、画角:水中ワイド、ホワイトバランス:晴天、手ぶれ補正:ON
 --撮影者/撮影地  服部亮@INON/熱海ビタガ根




製品関連ページ

●イノン公式ホームページ内関連記事

・「水中セミフィッシュアイコンバージョンレンズ 『UFL-G140 SD』」
 http://www.inon.co.jp/products/gopro/uflg140sd.html

・「水中ワイドクローズアップレンズ『UCL-G165 SD』」
 http://www.inon.co.jp/products/gopro/uclg165sd.html

・「Dホルダー」
 http://www.inon.co.jp/products/armsystem/base.html#dholder




*『オリンパス』『STYLUS』『TG-Tracker』はオリンパス株式会社の商標または登録商標です。

*『GoPro』はアメリカ合衆国GoPro Inc.の商標または登録商標です。

*性能、価格等、予告なしに変更する場合があります。予めご了承ください。



以上、どうぞ宜しくお願いいたします。


2016年10月20日

有限会社イノン







投稿時間:16/10/14(Fri) 15:40
タイトル:“シングルライトホルダー・三脚用”2種の発売について

弊社製LEDライトに、1/4-20UNC規格のネジを備えた三脚を取り付け可能とする、「シングルライトホルダー・LE 三脚用」、「シングルライトホルダー・LF 三脚用」の2種を『2016年10月15日(土)』に発売いたします。


・「シングルライトホルダー・LE 三脚用」
 --2016年10月15日(土)発売
 --\1,000-[税別] / \1,080-[税込]
 --JANコード:456212143 818 7
 
 「シングルライトホルダー・LE 三脚用」表面/裏面


・「シングルライトホルダー・LF 三脚用」
--2016年10月15日(土)発売
 --\1,000-[税別] / \1,080-[税込]
 --JANコード:456212143 819 4
 
 「シングルライトホルダー・LE 三脚用」表面/裏面



■ 製品の主な特徴 ■
弊社製LEDライトに装着することで、1/4-20UNC規格のネジを備えた三脚を固定することができるライトホルダーです。ライト本体を、カメラシステムから分離して設置することで、被写体の後ろからライトを照射するバックライト撮影や、夜間の集魚灯など、様々に活用することができます。


「シングルライトホルダー・LE 三脚用」

対応機種
・イノン「LE250」
・イノン「LE240」
・イノン「LE350」
・イノン「LE550-S」
・イノン「LE550-W」
・イノン「LE700-S」
・イノン「LE700-W」


「シングルライトホルダー・LF 三脚用」

対応機種
・イノン「LF1000-S」
・イノン「LF1400-S」
・イノン「LF1100-W」
・イノン「LF2700-W」
・イノン「LF800-N」


画像左:「シングルライトホルダー・LE三脚用」+「LE350」に市販の三脚をセットした状態
画像右:「シングルライトホルダー・LF三脚用」+「LF800」に市販の三脚をセットした状態



以上、どうぞ宜しくお願いいたします。

2016年10月14日

有限会社イノン







投稿時間:16/09/28(Wed) 10:55
タイトル:『UCL-100LD』/『UCL-100M67』生産終了のお知らせ

水中クローズアップレンズ『UCL-100LD』/『UCL-100M67』について、新規の生産を終了することとなりましたので、お知らせいたします。



画像左:クローズアップレンズ「UCL-100LD」
画像右:クローズアップレンズ「UCL-100M67」


今後は、各販売店様の店頭在庫分のみの販売とさせていただきますこと、何卒ご了承ください。

なお、弊社では、新たに超高倍率・超高画質のクローズアップレンズを鋭意開発中です。
詳細確定次第、本ホームページ上にて発表いたします。どうぞご期待ください。



以上、今後共弊社製品をどうぞ宜しくお願いいたします。


2016年9月28日

有限会社イノン







投稿時間:16/09/09(Fri) 12:59
タイトル:「カーボン伸縮アームSSボディ」の発売について

2段スライド式で長さを無段階に調整できる、短い全長の伸縮アーム、「カーボン伸縮アームSSボディ」を『2016年9月10日(土)』に発売致します。


・「カーボン伸縮アームSSボディ」
 --2016年9月10日(土)発売
 --\7,200-[税別] / \7,776-[税込]
 --JANコード:456212143 834 7


「カーボン伸縮アームSSボディ」



製品の主な特徴

アームの全長を無段階に調整できる「カーボン伸縮アーム」シリーズ中、全長209mm〜292mm(有効長さ189mm〜272mm)の、最も短いアームです。
アーム本体に備わったロックダイアルの開閉により、アームの全長を自在に変化させられる伸縮機能を備えています。
撮影状況に合わせて変化させることで、高度なライティングの実施が容易に行えます。
また、従来の長いアーム製品を使用する際には避けられない、撮影システム全体が大型化してしまう問題が、非使用時に縮めておくことにより解消。ダイビング移動時や、機材運搬時に多大なメリットをもたらします。
本体素材には、高強度のカーボンパイプを採用。製品水中重量の大幅軽減、水の抵抗を受けにくい小口径化、そして耐久性の向上を実現しました。


「カーボン伸縮アームSS」伸縮イメージ

画像上「カーボン伸縮アームSSボディ」アーム全長(最短)
画像下「カーボン伸縮アームSSボディ」アーム全長(最長)



本体に使用されている「カーボンパイプ」



対応オプション

本シリーズ専用のフロートオプション、「メガフロートチューブS」が対応します(※)。
「メガフロートチューブS」は、高い耐候性をもつABS樹脂を採用し、内部を完全に中空化。その大きな浮力で、カメラシステム全体の水中重量を、効率よく軽減させることができます。

(※)
「メガフロートチューブM」を、「カーボン伸縮アームSSボディ」に取り付けることは出来ません。

・【ニュース発表】「フロートチューブシステム」の発売について
 http://www.inon.co.jp/cgis/news/wforum.cgi?no=454&reno=no&oya=454&mode=msg_view&page=0


「メガフロートチューブS」製品画像



主な仕様

・カーボン伸縮アームSSボディ
 -外径 / 全長:        φ37mm × 209mm〜292mm
 -陸上重量:         約120g
 -水中重量:         約57g
 -本体材質 / 表面処理:    カーボンパイプ / 耐蝕アルミ合金 / ポリカーボネート / ゴム等



組み合せ構成例


・富士フイルム社「XQ2」+ 富士フイルム社「WP-XQ1」
・「カーボン伸縮アームSSボディ」
・「グリップベースD4」
・「ダイレクトベースIII」
・「クランプIII」 ×2
・「ZアダプターMV」
・「S-2000」(S-2000付属の“-0.5白拡散板 for S-2000”相当品を装着済)
・「L型光Dケーブル・キャップW60セット」
・「28LDマウントベース・XQ1」


・キヤノン社「EOS 6D」+キヤノン社「EF100mm F2.8L マクロ IS USM」
・「カーボン伸縮アームSSボディ」 ×2
・「メガフロートチューブS」 ×2
・「X-2 for EOS6D」
・「MRS100ポート・タイプUIII」
・「磁石リング」
・「ホルダーII」
・「X-2ホルダーIIスペーサー」
・「M6プレートダイレクトベースIII」 ×2
・「ダイレクトベースIII」 ×2
・「クランプIII」 ×4
・「ZアダプターMV」 ×2
・「S-2000」(S-2000付属の“-0.5白拡散板 for S-2000”相当品を装着済) ×2
・「L型光DケーブルL」 ×2



製品関連ページ

●イノン公式ホームページ内関連記事

・「カーボン伸縮アームボディ」
 http://www.inon.co.jp/products/armsystem/arm.html#carbontelescopicarm

・【ニュース発表】「カーボン伸縮アーム」の発売について
 http://www.inon.co.jp/cgis/news/wforum.cgi?no=453&reno=no&oya=453&mode=msg_view&page=0

・【ニュース発表】「フロートチューブシステム」の発売について
 http://www.inon.co.jp/cgis/news/wforum.cgi?no=454&reno=no&oya=454&mode=msg_view&page=0




以上、どうぞ宜しくお願いいたします。


2016年9月9日

有限会社イノン







投稿時間:16/09/05(Mon) 18:26
タイトル:『グリップベースM1』の仕様変更のお知らせ

マイクロフォーサーズ規格のデジタル一眼カメラなどの中型防水ハウジングに対応するストロボアーム「グリップベースM1」と「DベースM1」につきまして、一部仕様変更をさせて頂くことになりましたので、お知らせいたします。


・「グリップベースM1」
 --出荷中
 --\12,000-[税別] / \12,960-[税込]  (仕様変更前より変更なし)
 --JANコード : 456212143 605 3 (仕様変更前より変更なし)

・「DベースM1」
 --出荷中
 --\8,000-[税別] / \8,640-[税込]  (仕様変更前より変更なし)
 --JANコード : 456212143 606 0 (仕様変更前より変更なし)

・「グリップベースM1(12-24カメラネジセット)」
 --出荷中
 --\12,000-[税別] / \12,960-[税込]  (仕様変更前より変更なし)
 --JANコード : 456212143 720 3 (仕様変更前より変更なし)

・「DベースM1(12-24カメラネジセット)」
 --出荷中
 --\8,000-[税別] / \8,640-[税込]  (仕様変更前より変更なし)
 --JANコード : 456212143 721 0 (仕様変更前より変更なし)



「グリップベースM1」製品画像


「DベースM1」製品画像


「グリップベースM1(12-24カメラネジセット)」製品画像


「DベースM1(12-24カメラネジセット)」製品画像



仕様変更の内容

中央脚部が、取り外し可能となりました。
これにより、中央脚部を使用しないカメラセットの場合に、重量を軽減できます。
仕様変更による型名および価格の変更はございません。


中央脚部を取り外した場合


「グリップベースM1」主な仕様

寸法256-272mm(幅)×172mm(高さ)×59mm(奥行)
重量273g (陸上) / 約158g (水中)
236g (陸上) / 約131g (水中) ※中央脚部を外した場合
本体材質 / 表面処理耐蝕アルミ合金 / 硬質黒アルマイト、POM 等




関連情報

・「グリップベースM1」
 http://www.inon.co.jp/products/armsystem/base.html#gripbasem1

・「グリップベースM1(12-24カメラネジセット)」
 http://www.inon.co.jp/products/armsystem/base.html#gripbasem1_1224

・「Dホルダー」
 http://www.inon.co.jp/products/armsystem/base.html#dholder




以上、どうぞ宜しくお願いいたします。


2016年9月5日

有限会社イノン









- Web Forum - - Modifed by INON, Inc.-