INON


■クローズアップレンズ UCL-165M67

 ¥13,000 (税込¥14,040)

クリックすると拡大します
M67シリーズレンズ
接続可能マウント
M67マウント28LDマウント

●焦点距離165mm(+6ディオプター)、カメラのフォーカス位置が無限遠のとき、レンズ先端からの撮影距離が165mmとなる、高倍率クローズアップレンズです。フォーカスを最短にすれば、最短撮影距離がさらに短縮され、被写体にグッと近づいた、近接・高倍率撮影を楽しめます。

●水陸両用設計、ズーム全域で使用可能。同じ撮影距離でもズームを調整することにより、被写体の「サイズ」に合わせた倍率で撮影することができます。

●レンズ構成は2群2枚、各収差を良好に抑えました。また、内側にコーティングが施された高性能光学ガラスレンズを採用し、各収差を良好に抑えました。

●レンズ前面の内側にはM67の雌ネジを装備し、ねじ込み式の「M67シリーズ」のクローズアップレンズをつなげて、さらなる近接撮影が可能。ネジ部には、水を逃す切込みがあり、水圧がかかった状態でも楽に着脱が行えます。

●取り付け部規格には、汎用性の高い、ねじ込み式の「M67マウント」を採用。

●M67レンズリングを装備したハウジングには、直接ねじ込んで取り付けます。M67レンズリングを装備していないハウジングには、専用設計された「M67マウントベース」や「M67レンズアダプターベース」を介して取り付けできます。また、「M67-LDマウント変換リング for UCL-330/165M67」を取り付けて、「28LDマウントベース」「LDレンズアダプターベース」にも装着可能です。

(*1) 「M67-LDマウント変換リング for UCL-330/165M67」(¥3,200 / 税込¥3,456)が必要です。

クリックすると拡大します
ねじ込み式のM67マウント

クリックすると拡大しますご使用のハウジングに直接取り付ける方法

クリックすると拡大します別途各機種用の「M67マウントベース」を介して取り付ける方法

サンプルムービー

サンプルムービー

サンプルムービー

サンプルムービー

サンプルムービー

サンプルムービー

サンプル画像

●ズームテレ端 マクロモードで比較

クリックすると拡大します
UCL-165M67 x 2枚重ね
ズーム:テレ端
レンズ端からの距離:57mm
撮影範囲:26 x 20mm

クリックすると拡大します
UCL-165M67 + UCL-330
ズーム:テレ端
レンズ端からの距離:66mm
撮影範囲:30 x 23mm

クリックすると拡大します
UCL-165M67
ズーム:テレ端
レンズ端からの距離:101mm
撮影範囲:37 x 28mm

クリックすると拡大します
UCL-330 x 2枚重ね
ズーム:テレ端
レンズ端からの距離:89mm
撮影範囲:38 x 29mm

クリックすると拡大します
UCL-330
ズーム:テレ端
レンズ端からの距離:139mm
撮影範囲:49 x 37mm

クリックすると拡大します
クローズアップレンズなし
ズーム:テレ端
レンズ端からの距離:218mm
撮影範囲:73 x 55mm

●ズームワイド端 マクロモード比較

クリックすると拡大します
UCL-165M67
ズーム:ワイド端
レンズ端からの距離:70mm
撮影範囲:78 x 58mm

クリックすると拡大します
UCL-330
ズーム:ワイド端
レンズ端からの距離:78mm
撮影範囲:92 x 69mm

クリックすると拡大します
クローズアップレンズなし
ズーム:ワイド端
レンズ端からの距離:113mm
撮影範囲:112 x 84mm

UCL-165M67とUCL-330を重ねて装着
UCL-165M67とUCL-330を重ねて装着

【クローズアップレンズをご利用の際の一般的な注意】

* 使用ハウジング、撮影距離、画角等の撮影条件によっては、内蔵フラッシュ光がケラレます。よりきれいに撮影するには、外部ストロボやライトの併用をお勧めします。

* クローズアップレンズは、ズームテレ端で最大倍率が得られます。

* 一般に、クローズアップレンズは、カメラの最短撮影距離を短く(マスターレンズとの合成焦点距離を短く)する為の物です。本製品を取り付けることにより、被写体に更に接近し、拡大して撮ることができる反面、ズーム位置や絞り値によっては、遠方の被写体にピントを合わせることができなくなります。

* クローズアップレンズを複数重ねてご使用の場合、ズームワイド側でケラレが生じる場合があります。また、複数重ねるに従い、最短撮影距離が短くなり、ピントを合わせられる距離が狭くなります。

簡単確実システムシステムテーブル