INON

パナソニックGX7MK3対応

パナソニック「GX7MK3」は、ソリッドスクエアボディに多彩な機能を搭載したマイクロフォーサーズ規格のミラーレスカメラ。
20M Live MOS センサー搭載、定評のある4K動画、ボディ側5軸×レンズ側2軸を組み合わせた手ブレ補正「Dual I.S.」、高感度撮影ISO25600、フラッシュ同調速度1/200など、高い基本性能を備えつつも、超コンパクト&リーズナブル。
水中世界を表現するのに人気な、フィッシュアイやマクロレンズなどのラインナップが揃っていることと相まった、水中写真に大変適したカメラです。
 

GX7MK3とGX7MK3ハウジング

W168 x H116 x D80mmのコンパクトサイズ

イノン「X-2 for GX7MK3」は、コンパクトなカメラ外観のイメージそのまま、W168 x H116 x D80のコンパクトサイズ。
コンパクトながら、信頼と実績あるX-2ハウジングの安全基準を採用し、極めて高い防水性、耐久性を誇ります。
 
ハウジングの開閉機構には、新開発のロックダイヤルを採用。ハウジングのコンパクトさを損なうことなく、簡単・確実な開閉を可能としています。
 
ハウジングへのカメラ取り付けは、イノンX-1から採用されている三次元ガイドシステムを採用。カメラに余分なアクセサリーを追加する必要がなく、ただ置くだけで簡単・確実に固定することができます。
また、フロントボディを薄く、リアボディを奥行きある形状としました。カメラ着脱するときに、カメラ本体をしっかりとホールドし、ストレスなくカメラを取り付け、取り外しすることができます。
 

GX7MK3ハウジング前面および背面
 
ロックダイヤル
 
X-2 for GX7MK3取付イメージ

堅牢な耐腐食性アルミ合金ボディ

ハウジングのボディは、軽量かつ堅牢な耐腐食性アルミニウム合金を採用。
過酷な水中環境に耐える信頼性と耐久性、高水圧下においても変わらぬ操作性を実現。
フロントボディはアルミブロックからの削り出し、リアボディは製造超精密鋳造。
製造方法を分けることで、「形状」「水中重量」「強度」をバランスよく設計しています

アルミ合金ボディ

直感で扱える操作レイアウト

パナソニック「GX7MK3」は、絞り値、シャッタースピード、露出補正などが即座に操作できるように、それぞれにダイヤルが割り当てられています。
「X-2 for GX7MK3」ハウジングは、それらのダイヤルの操作性を損なわないように、陸上でカメラを扱う際と同じく同軸上に配置し、ハウジングを握った状態で無理なく操作できる位置関係としました。
 
大型で軽いストロークのシャッターレバーとあいまって、直感的で極めて快適に撮影できます。
 

操作イメージ

赤色LED&ブザーで知らせるリークセンサー

ハウジング内への水の浸入を検出し、警報で知らせてくれる、リークセンサー回路を標準装備。万が一浸水した場合には、ハウジング上端にある赤色LEDが点滅し、同時にブザー音が鳴ります。
ハウジング内を真空状態にした後、防水機構が確実かどうかをシミュレーションする「バキュームリークセンサー」をオプション対応予定。
 

 
リークセンサー

磁力で操作する新型MRSポート

「LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm / F2.8 ASPH. / MEGA O.I.S.」、
「LUMIX G MACRO 30mm / F2.8 ASPH. / MEGA O.I.S.」の2つのマクロレンズには、イノン伝統の、磁力で操作するMRS(マグネティック・ロータリー・システム)でフォーカシングが可能。
今回、小型化されたハウジングに合わせ、このMRSも新開発。今まで以上にシームレムでトルクレスなフォーカシングを実現しています。

操作イメージ
 
MRS