INON


L型光ケーブル

浸水のリスクなく、周辺環境からの影響を受けず、カメラシステムとイノンストロボとを簡単確実に接続する、イノン光接続システムの要「光ケーブル」類。「Z-240 Type4」「D-2000 Type4」ストロボ販売開始に合わせて、光ケーブル全種類を、コネクタ部分がL型形状となった「L型光ケーブル」に更新しました。

L型光ケーブルの特徴

■小型のL型形状&ストロボ装着部の回転構造で、取り回しがラク


L型コネクタ取り付け状態ストロボ取り付け部を“L型”形状とし、従来品より大幅に小型化。光ファイバーの取り出し方向を、360°どちらへも調節可能な回転構造とあいまって、光ケーブルの取り回しが格段に良くなりました。

■分解可能なコネクタ構造で、コネクタ側光ファイバー断端のメンテナンスも可能

L型コネクタ分解
S-TTLオートの調光精度を維持するためには、光ケーブルのメンテナンスが欠かせません。L型光ケーブル類のコネクタ部は簡単に分解できる構造となっており、ストロボ側/カメラシステム側双方の光ファイバー断端を、ユーザーご自身でメンテナンスいただけます。

■新旧2種類のストロボセンサー形状に対応

S-TTLオート / ワイヤレス接続対応ストロボ「Z-330」「D-200」「S-2000」「DZ-240 Type4」「D-2000 Type4」に直接ねじ込める『ワイヤレス対応型』コネクタ部品が標準で組み付けられています。『ワイヤレス非対応型』コネクタ部品(別売)に組み替えることで、「Z-240 Type3」/「D-2000 Type3」以前のモデル、および旧ストロボ製品にもご使用いただけます。

L型光ケーブル

2タイプあるL型光ケーブルのコネクタ仕様

「L型光ケーブル」のコネクタ部(ストロボに取り付けす部分)には、『ワイヤレス対応型』『ワイヤレス非対応型』の2種類があり、ストロボの種類によって、どちらが対応するか決まっています。L型光ケーブルの付属部品を使って、相互に仕様変更可能です。

ワイヤレス対応型

『ワイヤレス対応型』に対応するストロボ

  • Z-330
  • D-200
  • S-2000
  • Z-240 Type4
  • D-2000 Type4

ワイヤレス非対応型

『ワイヤレス非対応型』に対応するストロボ

  • S-2000(ワイヤレス対応型/非対応型どちらの取付にも対応)
  • Z-240 Type3/Type2/Type1
  • D-2000 Type3/Type2/Type1
  • D-2000S、D-2000W/Wn
  • D-180シリーズ
  • Z-220シリーズ
  • TTL調光センサー+対応ストロボ
  • フォーカスライトコントローラー+対応ストロボ

L型コネクタ仕様変更手順

「L型光ケーブル」の出荷時構成は、Z-330 / D-200 / S-2000 / Z-240 Type4 /D-2000 Type4への取り付けに対応した『ワイヤレス対応型』のため、上記以外のストロボを取り付ける際には、別売の部品「センサープラグ・ワイヤレス非対応」を使って、『ワイヤレス非対応型』へ仕様変更する必要があります。
詳細は、「イノンストロボ・光ケーブル対応表」および「L型コネクタ仕様変更手順書」をご参照ください。

■センサープラグ・ワイヤレス非対応

¥600 (税込¥648)

センサープラグ・ワイヤレス非対応


イノンストロボ・光ケーブル対応表
L型光コネクタ仕様変更手順書
(PDF:843KB)

また、L型ではない、旧光ケーブルでは、保守部品「センサープラグ・ワイヤレス対応」を使用して、『ワイヤレス対応型』への仕様変更を行うことで、『ワイヤレス対応型』のZ-330 / D-200 / S-2000 / Z-240 Type4 / D-2000 Type4ストロボにもご使用いただけるようになります。

■センサープラグ・ワイヤレス対応(保守部品)

¥600 (税込¥648)

センサープラグ・ワイヤレス対応